名前 ゆきんこさん
職業/ブロガー
留学期間 8週間(4週間は自費延長)
開始時の英語力 TOEIC300点台

今回はブロガー無料招待企画で、留学されたインド在住ブロガー・ゆきんこさんにインタビューさせていただきました!

英語初級者にもかかわらず、インドに在住している彼女にサウスピークの留学について、話を伺いました。

ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

【インタビューしたゆきんこさんとは?】

ゆきんこ。札幌出身の38歳。
2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。2年9ヶ月を経て、63か国、350か所以上の都市を訪問し、世界一周を達成。世界一周ブログランキングでは1位を獲得。そして2016年9月からインドでの生活をスタート。

【まだまだ募集中】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。

相手がこちらの言いたいことを汲んでくれていた海外生活

ーー初めに、今回留学された経緯を教えてください。

英語初級者の私ですが、インドで生活しています。というのも、海外で生活することを決めた以上、英語が勉強できる環境で、生活したかったんです。それで物価も安く、英語が第二言語のインドでの生活を決意しました。インドでは、ホテルのリセプションで勤務していて、「働くだけで、英語の勉強ができる」と思っていました。

しかし実際は、英語でコミュニケーションをとる練習はできましたが、英語の勉強ができる訳ではありませんでした。

というのもお客様に対して話すことは、ホテル内の注意事項と、インドの観光案内くらいで限られていましたし、外国人客や同僚も「英語が苦手な人」として私と接するので、難しい会話をしようとしないんです。

だから次第に「せっかくインドにいるのに、英語力が伸びているのか」と不安に思うようになり、「英語は机で勉強しないとダメだ」と思うようになったんです。

そんな時に、友人で、同じくブロガーであるカルロスが、「ブロガーセブ島にある語学学校に無料で留学します」とSNSに投稿していたのを偶然見ました。それがきっかけで、セブでの留学を決意したんです。

【まだまだ募集中】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。

ーーちなみに、インドにいた時の英語力ってどれくらいだったんですか?

リスニング力ですと、相手の言っていることが、「なんとなく分かるレベル」です。「多分こんなこと言っているんだろうな」と予測していました。スピーキング力だと、コミュニケーションには困らなかったです。今思うと相手が「私の言っていること」を予測して、理解してくれていただけでした。

ーーなるほど。生活はできるものの、自分の英語に自信が持てない状態だったんですね。

そうですね。

1日10時間の英語学習ができたカリキュラムと学習計画表

ーーそして実際にサウスピークに留学してみて、どうでしたか?

びっくりしたことがあって。今まで1日3時間しか勉強できなかった私が、サウスピークへ留学して、1日10時間も勉強できたんです。”魔法”にかかったと思いましたね。

ーー魔法のように、どうしてそんなに勉強できたんですか?

理由として考えられるのは、カリキュラムと、それを最大限生かすための学習計画表でした。

ーーカリキュラムと、学習計画表について、詳しく教えてください。

私のような英語初級者にとって、英語の学習方法が書いてあるカリキュラムが必要不可欠でした。というのも英語初級者は、英語の学習方法すら分からないです。例えば、私がインドで生活していたときに、英単語を覚えようとしたことがありました。

そのときの方法が、「知らない単語を5回書く。」というものです。書くことで手が疲れますし、「やった感」が生まれます。英語の学習方法が分からないから、とりあえず「勉強した」という満足感を得ようとしていましたね。

サウスピークでは、「どの教材を、どのように、どれくらいやるのか」を事細かに記していたので、そのカリキュラムに従うだけ良かったです。つまり語弊を恐れずに言えば、「サウスピークで英語の勉強方法を勉強した」と言えるのです。

加えて、学習計画表が効果的だったと思います。サウスピークでは、1日10時間の英語学習が推奨されています。その際にすべきことは、事前にメールにて送付されていた学習カリキュラムに明記されています。

しかし、頭の中で「いつ、何をするか」をまとめるのは、大変なんですよね。ですので、そのすべきことを整理する意味で、学習計画表に書いていきます。

ーー学習計画表を作成するために、気をつけていたことはありますか?

特にありません。1日の英語学習は、「レッスンを受けるか、レッスンのための予習復習を行うか、自習に割り当てられたテキストを進めていくか」です。

それらを頭の中で整理するのは、大変です。しかし紙に書くと、「どの時間に何をするのか」が簡単に分かります。あとは実際にその時間になったら、書いてあることをすれば良いんですから、簡単に1日10時間勉強できていました。

中学英語からやり直し、「英文法は大丈夫」という自信がついた

ーー学習計画表に沿って、英語学習を進めていく中で、英語力向上を実感されていますか?

