TOEIC(R)試験を上げるために必要な勉強時間にはもちろん個人差がありますが、一般的にどの程度の勉強時間があればTOEICの点数をどれだけ上げられるかについて説明致します。

「TOEIC(R)試験の点数が上がらない…」と悩んでいる方はまずは下記に記されている勉強時間を机に座って勉強して下さい。

TOEIC(R)試験の点数を上げるために必要な勉強時間

【TOEIC試験 100点を上げる勉強時間】
200点から300点 ⇒ 500〜600時間
300点から400点 ⇒ 500〜600時間
400点から500点 ⇒ 250〜300時間
500点から600点 ⇒ 250〜300時間
600点から700点 ⇒ 250〜300時間
700点から800点 ⇒ 500〜600時間
800点から900点 ⇒ 500〜600時間

【表の見方の一例】TOEIC(R)試験を500点から600点に上げるためには必要な学習時間は「250?300時間」です。1日3時間の英語学習をする場合には、84?100日、つまり3ヶ月?3ヶ月半の期間は必要になります。

【TOEIC試験 200点を上げる勉強時間】
200点から400点 ⇒ 1000〜1200時間
300点から500点 ⇒ 750〜900時間
400点から600点 ⇒ 500〜600時間
500点から700点 ⇒ 500〜600時間
600点から800点 ⇒ 750〜900時間
700点から900点 ⇒ 1000〜1200時間

【表の見方の一例】TOEIC(R)試験を500点から700点に上げるためには必要な学習時間は「500?600時間」です。1日3時間の英語学習をする場合には、184?200日、つまり6ヶ月?7ヶ月弱の期間は必要になります。サウスピークの留学であれば、2ヶ月程度となります。

↓ TOEICの目標点を入れると必要な学習時間が分かる英語学習時間シミュレーターです。TOEICの結果と目標点を入れて学習計画を立てましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-13-59-34

サウスピークではどのようにTOEIC(R)試験の点数が上がるか

サウスピークでは3ヶ月の留学でTOEIC試験の点数を200点上げること目標に学習カリキュラムを作成しています。また実際にサウスピークの生徒は、「平均」3ヶ月でTOEIC200点以上の点数を伸ばすことに成功しています。

*サウスピークはTOEICの試験結果を唯一公開している語学学校です。

例えば1週間(3ヶ月)の留学を行った場合にはどれだけの時間を勉強することになるでしょうか。

サウスピーク・1週間の勉強時間

(平日5日間)8時間のレッスン(4時間レッスン+4時間義務予習) + 2時間の自習
(土曜日) 6時間の自習 ※午前中の4時間を使ってその週に学んだことを復習+夜に2時間の自習をすることを想定。また、一部の初級生徒の方々には土曜午前にTOEIC模擬試験を受験してもらい、英語力の伸びを測定しております。
(日曜日) 2時間の自習 ※日曜日は休むことを想定しています。

サウスピークが想定する1週間の標準学習時間

【平日8時間レッスン×5日】+(自習2時間×5日)+(土曜日自習6時間×1日)+(日曜日自習2時間×1日)=58時間

13週間(3ヶ月間)の合計勉強時間

58時間×13週間=754時間

サウスピークの学生の平均学習時間は1日10時間です。

サウスピークの学生の平均学習時間は1日10時間です。これほど熱心に生徒が勉強している語学学校は他にありません。


754時間を学習すれば、TOEIC(R)試験の点数が現時点で500点の人であれば、200点を上げるための必要な学習時間を満たすことが出来ます。

英語力をすぐに上げる魔法の杖は存在しません。フィリピン留学で行われているマンツーマンレッスンも魔法では有りません。英語力を伸ばすためには、質の高い勉強を長時間行う以外に方法は有りません。

そしてサウスピークでは英語教育のプロがあなただけのカリキュラムを作成し、また「生徒の平均学習時間 10時間」という徹底的に英語の学習が出来る環境を提供します。

成果別・フィリピン留学(セブ島留学)体験談

サウスピークでの学習環境を存分に活用した卒業生の中には3ヶ月で200点どころか、300点以上も上がった生徒の方々もすでに複数名おります。詳細は下記のリンク先体験談より確認下さい。

成果別 フィリピン留学(セブ島留学)体験談 (TOEIC試験の点数が100点以上上がった人達)

【補足】サウスピーク留学中にもフィリピンのセブ市でTOEIC(R)試験の受験が可能です。毎月多くの生徒がTOEIC(R)試験、TOEIC SW試験を受験しています。