卒業式にて。左から順にJem講師、Ryosukeさん、Aaron講師

名前 Ryosukeさん
職業/年齢 転職活動中、26歳
留学期間 13週間
開始時の英語力 TOEIC400点(L:250、R:150)→TOEIC820点(L:420、R:400) 420点UP!

自分のためだけに時間を使えるのは今しかない!転職前にフィリピン留学を決意

ーー13週間の留学お疲れ様です! まずは留学するにあたっての経緯を教えて頂けますか?

新卒で3年間勤めた会社を辞め、転職活動をする前にサウスピークへ留学することを決めました。というのも、学生の頃から留学したいという気持ちがあったことと、これからの人生で英語をコミュニケーションツールとして使えるようになりたいと思ったからです。

ーー留学先としてサウスピークを選んだのはどうしてでしょうか?

サウスピークを選んだ理由は、Webサイトに留学成果やどのような環境で勉強しているのかが詳しく書かれていて、自分の留学生活がイメージできたからです。

インタビューに協力してくださったRyosukeさん

同年代の方がどのような経緯でサウスピークに留学して、どこまで英語力を伸ばしたのか、留学中の経験をどのように次のステップアップに繋げたのかが書かれた体験談は、留学先を選ぶ際にすごく参考になりました。

ーー特に刺激を受けた卒業生の方などはいらっしゃいますか?

ブロガー企画で留学されていたひでぶさんですね。留学体験談と彼自身のブログ記事から、3ヵ月でどのような順序で英語力を高めていったのかを、留学前に詳しく知ることができました。

ひでぶさんの留学体験談:
ノースキルニートからの脱却!ブロガーのHidebuさん 中学英文法からスタートし、TOEIC410点から825点まで伸ばした14週間のフィリピン留学

ーー体験談を読み込んだ上で、ご自身ではどのような目標を立てましたか?

発音を矯正することと、外国人とコミュニケーションをとれるようになること、そして留学後に転職活動を控えている身なので、自信を持って留学の成果を言えるよう、TOEICで750点以上を取ることを目標にしていました。

ーー3ヶ月の留学の成果はいかがでしょうか?

まずホテルの受付やレストランといった日常的な場面で、外国人の方と臆せず話せるようになりました。というのも留学前に比べて、相手の話していることが聞き取れるようになり、返答ができるようになったんです。

加えて、サウスピークが提示している”3ヵ月で平均200点上がる”という成果を達成できたことが、何より嬉しいです。

留学12週目のTOEIC公式試験で820点をとり、見事目標を達成されました!

簡単な単語さえ伝わらない。カタカナ英語から脱却するための発音矯正レッスン

ーー発音を矯正したかったとのことですが、発音矯正の必要性を感じたできごとがあったのですか?

そうですね。過去に旅行先で ”water”(水)が通じず、こんな簡単な単語すら伝えられないのかと感じたことがありました。そのことを思い出すと、今回の留学で発音をしっかりと矯正したいなと思いました。

ーーそうだったのですね。実際に発音矯正レッスンを受けてみていかがでしたか?

発音を意識すること自体が初めてだったので、自分が話していた英語は全く違う音だったのかという発見からのスタートでした。50分のレッスン中はひたすら口を動かすので、かなり大変でしたね

オリジナル校で厳しさに定評がある、Jem講師による発音矯正レッスンの様子

僕が正しい音を出せるまで、フィリピン人講師は折れずに何度も何度も繰り返し教えてくれました。

ーーリスニング音源を聞いて練習するのと、講師から対面で教わるのとで違いはありますか?

全く違いますね。参考書の説明とリスニング音源だけで正しい発音を体得するのは、難しいと思いました。予習として参考書の説明を一通り読んで練習した上でレッスンには挑みますが、結局音が違うと指摘されることがほとんどでした。

ーーフィリピン人講師は、具体的にどのように教えてくれましたか?

口の動きや舌の位置などを、目の前で繰り返し示してくれました。さらに参考書に口のイラストを書き込んでくれるので、どうすれば正しい音が出せるのかがとても理解しやすかったです。

ーー発音矯正レッスンで学んだことで、特に良かったと感じることはありますか?

リンキングを学べたことがとても良かったですね。

※リンキングとは……隣り合う単語の音が結合して音が変化すること。ネイティブスピーカーであれば、英語を話す際にごく自然に適応しているルールです。

ネイティブの人たちは単語ごとにはっきり発音するのではなく、リンキングによって滑らかに会話しているのだと初めて知りました。またリンキングによる音の変化に気づけるようになったことで、TOEICのリスニングパートが留学前よりも聞き取れるようになりました。

TOEICの点数向上に繋がったリスニング・音読学習

ーー他にもTOEICの点数向上に繋がった要素はありますか?

