150点UPに成功し、TOEIC 935点を獲得したMasakiさん

英語学習者の皆さん、こんにちは。フィリピン・セブ島の語学学校サウスピークです。

私達は述べ1,000人以上の卒業生を輩出し、全生徒平均「3ヶ月でTOEIC 226点UP」を達成し、TOEICを活用して英語力を伸ばした生徒1,000人以上の膨大なデータを保有・分析しています。ですから、サウスピークはTOEICスコアのレベル別に分けた効果的な学習方法を確立しているのです。
参考記事:2017年度TOEIC LR試験受講者全員のデータから分析。3ヶ月で「平均」TOEIC226点UP

この記事では、TOEICの各点数レベルごとの英語力・勉強法をまとめました。スコアごとの英語力や勉強方法について詳しく紹介します。

【この記事の目次】
TOEIC絶望レベル|250点以下
TOEIC初級レベル|300点〜450点まで
TOEIC中級レベル|500点〜700点まで
TOEIC上級レベル|730点〜900点まで
特別編|TOEICで990点満点を獲得した人とは?
サウスピークのTOEICを活用した取り組み

TOEIC絶望レベル|250点以下

TOEICスコアが250点以下であるならば、中学校で習う文法事項や語彙が身についていないということ。中学レベルから英語学習をやり直す必要があります。またTOEIC200点レベルの人達は、中学高校と受験勉強をした経験がなく、現在の生活でも英語に限らず何かを勉強する習慣のない人達が大多数です。ですからまずは、自ら机に向かって勉強する習慣を身につけなければなりません。日常生活の中に、常に勉強が習慣として存在していることを当たり前にましょう。

TOEIC 250点以下レベルから脱出するための英語学習方法は「英文法理解」「英文読解」「語彙力アップ」の3つが柱になります。詳しくは下の記事を参考にしてください。

TOEIC初級レベル|300点〜450点まで

TOEIC 300点台はTOEIC 200点台と同じく、中学英語が身についていないレベル。英語学習が習慣化していない人が大部分を占めます。そしてTOEIC 400点台は中高英語を70%ほど覚えているも曖昧で、リスニング慣れしていない層が当てはまる英語力です。

TOEIC 300点台ならば、まず学習習慣を確立し中学英語を身に着けましょう。400点台に到達したらTOEIC 600点台を目標に、高校レベルの文法事項・読解・リスニングの力を身に着けましょう。TOEIC 600点台の英語力があれば英語学習サービスを有効に活用して英語学習に取り組むことができますし、英語学習の効率も上がります。ぜひバナー先の記事を参考にしてみてください。

TOEIC中級レベル|500点〜700点まで

TOEIC 500点は一定の英語学習を行った人が簡単に確実に到達する英語力水準です。ですからTOEIC500点台を抜ける事で、実用的な英語の世界が見え始めるのではないでしょうか。2018年度の新入社員の平均点が489点でしたから、500点は新入社員の平均点スコアと考えて良いでしょう。
参考:新入社員 TOEIC L&R 最新データ 2018年度

現在の英語力がTOEIC 500点台であるならば、履歴書に書けるスコア(600点以上)まであと少しですし、次の段階の700点も狙うことができます。レベルに応じて600点・700点を目標に掲げ英語学習を進めましょう。
参考記事
TOEIC 550点レベルを徹底分析(勉強方法・留学体験談あり)|TOEIC 550点の英語レベルとは?
TOEIC 650点を徹底分析(勉強方法・留学体験談あり)|TOEIC 650点の英語レベルとは?

TOEIC 700点レベルは大きな問題なく、英語で業務をこなせる最低限の水準。不慣れな文脈の中では理解できない部分があるにしろ、よく使われる表現を理解し、使いこなすことができるレベルです。下の記事では「高校レベルの英文法を一通り理解し、音読を中心に据えた英文読解・リスニングを通してTOEIC 700点の英語力を手に入れる」ための、さらなるレベルアップにも繋がる学習方法を紹介しています。


TOEIC上級レベル|730点〜900点まで

TOEIC 730点以上はTOEIC上級レベルと言えます。外資企業の足切り基準がTOEIC 700点以上と言われていますから、不慣れな文脈の中では間違いや理解できない内容の英語があるにしろ、日常業務に関してはある程度余裕を持ってこなすことができるレベルです。

参考記事
TOEIC 730点を徹底分析(勉強方法・留学体験談あり)|TOEIC 730点の英語レベルとは?
TOEIC 750点を徹底分析(勉強方法・留学体験談あり)|TOEIC 750点の英語レベルとは?

