ニュージーランドとオーストラリアでワーホリ中のMasaakiさん、サウスピークの英語学習がワーホリにどのように役立ったかインタビューしました。

※仕事に関するインタビューはこちらの記事をご覧ください。

英語力ゼロでサウスピーク留学後、ワーホリで英語を使った仕事に次々と挑戦しているMasaakiさんの体験談〜仕事編〜

【記事のポイント】

・サウスピークで発音と音読の重要性を学べたことが、ワーホリでの自信に繋がっている
・現地の学校はグループレッスンで発言時間が少なかった

今の英語力はサウスピークで学んだ土台があるから

ーーーMasaakiさんがワーホリ前にサウスピークへ留学してよかったと思うことはなんですか?

一番は、発音と音読の大切さを実感できたことです。サウスピークで発音をマスターできて本当によかったと思っています。

サウスピーク留学中は、3ヶ月間ずっと発音を気にしながら勉強していました。おかげでワーホリ先で会話するとき、相手から発音の曖昧さを理由に聞き返されたことはほとんどありません。

発音記号を読めるようになったのは大きかったです。初めて見る単語でも発音記号を見て、すぐに口から正しい音が出すことが可能になりました。

ワーホリで第二言語として英語を話す方と会話することがよくあります。途中で分からない単語が出てきた場合は、その意味を聞く暇がないので一旦覚えておき、後ほどその人の発音からスペルを予測して調べていました。今は多少スペルが間違っていても予測変換で正しいスペルが出てくるので意味を確認して、その単語を自分で使いながら新しい表現を増やしていきました。

サウスピークで日本の教材を使えてよかったです。現地の学校のように英語で英語を学ぶことにもメリットがあるかもしれませんが、英語の参考書を読むためには時間がかかります。

効率よく英語力を上げるためには、日本語の解説付きの教材で学んだ方が理解するスピードが上がるとニュージーランドの語学学校に通って実感しました。

参考:サウスピークでは日本で販売されている英語参考書を教材として使えます。

ーーーワーホリ中も語学学校に通われたのですか?

ニュージーランドで1ヶ月間通いましたが、サウスピークのほうが授業の進め方やカリキュラムがよかったです。

ワーホリ先での授業はグループレッスンで1人ひとりが発言する機会が圧倒的に少なかったですし、英語の教材で英語を学ぶことに効率の悪さを感じました。ときには、生徒が間違った英語を使っていても、講師がそれを指摘せずそのまま授業が進むこともありました。

学校に行くのが時間の無駄だと思ったので、図書館で自習していました。

オーストラリアに日本の教材を持ってきているそう

ーーー英語初心者でサウスピークへ留学して大変だった時期もあったと思いますが、どのように乗り越えましたか。

私は「ワーホリで資金を稼ぐ、外国人の友達を作る」という目的があったから頑張れました。英語を勉強し始めたころは、やったことがすぐに「話せる」という結果に直結しないためモチベーションを保つのが大変であると思います。

サウスピーク留学開始時の私の英語はlevel2(中学1年生レベル)でした。留学中は朝5時から消灯までひたすら授業を受けながらサウスピークのカリキュラムに従いインプット重視で勉強を進めていました。それでもすぐに効果がでないことで挫折しそうになったことはあります。でも、やりたいことを明確にしていたので続けられました。

英語はコミュニケーションツールでしかないので、学習を継続させるためには、どのように使いたいかという目的が大事だと思います。

 

サウスピークを卒業してからもフィリピン人講師と連絡を取り、ときどき電話をしています。せっかく英語を教えてもらったから、英語力が低下したところを見せたくないというのもモチベーションになりましたね。講師達はみんな親切で、英語レベルも高いと感じました。

サウスピークじゃなかったら英語は諦めていたと思いますね。それくらい、よい講師と出会い、発音もスピーキングもしっかり学べたのがよかったです。

(サウスピークでは、フィリピン人英語講師で上位10%の学力を持つ講師達を採用しています。)

英語の次は、スペイン語を勉強中

ーーー英語力を活かしてに他にチャレンジしたいことはありますか?

ワーホリが終わったら、南米に旅行したいと思っているんです。そこで南米の人と話すためにスペイン語の勉強をはじめました。英語を勉強していくうちに、語学を学ぶことの大切さや面白さを知りました。

スペイン語は、1日10〜30分、あくまでも趣味レベルでYouTube動画やアプリを使って学んでいます。英語には、2つの音が繋がって1つの音になる「リンキング」というものがありますが、それと似たようなものがスペイン語にもあります。私が思うに、日本人にとってスペイン語は英語よりも発音しやすいです。

3年以内に3ヶ国語くらい話せるようになり、将来活躍できる幅が広がればいいと思っています。

英語力を上げる上で大切なのはとにかく「英語を口に出すこと」

今現在、これらの教材で勉強してボキャブラリーを増やしているそうです

ーーー日本人が英語力を身につけるために必要なことは何だと思いますか?

英語ができるようになるためには、1つの話題に対して自分の意見を言えるように心がける毎日新しい英語表現を覚えて使うことが大切だと思います。

日本人は、誰かが何か言っても「I see.」「I think so.」で終わることって結構あると思うんですよ。でも、そこで相手の話を聞くだけでなく、新しく覚えた表現を使いながら自分の意見を話すこと、そのとき言えなくても次に言おうとする心がけが大事だと思います。

 

海外にいることのメリットは、毎日アウトプットする環境にあることです。

YouTubeを見ながら、会話の字幕表現をそのまま自分の会話に取り入、「覚える」「話す」の繰り返しをすることでもスピーキング力は上がると思います。

オーストラリアに来てからそれを心がけているので、毎日言える表現が増えて来て、今では使えない表現が少なくなってきました。日本から7冊ほど英語教材を持ってきているので、最近はその教材で新しい表現を覚えることを始めました。もちろんサウスピークで使ったものと同じように、英語と日本語訳がセットになっている教材です。音読用のCDも活用しています。

ワーホリへ行きたい方へ伝えたいこと

サウスピーク卒業のときの写真。写真中央の男性がMasaakiさん。卒業しても勉強を続け、だいぶ話せるようになったと満足気に語ってくださいました

ーーーワーホリに行きたい方へのメッセージをお願いします。

私は、ワーホリで英語力を上げたいと思っている人には絶対に行くのをオススメしますね!実践的に日々英語を話すことで、英語力は上がります。

さらに、いろんな国の人と交流して他の国の文化、宗教や価値観の違い、日本の良さについて知ることができます。英語力だけでなく、精神面でも強くなれる機会だと思っています。

私がワーホリ中に大切にしているのは「なるべく1人で行動する」ということです。仕事や家を探す中で、自分1人で英語を話しながら問題解決をすることが自信に繋がりました。失敗やうまく行かなかった経験も必ず将来の糧になると思っています。

自由度の高いワーホリでは、良くも悪くも全て自分次第ですが、自発的に行動することによって他の人にはない自分しかできない経験ができます。

 

今、オーストラリアは1年目ですが、「セカンドワーホリビザ」も取りました。次はネイティブの友達を作りたいし、もっと英語を極めて上のステップに行きたい!そういう目標を持ってモチベーションを保ちながら勉強を続けたいと思います。

※セカンドワーホリビザ:1年間のワーホリ中にもう一度申請することで滞在を延長できるビザのこと。オーストラリアでは、最長1年延長することが可能。

 

Masaakiさんのインタビューからは、英語を上達させた自信と、今後も向上心をもってワーホリを続けたいという勢いが伝わってきました。これからもよい経験ができるよう応援しています。