名前 Takumiさん(休学中)
職業/年齢 19歳 専門学校生
開始時の英語力 TOEIC320点(L195点、R125点)→TOEIC720点(L385点、R335点)400点up↑
留学期間 17週間

マルタ留学失敗!マルタ留学ではできなかったことを求めサウスピークへ

ーー17週間の留学お疲れ様でした。留学の経緯を教えてください

はい、いま私は専門学校の1年生を休学しています。将来は観光に関わる仕事をしようと考えているのですが、オリンピックが4年後に迫っていることもあり、観光業には英語力が必須の時代になってきています。そこで、専門学校を1年休学して留学をすることにしました。

わたしはヨーロッパ・マルタ島にある語学学校に3ヶ月留学して、その後イギリス・ロンドンの語学学校で5ヶ月勉強する予定でした。当時、利用した留学エージェントにも「3ヶ月行けば流暢な自己紹介ができるようになる。6ヶ月行けば日常英会話も問題なくできるようになるようになるよ」と言われていたので、「そんなものなのか」と高をくくっていたんです。

しかし、「留学エージェントがいうほど英語力向上は甘くない」と2ヶ月ほどマルタで生活しているうちに痛感したんです。

というのも、その語学学校ではグループレッスンが行われるのですが、自分の英語力が足りなかった為、全く外国人の先生が何をいっているのかわからず、全く授業についていくことができませんでした。

さらに、滞在先のホームステイ先には何人かのルームメイトがいたんですが、彼らは部屋の中ではうるさいわ、遊びに誘ってくるわで授業の予習復習などできず、全く英語の勉強の方に身が入らないという状況になってしまったんです。

ーーかなりひどい状況ですね。

このままではまずい…ということで、「確実に英語力をつけるためにどうすればいいか」とインターネット上で検索しているうちに出てきたのがサウスピークだったんです。「サウスピークでは真剣に学習する生徒しかいない」という記載を見て、これが求めていたものだと思いました。そこで行く予定だったロンドンでの留学を取りやめ、サウスピークでの留学を決断しました。

(参考記事:留学失敗体験談フィリピン留学の失敗例

自分の英語力の向上が目に見える。それがサウスピーク留学。

ーーそうなんですね。takumさんはスピーチコンテストにも参加され、TOEICも320点から720点と400点もアップされていますが、英語力はどれくらい向上したと感じていますか?

スピーチコンテストでしっかり英語を話せた時は、マルタ留学時に比べると圧倒的に成長しているな、と実感できた瞬間でしたね。

スピーチコンテストのトロフィーを持って喜ぶtakumiさん

ーーそうなんですね。スピーチではどのような内容をスピーチされたんですか?

私がスピーチコンテストに参加したとい、「行動して後悔すること、行動しないで後悔することはどちらが辛いのか」というテーマを与えられました。自信を持ってスピーチすることができました。

最近では、フィリピン人との日常英会話もそつなくこなせるようになってきていて、「マルタにいた時とはもはや別人だな」と自分でも実感していますね。

マルタで生活していた時は、自己紹介すらままならなかったんです。例えば、外国人の先生に学校を休む旨を伝えようとしたとき、いま考えればすごい簡単な内容だったはずなんですが、それすらも1分以上もかかって説明していたのを覚えています。

ーー今からみればほんとうに別人ですね。

今では「英語で休む旨を伝える」なんて、すごい簡単なことのはずなんですけどね。(笑)
↑takumiさんのサウスピーク留学当初の自己紹介と、卒業前のインタビュー時の動画。まるで別人です。

英語学習の虎の巻。0~100まですべてが書かれているサウスピークの学習カリキュラム

ーーそこまで成長を実感しているtakumiさんですがサウスピークのどこが良かったですか?

特に自分が感じていたのは緻密に作り上げられたカリキュラムですね。僕のような英語初心者には正直なところどのような教材を使ったら良いのか全くわかりませんし、勉強の仕方すらわからなかったので、カリキュラムに勉強のやり方が書かれていたのはほんとうに良かったと思います。詳細に、参考書に取り組む回数や順番まで指定されていました。

ーーカリキュラムで推奨されていたものの中でどれが一番良かったですか?