現在TOEIC 730点レベルなら、まず800点台を目指しましょう。TOEIC 800点レベルの英語力については、以下の記事を参考にしてください。TOEIC 800点台を目指す学習は、「高校英文法をもれなく理解する」「リスニング・英文読解の精度を上げる」「多読・多聴」の3つにまとめられます。詳しくはこれらの記事を参考にしてみてください。
参考記事:TOEIC 850点を徹底分析(勉強方法・留学体験談あり)|TOEIC 850点の英語レベルとは?

またTOEICスコア900点以上の英語力は、英語を不自由なく使いこなせるための必要条件をすでにクリアしているレベル。800点レベルと900点レベルの英語力を分かつのは「英文法の習熟度合い」「英文読解(品詞分解)とリスニングの精度」そして「TOEIC試験にどれだけ慣れているか・スピードと正確さ」です。

これらのポイントを抑えた「TOEIC問題形式を熟知した上で自分の弱点を中心に反復学習を繰り返し、英文法・英文読解・リスニング力を総合的に向上させる」ための学習方法を以下の記事で紹介しています。

特別編|TOEICで990点満点を獲得した人とは?

では次に、TOEIC L&R試験で満点を獲得した方へのインタビュー記事をご紹介します。インタビューに応じてくださったのは、当時大学4年生の梶山さんです。

梶山さんは帰国子女ではなく、英語のネイティブスピーカーを家族にもつわけでもなく、日本で生まれ育った方です。梶山さんがTOEIC満点レベルにまで英語力を伸ばした背景には、交換留学生として1年を過ごしたコロラド州コミュニティカレッジでの猛勉強にありました。

TOEIC満点の梶山さんと、サウスピーク塾長・柴田

留学前のTOEFL iBT試験のスコアは70点(TOEIC換算で650〜750点)。アメリカでの大学生活を送るために十分な英語力には全く届いていませんでした。留学当初は講義もわからず友人もできず、「絶望的なほどの危機感」を感じていたそうです。

このままではいけないと梶山さんは留学中の300日間、毎日10時間(講義4時間・自習6時間)の英語学習を続けました。合計すると3,000時間にもおよぶ猛勉強ぶりです。

インタビューでは、「TOEIC L&R試験で990点満点を獲得するためにどのような英語学習法に取り組んだのか」勉強する中でどういった苦労をしたのか」また「TOEIC L&R試験で満点を取得するまでに身についた英語力はどれだけのものか」などについて話していただきました。
参考記事: TOEIC満点(990点)取得者はどんな人?|TOEIC満点(990点)取った人をインタビューしてみた!

サウスピークのTOEICを活用した取り組み

サウスピークではTOEIC対策として英語学習をするのではなく、TOEICを活かして英語力を鍛えます

サウスピークは1週間から半年まで、そして中学英語からの再スタートからTOEIC 900点以上の英語力にも対応した、そして生徒が「留学を終えた時点で目に見える成果を残すこと」を意識したカリキュラムを作っています。
参考記事:語学学校サウスピークの魅力

ですから留学後に英語力の工場を客観的に示すことができ、就職活動や転職活動の成功に繋がり、またスキルアップや海外渡航などが可能となるため、その後の人生を良い方向に持っていくことができるのです。

生徒体験談
【就活成功体験談】休学中にTOEIC900点 + インドでのインターンを経たHarukaさんが、一部上場企業に内定を決めるまで

海外大学院進学を目指して、フィリピン留学でTOEFL対策!スピーキング力向上のための「型」を身につけ、実践まで行ったRenaさん

「人前で堂々と英語を話せる!」フィリピン留学のマンツーマンレッスンで、カナダ留学へ向けたIELTS対策と論理的な話し方を身に着けたAikoさん

10週間のフィリピン留学でTOEIC940点、iELTS平均6.5まで到達!海外就職を目指すMasanoriさん

一般的に、TOEIC L&R試験の点数を100点伸ばすとなると最低でも200時間は必要になります。1日3時間勉強するとして、最低2ヶ月は必要になります。英語学習は成果が出るまで時間のかかるものですから、じっくりと取り組みましょう。だからこそ、フィリピン留学のように1日10時間の勉強をして、短期間で一気に英語力を上げるサービスが生まれました。
参考記事:平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習ができる環境

しかしながら、上級者の入り口であるTOEIC L&R試験で800点のスコアに到達することは、意志と時間さえあれば、日本にいても十分に可能です。ここで言う「意志」とは「孤独に勉強する時間に耐えられるだけの意志」です。「勉強に集中する孤独な時間」に耐え切った人のみが英語力を向上させることができます。