Yokoさん カナダ留学の準備としてTOEFL対策のためフィリピン留学

名前:Yokoさん
年齢、職業 20代、カナダ留学準備中
留学期間 4週間
開始時の英語力 : TOEIC765点

Yokoさん

フィリピン留学のきっかけ

カナダの短期大学に留学したいと思い、ずっと日本で英語の勉強を続けてきました。普段から、英語の先生にTIMEの記事の翻訳の添削と英語ニュースのディクテーションの添削をしていただいています。そのためリーディングなどの英語力はついたのですが、スピーキングには自信がありませんでした。

留学するためにはTOEFL80以上のスコアが必要なため、スピーキング力とライティング力を鍛えたいと思っていたところ、twitterでフィリピン留学を知りました。北米の語学学校などと比較しても料金も安くマンツーマンでレッスンが学べるので、サウスピークへの留学を決めました。

留学中の学習の進歩

私はスピーキング力を鍛えたかったので、テキストの会話部分を中心に学びました。結果的には文法を意識しながらではありますが、ゆっくり話せるようになりました。また、周りの人が英語で話していてもあまり早くなければ内容を理解できるようになりました。また、スピーチのレッスンで発音、イントネーションなども含めてスピーキングについて総合的に学べました。そのためTOEFLのスピーキングにも効果的な勉強ができたと思います。

またライティングについてはレッスン中にその場ですぐに短い英文を書くものから、スピーチレッスンの原稿を書くときのようにじっくり考えて長文を書くものの両方を学びました。おかげで最初は文章を書くのに時間がかかりましたが、今は抵抗なく書くことができるようになりました。また、長文を書く場合はイントロダクション、ボディ、コンクルージョンと文章の構成を考えて書くことができるようになりました。これ以外にもTOEFLの参考書を使ってライティングの勉強をしていたので、TOEFLのライティングに効果的な勉強ができたと思います。

その他、グループレッスンでは、一つの表現をいろんな場面でつかったりシチュエーション毎に使ったりしたため、表現をしっかりみにつけられました。発音レッスンはテキストを使って自分でするだけでは、よく分からない部分もレッスンで指摘されることで自分の発音のどの部分が問題があるのか意識できるようになりました。

サウスピークのよかった点

勉強に集中できるところが良かったです。やはり、周りの生徒も意欲が高いので自然と勉強しようと思えました。大体1日10時間くらいは英語の勉強をしていました。授業外の時間でも先生に質問すれば真摯に答えてくれたところも良かったです。

あと部屋は4人部屋で来る前は不安でしたが、全く問題なく生活できました。食事も野菜が多くて美味しく頂きました。

改善希望点

小テストがたまにメールボックスに入っていないことがありました。

>>ご指摘ありがとうございます。オペレーションを見直します。

アドバイス

私のようにスピーキングを全くやってこなかった人は瞬間英作文しっかりやってきた方が良いと思いました。あと、予習をしっかりやってきた方が復習に時間がかけられるので良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。