「分からないことから逃げるな」TOEIC300点レベルから600点レベルまで向上したYoshihikoさん

Yoshihiko-17

名前 : Yoshihikoさん
職業、年齢 : 20代、学生
留学期間 : 21週間
開始時の英語力 : TOEIC335点(L185 :R150)⇒670点(L345 :R325)335点アップ!

TOEIC300点レベルから600点レベルに到達したことで実感した英語力向上

TOEIC670点に到達した今、(最初に比べて)聞き取れる英語の量が圧倒的に違うと感じます。授業中、休憩時間の雑談問わず講師から言われることは聴き取れるようになりました。また、何を言っているか聴き取れない時は聞き返せるようになりました。

21週間前に初めてサウスピークに来た時、入寮時に行われるフィリピン人スタッフの説明すら聞き取ることができませんでした。これから自己紹介をしてくださいという指示も聞き取れれず、なぜ写真を今撮影されているのか、なぜ動画を撮影されているのかもわかりませんでした。
分からない単語が多すぎて、なにから聴けば良いのかわからないという状態でした。半ばパニック状態だったと思います。今や入学当初の自己紹介動画は何を話したか全く覚えていません。
そんな当時から比べると、曲がりなりにも大分聴き取れるようになったと成長を実感できます。

Yoshihiko-2

↑Yoshihikoさんが21週間使用した教材群。まだ他にもあるそうです。

また、文章も読めるようになりました。文章中に多少知らない単語があっても読み進められますし、初見の文章でも読むことに抵抗はなくなりました。そのおかげか近くのショッピングモールにある本屋さんに立ち寄っても、陳列されている洋書を読んでみようかなという気持ちになりました。これは僕にとって大きな変化といえるでしょう。

それが今や洋書にも手を出す気になったというのは、自分のことながら驚いています。

分からないことから逃げずに取り組んだ、速読速聴英単語Basic2400とTOEICテスト出る語句1800

今は先程述べたようにかなり成長した実感はありますが、入学当初はわからないことだらけでした。特に多くの英語表現を速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2新TOEICテスト出る語句1800の2冊で学びました。この2冊が私をここまで引き上げてくれたのだと思っています。以下、この2冊に取り組む際の注意点を挙げますので参考になれば幸いです。

Yoshihiko-5

1.品詞分解をする

特に速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2に取り組んでいた間は品詞分解に注力しました。どの単語が文章の中でどういう機能なのか、これは副詞でこれは接続詞、これは術語・・・という風に細かく分解していました。おかげで、新TOEICテスト出る語句1800 に取り組んだ時にはあまり品詞分解をしなくても文章構造が見抜けるようになっていました。

2.新出単語、知らない単語の意味を本文中に追記する
Yoshihiko-6
日本語訳を見なくてもいいくらいに日本語を英文の側に書いていました。そうすると日本語と英語が同時に視界に入ってくるので、どれだけ英語が苦手でも意味がわかります。英語学習に苦手意識を持っている人は、このくらいやるとそのうち英語と日本語の距離が縮まってきます。

4.英文音読直後に日本語訳文も読み上げる
これも日本語と英語の距離感を縮めるために取り組んでいました。自習室で自分だけ日本語訳文を読み上げることは少し恥ずかしいですが、私は英語学習に苦手意識を持っていたのでこのくらいやらねばと感じていました。

5.日々分からない英語表現は調べる
インターネットで調べても辞書で調べても良いですが、わからない英語表現・単語はすぐに調べて記録していました。私は最初英文を読んでいてわからない単語がたくさんあったので、必至に調べて覚えていました。速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2終了時点では中学英語終了レベル、その次に取り組んだ新TOEICテスト出る語句1800
は高校英語レベルに該当するため、分からない単語が多かったです。

分からないことから逃げない姿勢を作るEnglish Lunch

また、私にとってとても良かったのは講師も交えてお昼ご飯をとるEnglish Lunchという制度です。
テーブルに最低1人はフィリピン人講師が座るのですが、最初は正直話しかけないで欲しいと思っていました。それゆえ自分から話すことはありませんでしたし、講師からも距離を置かれていたように思います。
話しかけられても何も言葉を返せないし、何を言っているかわからない。ご飯を食べ終えたらすぐに切り上げて部屋に戻る・・・同じテーブルの講師も気を遣ってか、私がいないかのように他の生徒と話していました。
Yoshihiko_lunch

↑講師と生徒の輪にはいって英語で談笑するYoshihikoさん。

今ではお昼ご飯の時間が終わる13時ぎりぎりまで講師達と話し込んでいます。彼女らの話す英語も徐々に聴き取れるようになってきましたし、成長を実感しています。
途中で逃げずに彼女らと向き合えたのが良かったのだと思います。何を話しているのかわからなくてもその場に留まって聞き取る姿勢をとる、なんとなく聞き取れたけどわからない単語はメモして後で調べる。
目の前でわからない言語を話している人達の輪に入るのは最初は辛いですが、こういった地道な作業が英語力の底上げにつながりました。今なら最初の頃の自分に「分からないことから逃げるな」と言いたいです。

?Yoshihikoさんの自己紹介動画とスピーチコンテスト動画比較

Yoshihikoさん留学初日の自己紹介

Yoshihikoさん留学途中のスピーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

神農 亮

海外就職アドバイザー。インドネシアでの勤務経験を生かし、海外就職・海外転職対策講座にて海外就職のサポートを行っています。海外就職をメイントピックにした個人ブログ Keep Rockin’!BRO を運営中です。Twitter IDは@kanchan_r