サウスピーク では2018年7月29日〜8月12日の2週間、「高校生留学プラン」を開催しました。

TOEICの点数が3ヶ月で平均226点アップするサウスピークの学習カリキュラム。このカリキュラムを高校生のうちに体験できるのがこのプランの魅力です。今回は、総勢29名の高校生がサウスピークの本気留学を体験しました。

英語力を高めたい高校生の仲間とともに本気で英語を学び「セブにあるボランティア団体への訪問」や「サウスピークへ留学中の大学生・社会人との交流会」など、さまざまなアクティビティを経験した高校生は、留学前と比べて大きく成長したと思います。

そこで2018年夏プランに参加したWataruくんに、今回の留学についてインタビューしました。

本気留学サウスピークの高校生留学プラン(フィリピン留学・セブ留学)夏休み・春休み短期留学実施中(説明会in東京)

大学受験、そして将来の夢のために本気留学を決意

フィリピン留学を経て、今後の目標を掲げるWataruくん

名前 Wataruくん
学年 高校2年生
部活動 サッカー部
出身地 福島県

−−Wataruくんはどうして留学しようと思ったの?

受験が近づいていることから、英検準一級を取得できるレベルまで英語力を上げたいと思って留学しました。また、自分は将来、国連職員になりたいと思っています。国連職員は世界中の人々と一緒に英語を通して仕事をするので、英語は必須だと考えました。

−−どうしてサウスピークを選んだの?

本気で英語を勉強したかったからです。そのため、Googleの検索で「留学 本気」と調べた結果、ヒットしたのがサウスピークでした。語学学校選びは大事だと知っていたため、慎重に調べたのですが、高い目標を持った生徒と切磋琢磨しながら本気で勉強できる環境が魅力的だと思い、サウスピークへの留学を決意しました。

*高校生留学プランに参加される生徒の中には、難関国立大学を目指す方や、名門私立大学を目指している方が多く集まるので、お互い刺激しながら英語学習に集中できる環境となっています。そのため「一緒に留学した生徒さんについてどう思いますか?」という質問に対して100%の生徒が「良い影響を受けた」と答えています。

【データから読み取る】高校生がフィリピン留学をすべき3つの理由

二週間でも英語スキルは向上できる

フィリピン人講師とのレッスンの様子

−−実際に留学してみてどう思った?

正直、この二週間で自分の英語力の足りなさを痛感しました。そして、もっと英語を話せるようになりたいという気持ちから、英語学習に対するモチベーションが高まりました。また、この留学を通して伸ばせたと実感できるスキルもあります。

特に英語の発音に関してはかなり上達したと感じていて、留学前に比べて発音に対する自信がつきました。発音矯正レッスンの効果は、二週間しかない期間の中でもしっかりと実感することができたと思います。

*高校生プランに参加した生徒は、二週間という短い期間にも関わらず、英語力を向上させています。

【データから読み取る】高校生が短期間のフィリピン留学すると、向上させることができる4つの英語力とは

−−発音矯正レッスンのどんな所が良かった?

フィリピン人講師の教え方がとても上手いです。発音を真似させるだけではなく、教科書に口の形を書いてくれたり、舌の動きを詳しく説明してくれたり、発音記号を使ったり、さまざま方法で正しい発音を教えてくれました。

発音記号やイラストがたくさん書かれた発音矯正レッスンの教科書

そしてフィリピン人講師は、自分が理解できるまで、本当に熱心に教えてくれます。自分はLとRの発音が苦手なのですが、その苦手を克服できるまで優しく徹底的に指導してくれました。学校の授業では正しい発音なんて教えてくれないので、発音矯正レッスンは留学でしかできない貴重な体験だったと思います。

発音矯正レッスン P (pronunciation) lesson

グローバル人材になるための一歩を高校生のうちに

−−高校生のうちに留学は必要だと思う?

必要だと思います。自分の将来の夢は、国連職員です。国際系の職に就くためには、英語力を高めたり世界の文化を知り、グローバル化が進む世界に適応できる人材にならなければなりません。そのためにも、高校生のうちから留学しておくことで周りに一歩リードできると思いました。

−−どうして国連職員を目指そうと思ったの?

父親の影響で、よく海外に連れて行ってもらっていました。数年前、スラム街を訪れた際、自分と同年代の子が血を流した状態で「お金をください」とせがんでいる姿を見たのがきっかけで、こういった状況にいる子供達に夢を与えられる仕事に就きたいと思い始めました。その結果たどり着いたのが国連職員という職業です。

−−今回、実際にセブのスラム街の子供達に向けてボランティアを行なっている「セブンスピリット」に訪問してみてどう思った?

今のボランティアの現状を詳しく知ることができ、こういった活動をしている人達は、率直にかっこいいなと思いました。それと同時にこういった活動をもっと活発にして、影響力を高めて行かなければいけないなと感じました。自分にとって、とても良い刺激になったアクティビティでした。

セブンスピリットにてセブの貧困の現状について学ぶ高校生たち

仕事で使える英語を習得するためにもサウスピーク留学を

−−インタビューに答えてくれてありがとう!最後に、大学生になったらもう一度サウスピークに留学したいと思う?

ぜひ留学したいです。将来、仕事で使える英語を習得するためには、学校の授業だけでは絶対不十分だと思っています。そのため、もう一度サウスピークに留学して自分の英語力をもっともっと高めたいと思いました。勉強する人が集まるサウスピークの環境は、英語学習に対するモチベーションを高めることができます。自分はそんな環境で、英語学習がしたいです。

日本人スタッフと一緒に卒業証書を掲げるWataruくん

−−Wataruくん。ありがとう。日本に帰っても自分の夢を叶えるために、英語学習を継続してね。応援しています!