Ryota.Kさん 就職活動に備えて6週間のフィリピン留学⇒TOEIC試験 195点アップ↑

名前 : Ryota.Kさん

年齢 職業 : 20代、大学生

期間 : 6週間

留学開始時の英語力 : TOEIC 545点 (L350, R195)

留学終了後の英語力 : TOEIC 730点 ↑195点アップ (L 350 ⇒ 430, R 195 ⇒ 300)

Ryota.Kさん

フィリピン留学のきっかけ

大学では経済ファイナンスを勉強しています。就職活動でコンサル業界や証券会社の投資銀行部門に興味があったので、それをきっかけに英語の勉強を始めました。英語ができるようになれば、外資系なども含めて就職の選択肢が広がるので、就職活動までにTOEIC800点を取ることが目標です。

自分は興味があることに波があるので、英語熱のある間に短期的に英語力を高めたいと思っていました。英語を集中的に勉強できる環境において英語力を短期間で高めるには留学が一番効率がよいと思いました。

ただ、自分の周りにも英語留学をしている人が多いのですが、楽しかったけど英語力はそれほど伸びなかったという意見が多かったためすこし悩んでいました。

そんな時にサウスピークを知りました。東京で行なわれた説明会に参加してサウスピークの学習法に納得したので、サウスピークに留学することに決めました。

 

学習の進捗

参考書一覧

Ryotaさんが4週間で利用した9冊の参考書
(瞬間英作文、フォニックス、英語耳など)

サウスピークのカリキュラムでは自習時間の配分も組まれているので、マンツーマンでのアウトプットだけではなくインプットも十分出来ました。そのため、ボキャブラリーも増えて効果がありました。

留学する前はリーディングはセンター試験の最後の長文が読めないレベルでしたが、TOEIC長文が理解できるくらいまで力がつきました。

スピーキングの苦手意識も減りました。なにか英語で聞かれた時に返答のスピードが上がったと思います。また、話す時も単語で返答していたものが徐々に文章単位で話せるようになってきました。最初は英語で話しかけるのに抵抗がありましたが、今では日常会話程度であればそれほど困難に感じることはなくなりました。

 

サウスピークのよかった点

自習時間の割合が大きいことが良かったと思います。英語のインプットをしっかりやらないといけないと思っていたので、それができたのが良かったです。ホテルプランを利用していたのですが、滞在しているホテルが学校から近かったのでよかった。あと自分はマイペースなので、一人部屋を利用して良かったと思います。

あと、講師のレベルが高いと思いました。一人一人、英語はもちろんですが、その他の専門分野に詳しい先生もいて賢い人が多いと思いました。あと、みんな明るくて話しやすいので、その点も非常に良かったです。

 

サウスピークの改善希望点

共有のトイレがあまりきれくないです。

>>もう少しきれくできるようにします。

プラスティックのイスなのでクッションがあると良いと思いました。

>>クッションの貸し出しをすることにします。

 

これから来る方へのアドバイス

自分は、最後の週に少し体調を崩してしまいもったいことをしてしまいました。体調管理はしっかりした方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。