英文法への理解が深まりました。今までは、英文法を正しく使えていなかったんです。それは私が英語学習から避けてきたからなのですが、「これを機に、しっかり向き合おう」と、中学英語から学習し直しました。しっかり基礎から固め直したことで、英語への自信に繋がりましたね。

その際に、カリキュラムに指定されていた中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。が、ものすごく分かりやすかったです。こちらの参考書は名前の通り、「ひとつひとつ進めていきましょう」と、説明が事細かに書かれているんです。

※日本で販売されている英語参考書を教材として使えます。~フィリピン留学海賊版教材問題~

例えば否定文の場合、「否定文のつくり方1」、「否定文のつくり方2」、「否定文のつくり方3」と1つのテーマが、いくつかのページに分けて説明されています。一般的な参考書だと、適当に流してしまうような説明も、しっかりと理解できました。

ーー英文法を学習することに、どれくらい時間がかかりましたか?

サウスピークのカリキュラムに、「1日に2時間程度、英文法を学習すること」と書かれていたので、その通りに行いました。結果として、中学英文法を2週間で卒業し、高校英文法は3週間で卒業しました。そもそも英語初級者は、このような分かりやすいテキストに巡り会えないんです。というのも、「英語初級者はどの本を選ぶべきか」、選び方すらわかりませんから。

※日本で販売されている英語参考書を教材として使えます。~フィリピン留学海賊版教材問題~

ーーなるほど、英文法の基礎が、サウスピークの選んだ参考書によって徐々にできてきたと。レッスンを受けていて成長を感じられました?

4 Skills レッスンと、英会話(Speaking)レッスン中に使用するためのエッセイを、予習の段階で作成します。その際にエッセイで添削された量が、留学当初と留学中ですと、明らかに違いました。留学当初は、エッセイを1つ作成しても350語くらいの文章量でした。

しかし現在は、700語くらいの文章量で作成することができます。これはどういうことかというと、英文法がしっかり、体に定着しているので、頭の中から使用すべき文法が、スムーズに出てくるんです。

スピーチコンテストを通し、実践することで自信がつく

ーー英文法の基礎ができたことで、正しく英語が話せるようになったのではないでしょうか?その辺り、実感はありますか?

本当に文法が身についているのかどうか、確かめるべくスピーチコンテストに参加しました。

↑こちらがスピーチコンテストの様子。

正直なところ、英語でスピーチを行うのは難しいと分かっていたんです。というのもスピーチは、日本語で行うのも難しいですからね。ただ「出場すれば、絶対にためになる」と思って、出場したんです。

スピートコンテスト:毎週金曜日に有志によって行われるスピーチ大会。

ーー実際に出場してみて、ためになりました?

ためになりました。スピーチコンテストに使用した原稿の長さは、レッスンで使用するものと変わりません。それでもその一回のスピーチコンテストのために、固執するように準備します。

私はスピーチコンテストで使用する文法は、「すでに学んだものだけ」と条件付け、難しい文法は使わないと決めました。ですので「頭の中にある文法知識が、本当に使えるのかどうか」を確かめることができたんです。

ーー英文法を正しく使えるか、集大成のようなものだったんですね。

そうですね。スピーチコンテストは(頭の)整理の集大成でした。

↓ゆきんこさんがサウスピーク在学中に執筆したサウスピークに関する記事

【セブ島留学記⑤】ゆきんこ、スピーチコンテストに参戦!=前編=

【セブ島留学記⑤】ゆきんこ、スピーチコンテストに参戦!=後編=

「自己流は捨てましょう。」何の迷いもなく、英語力が伸びる

ーー最後に日本で留学を検討している皆さんに向けてメッセージをお願いします!

サウスピークに留学するまでは、私でも1日10時間も英語学習ができるのか、ものすごく不安でした。しかし、サウスピークに留学してしまえば大丈夫です。何の迷いもなく、勉強の仕方から、使うテキストから、何から何まで全て教えてもらえるので、安心して留学してください。

ーー留学してからは、不安はなかったですか?

なかったです。留学してしまえば、カリキュラム通りに従うだけで、1日10時間の英語学習ができます。またサウスピークは、勉強以外をする必要がありません。ご飯も1日3食、提供されますし、部屋の掃除も、衣類の洗濯もしていただけます。

そのため、「勉強だけに集中できる環境」があるので、迷う必要がありません。つまり、自己流を出す必要がなく、とにかく信じて、従うだけでいいんです。それだけで英語が話せるようになります

ーー自己流を出す必要がないんですね。

むしろ、「英語初級者は自己流を出すな」と言いたいですね笑。

ーーサウスピークのカリキュラムに従って、英語力が向上された方からの意見は、何よりもの証明です。ありがとうございました!!

【まだまだ募集中】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。