4Sレッスンの予習復習で行う、リスニング・音読学習が影響していると思います。発音矯正の効果と同様に、音読学習を毎日したことで特にリスニングパートの点数が伸びました。

※4 Skills(4S)レッスン……英語の4技能(Reading, Listening, Writing, Speaking)の全てを伸ばすためのレッスン。この4Sレッスンがあるために、サウスピークでは3ヶ月でTOEICの点数を200点、300点も上げることが可能になっています。

ーー1日にどのくらいリスニング・音読学習をしていましたか?

3〜6時間くらいですね。学習カリキュラムに書かれていた通り、ひと記事に対してリスニング2回、音読2回の1セットを5セット行なっていました。

※学習カリキュラム……「英語学習法」×「日本の英語参考書」×「学習環境」×「優秀なフィリピン人講師達」を意識し、生徒一人一人の留学目的に合わせて作成される学習の手引き。

ーー音読をする際に気を付けていたことなどはありますか?

ただリスニング音源を聞いて声に出すのではなく、正しい発音で言えているかを意識しながら音読していました。

Ryosukeさんが音読学習に使用していた参考書

また自分の声だけだと抑揚を正しくつけられているかどうかの判断が難しいので、音源の速さを少し遅めの0.75倍にして、片耳で音源を、もう片方では自分の声を聞きながら、音源の声を追うような音読も行なっていました。

ーーリスニング・音読学習はやはり英語力の向上に効果があるのでしょうか?

留学当初は、音読がどうして効率的な勉強法なのかよく分かっていませんでした。しかしこれまで成果を出してきた卒業生の体験談記事にも、リスニング力・スピーキング力の向上にはやはり音読が一番効果的だと書かれていました。

ただただ彼らの言葉を信じて音読学習を続けているうちに、自分の身体に新たな言語を染み込ませるには、声に出すことが最適なのだと実感しました。

ーーリスニング力向上の他にも、リスニング・音読学習が役に立った場面はありますか?

新しい単語をインプットする際にも、音読学習のように会話文を声に出すようにしていました。声に出すと例文の状況が頭の中でイメージしやすく、アウトプットする際に例文の場面が先に思い浮かんで単語が思い出しやすくなりました。

Ryosukeさんが語彙力を増やすために使用していた『TOEICテスト出る語句1800

何十回も繰り返し音読をすることで、記事に出てくる英語表現や英単語がスピーキングの際に瞬時に出てくることが増えたと感じます。

10〜11時間の学習を継続できた! 英語だけを考えられる環境

ーーレッスンの他にも良かった点はありますか?

英語を勉強する環境を得られたことが、1番良かったと思います。恐らくサウスピークの環境に身を置かない限り、この先1日10時間も英語に触れることはなかったと思います。

英語を話せるようになるため、自分のためだと思って勉強できたので、1日1日が思いの外早く過ぎ、全く苦ではありませんでした。

もちろん周りの生徒さんから刺激を受けることもありましたが、基本的には孤独との闘いだったと感じています。サウスピークのwebサイトにも書かれているのですが、実際に留学してみてまさにその通りだと思いました。

ーー平日、休日はそれぞれどのくらい学習されましたか?

平日はだいたい10〜11時間、調子が良ければ12時間近く学習していました。

Ryosukeさんの1週間の学習計画表

勉強のモチベーションを維持するためにも、息抜きはしっかりするようにしていたので、休日の学習時間は土日を合わせて8〜10時間ぐらいですね。午前中は勉強をして、午後は出かけたり、夜ご飯を食べに行ったりするのが習慣でした。

参考記事:TOEIC LR試験の点数を上げるために必要な勉強時間

ーー1日に10時間もの学習時間を確保できた理由というのは何だったのでしょうか?

やはり3食全てを提供してもらえたことと、掃除・洗濯もフィリピン人スタッフの方にしていただけたからですね。英語のことだけを考えて一日の生活ができるというのは、本当にありがたかったです。

仕事や家事を全て切り離して英語だけに時間を注げた3ヶ月は、とても貴重な時間でした。

自分の将来のため、本気で英語力を伸ばしたい人におすすめのサウスピーク

ーー最後にこれから留学を考えている方に向けて、メッセージをお願いします。

サウスピークは、英語のために自分の時間を注げることができる場所です。だから遊びたいと思う人は絶対にやめた方がいいと思います。

自分の将来のために英語が必要だからという理由で留学したい人は、他の語学学校にはないような学習環境や質の高いマンツーマンレッスン、英語力向上に真剣な周りの生徒や日本人スタッフのサポートが得られるサウスピークをお勧めします。

ーー本日はインタビューにご協力いただきありがとうございました。Ryosukeさんの今後のご活躍をお祈りしております!

Ryosukeさん(左)とインタビューを担当したインターンのHinako(右)