実際にtakumiさんがサウスピークで使われた参考書。

1番は「音読」でしょうか。これが一番効果がありましたね。サウスピークでは「英語初級者は5時間以上音読して、一つの記事に対して10回は音読するべし」と音読する時間回数まで正確に決められているので、そのとおりに音読していました。

ーーそれのお陰で勉強しやすかったと言うことですね。では、音読の効果は実感されていますか?

はい、実感しています。マルタ留学時は日本語を介して英語を話してしまっていたので非常に返答が遅かったんです。そのせいでマルタ留学の際は外国人との会話についていけませんでした。

しかし、今では「音読」の効果もあってか、日本語から英語に翻訳する事無くスムーズに英語が出て来るようになってきたんです。音読して覚えたフレーズが講師達との日常会話にスラスラと口をつくように出てくるようになった時は感慨深かったですね。

実際にtakumiさんが使った音読用の参考書の1ページ

マルタ留学にはない、質の高いマンツーマンレッスン

ーーそうなんですね。他にはサウスピークのどのような点がよかったと感じていますか?

マンツーマンレッスンです。マルタ留学と比べると、自分が英語を話す事ができる時間が多く、正直驚きました。というのもマルタに留学していた時はグループレッスンしかありません。

マルタ留学のグループレッスンの授業の中では英語を話す機会なんてほとんどありませんでした。先生が質問を振ってくれる際も、クラスの中で1番英語が話せる外国人がすぐに答えてしまって、延々と話し続けてしまうんですよね。

そうすると、もともと英語を殆ど話せない人はクラス内で英語をそこまで話すこと無く、その日の授業を終えていくんです。(笑)

ーーそれは残酷ですね(笑)

もう笑うしかないですよね。(笑)しかし、サウスピークでのマンツーマンレッスンではこのようなことは絶対に起こりませんでした。

というのも、マンツーマンレッスンの中ではフィリピン人講師は自分が話そうとするのを待っていてくれるので、自分が英語を話す時間を多くとれます。さらに、授業中にはもし自分が間違えた英語を話したらすぐに指摘してくれます。サウスピークにきてから、フィリピン人講師からは発音や文法を細かく教えてもらいました。例えば発音でしたら「s」「th」の違いなどですね。

会話中に乗り物という意味の「bus」、お風呂という意味の「bath」の言い間違えた時は、講師から「それでは意味が全く違ってしまうから気をつけて」とご指摘いただきました。

ーーサウスピークに来てよかったですか?

はい、マンツーマンレッスンを通じて、マルタ留学とは比べ物にならないぐらい英語が話せるようになったと感じていますね。サウスピークに来てから初めてのTOEICを受けたら点数が265点もアップしていたのでマンツーマンレッスンの効果を明示的にも実感できました。

takumiさんのTOEICの点数の変遷

サウスピークで基礎英語力を向上させてから、欧米留学へ臨もう

ーーでは最後にサウスピークにいまからこようと考えている方に向けて一言お願い致します

私自身が体験したようにTOEIC600点以下の日本人がヨーロッパで留学しただけでは英語を話せるようになりません。

多くの人が楽しい留学を夢見て、欧米圏での留学をしようと思うでしょう。しかし、英語力不足で欧米留学に行ったとしても、授業についていけないため、英語力は上がらず日本に帰ってくることになります。ですので、欧米留学での楽しい留学をする前に、一旦立ち止まって「自分が英語できない」という現実を見てください。

しっかり現実を見て、欧米圏での楽しい留学の前にサウスピークで三ヶ月ほどの厳しい留学をすることで、英語力も効率的に上げられ、かつ欧米圏での留学を更に楽しいものにできると思いますよ。

ーーありがとうございました。

**************2017年度ノースキル文系プランのお知らせ**************

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

ノースキル文系プラン」とは、TOEIC800点以上を獲得し、海外インターンなどの就職活動対策を行ない、「就職活動で勝てる大学生を生み出す」という新しいタイプのフィリピン留学のプランです。2017年の前期、後期に休学を考えている学生さんは、ぜひ奮ってご参加ください。

<参加条件>
・大学生、もしくは第二新卒であること
・ノースキル文系と呼ばれても怒らない人(現実を受け入れることが大切です)
・2017年5月1日〜5月30日の期間にサウスピークに留学していること