坂本芳明さん オーストラリアでワーホリの後4週間のフィリピン留学

名前:坂本芳明さん
年齢、職業 30代、転職中
留学期間 4週間
開始時の英語力 : TOEIC610点

坂本さん

フィリピン留学のきっかけ

大学を卒業後国内で仕事をしていましたが、近年日本の経済が縮小していることを考えると長期見て英語が出来ないとまずのではないかと考えるようになりました。30歳になる前になにか新しいことにチャレンジしたいと思い、2年ほど前から英語の勉強を始めました。

そして、2011年の秋頃からオーストラリアで半年間ワーキングホリデーに行きました。最初は3ヶ月間ブリスベンの語学学校に通いました。ただ、レッスンは15人程度の生徒がいて話す機会も少なかったため、リスニング力の向上は感じられましたが、スピーキングは伸びませんでした。また、ワーホリでは遊びにきている人も多かったため、友達と遊びにいく機会も多く、レッスンを欠席することもありました。また、オーストラリアからの帰国後はオンライン英会話なども受講して試してみましたが、どうしても強制力が少ないためなかなか長続きしませんでした。

そんな時にツイッターでサウスピークがオープンすると知り興味を持ちました。とくにサウスピークは生徒が集中して勉強できる環境を作ると明言していたので、これであれば自分でも英語の勉強を続けられると思い、サウスピークに来ることにしました。

留学中の学習面について

オーストラリアの語学学校と比べてサウスピークではマンツーマンレッスンなので、話す機会が多かったのが全く違う点でした。また、正直に言うと白人講師は少し威圧感があり話しにくかったですが、それに比べてフィリピン人講師は親しみやすく、気軽に話せたのも大きな違いでした。また時間を問わずレッスンの後でも質問につきあってくれたのも良かったです。

最初は講師との会話がなかなか続かずに講師の話す割合がどうしても多かったですが、最終的にはこちらからも話せるようになり、自分と講師の話す割合が1対1くらいになりました。学習面ではビジネス英語用のテキストを利用したので、ビジネス上でも使えそうな単語やフレーズを身に付けることができました。またその覚えた単語やフレーズをスピーチに使うことが出来ました。

また、発音のレッスンでは[s]と[sh]の違いを区別して発音できるようになるなど、いままで自覚していなかった部分に気付くことができました。その他のレッスンでも会話の練習やライティング、リーディングのトレーニングになることが多く総合的に英語の勉強ができました。

サウスピーク 良かった点

他生徒の意識が高くみんな真剣に勉強しているので、おのずと自分も勉強することができる環境というのが一番よい点でした。夜の23時、24時まで勉強している人も多くいました。他の生徒と競争できるのも良い点だと思います。スピーチのクラスで他の生徒のスピーチをみて絶対に勝ちたいと思い、自分もスピーチに真剣に取り組みました。

サウスピークの寮で生活していましたが、部屋の中でも他の生徒と話す時にも英語勉強の話を良くしました。自分よりも良くできる人から文法を教えてもらったり、学べることが多くありました。また、英語を勉強して今後どのようなことをしたいかという話を他の生徒とするのも良い刺激になりました。

サウスピーク 改善希望点

在学中にも定期的に学習相談の時間があった方が良いと思います。

>>定期的に学習相談を行なうことにしました。

現地での支払い内容が分かりにくいので、オリエンテーションで詳しく説明して欲しい。

>>こちらも改善致します。

今後サウスピークに来る人へのアドバイス

僕みたいに意志の弱い人でも周りが勉強しているので、周りに影響を受けて勉強できるようになります。頑張って勉強してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。