名前 Sakiさん
職業/年齢 会社員 20代
留学期間 22週間
開始時の英語力 TOEIC355点(L:265/R:90)→TOEIC695点(L:370/R:325)
340点アップ!

留学に行くことが大学時代の憧れだった

ーー長期間の留学お疲れ様でした。初めに、留学の経緯をお伺いしてもよろしいでしょうか?

大学時代から呆然と留学をしたいと考えていました。英語を話せる人を見て単純に、「かっこいい」「自分も話せるようになりたい」と思ったんです。

そこで、留学に行けば英語を話せるようになると考え、カナダやオーストラリア、アメリカなどを検討してみました。しかし、当時大学生で、欧米留学は費用面で断念せざるを得なかったんです。

ーーそうなんですね。しかし、なぜこのタイミングでサウスピークに留学をされること決定されたんですか?

ドラッグストアで働いていたとき、外国人のお客様が頻繁にいらっしゃって、英語で免税の対応をしなければいけないことがありました。

当時の私は英語を全く話すことができず、自分の意図を伝えることもできなければ、お客様の欲しいものも答えることができなかったんです。

そんな私を助けるように、英語を話せる同僚が通訳をしてくれました。

そのとき英語を話せる友達がとてもカッコよく写って、「どうやって英語を話すことができるようになったの?」と聞いたんです。すると「フィリピンにあるサウスピークという語学学校に留学していました。フィリピンだと欧米留学に比べて比較的安価に留学することができるんですよ。」と聞きました。

その後、自分でサウスピークのことを調べてみたんです。調べた結果、英語初心者で怠惰な自分でも頑張ることができる環境だなと感じたんです。何より重要だったのは費用面で、短期間で安く留学できることが決め手でした。

(フィリピン留学が欧米留学と比べると安価だとわかる記事はこちら→フィリピン留学(セブ留学)は値段が安い。欧米留学よりも安い根拠を解説

(Sakiさんがサウスピークに留学するきっかけになった記事はこちら→英語を話せるようになりたい!新卒ブランドを捨ててフィリピン留学したYuiさんの留学体験談 TOEIC470点から860点に390点UP!

TOEICの点数向上、英会話力向上は「TOEICテスト出る語句1800+」のおかげ!

ーー率直にお伺いします。TOEICの点数が向上したのはなぜだと考えていますか?

4Skillsレッスンで取り組んでいた「TOEICテスト出る語句1800+」に出てくる英単語を覚えたことが、TOEICの点数UPに寄与していると思います。

この参考書は、単語を覚えるのにとても良かったですね。1から250までの記事になっていて、全てひとつのストーリーで繋がっています。取り組んだ当初、初めから最後まで当時の私にとっては難易度が高く、わからない英単語が多かったです。

それでも、この参考書は一般的な単語帳に比べると単語を覚えやすいと感じました。ストーリーと英単語を結びつけて覚えることができます。簡単に言うと、英語を実際の生活で使っている感覚になるので覚えやすいということですね。

また、単語を覚えられた要因は他にもあります。実はルームメイトとTOEICテスト出る語句1800+の単語から毎日10個ずつ出し合ってテストをしていたんです。

↑Sakiさんがルームメイトと行なっていた単語テスト。

一日に各自40個の英単語を予習しておいて、その中から20個は日本語訳、20個は英訳の問題を出すというテストを行っていました。一緒にやっていたルームメイトも私も負けず嫌いだったのでこの方法はお互いにとって良かったですね。どうしても、負けたくなかったので(笑)。

ーー他にこの単語帳を使っていてよかったことはありませんか?

また、この単語帳で覚えたことが、TOEICの試験に結構な頻度で出てきたので驚きましたね。具体的にいうと、「unanimously」(全会一致で)という単語ですね。

正直に言うと、「こんな単語いつ使うんだ?」と思っていたんです。だから、TOEICの試験で出て来たときは驚いたと同時に、この参考書に取り組んで良かったなと強く思いました。

ーーそうなんですね。この参考書はTOEICの点数が向上したということは、TOEICだけに有効な参考書なんでしょうか?

いいえ。そんなことはないと思いますよ。会話形式になっているので、必然的に日常会話が出てくるんですよ。だから、この参考書に取り組んだことで、簡単な日常会話であれば、難なくできるようになりましたね。

聞こえなかった英語が聞きとれるようになった発音矯正レッスン

ーーその他にTOEICの点数UPに寄与したものはありますか?

発音矯正レッスンがTOEICのリスニングパートの向上に効果的だったと思います。イントネーションの大切さを学ぶことができました。

ーーイントネーションはなぜ大切なんですか?

↑曲線がイントーネーションの付け方

イントネーションをつけなければ、相手の感情がわからないんです。だから、違う意味として受け取ってしまい、ミスコミュニケーションが生まれてしまうんですよ。

サウスピークの発音矯正レッスンではフィリピン人講師によって、イントネーションまで厳しくチェックされました。最終的にはある程度、「この文章ではここに抑揚がついたりするんだな」とわかるようになってきました。

私は環境に恵まれているんだ。と感じた瞬間

ーーSakiさんは22週間、英語学習に対するモチベーションを保って勉強することができたのですか?

いいえ、やはりこの長期間、モチベーションを保ちながら勉強をすることは難しかったですね。だから、休日は外に出てリフレッシュすることもありました。

ーーそうなんですね。外に出たことで、一番印象に残っているのは何ですか?

セブンスピリットのスタディツアーですね。

※セブンスピリットはスラムで暮らしている子供たちに音楽を通して成功体験を生み出し、人間形成をしてもらうための場所を提供するNPO法人です。リアルなスラム街の姿を間近で見ることができるスタディツアーを企画しています。

↑Sakiさんがスラム街で現地の女の子と手をつないでいる写真

スラム街は私の想像以上に過酷な環境でしたね。スラムの子供達は、貧しくて学校へいけなかったり、帰る家がなく路上で生活していたり、そんな子供達が多くいたんです。

そんな環境の中で勉強を頑張っている子供たちがいました。私はサウスピークという恵まれた環境にいるのだから、もっと英語学習、頑張れるなという気持ちになれましたね。

ーーそうなんですね。実際に行かないとわからないことって沢山ありますよね。それでは最後にサウスピークへ留学を検討されている方へメッセージをいただけますか?

フィリピンは日本と違ってインフラもあまり整っていないけど、人間は環境に適応する能力が高いから、留学することに少し不安があっても大丈夫だと思います。私自身、最初は少し不安があったものの徐々に慣れることができました。

英語学習は、やればやるだけ身につきます。それは自分でも実感していたし、TOEICの点数でも証明されました。

それに、サウスピークに留学をしている生徒は、みんな熱心に英語学習に取り組んでいました。だから、真面目に勉強したい人には留学することをオススメします。私自身、勉強をすることは、とても嫌いでしたが、周りにうまく流されて勉強をすることができました。

ーーメッセージ、ありがとうございます!今回はインタビューを受けていただきありがとうございました。そして、22週間の留学お疲れ様でした!