英語学習者の中には、就活や転職に備えてTOEICスコアの向上を目標にしていたり、プライベートや仕事中に、円滑なコミュニケーションができることを目標に定めたりしている人が多いことでしょう。

これらの目標をできるだけ短期間で効率良く達成するためには、抜群にコストパフォーマンスが良いフィリピン留学をするのがおすすめです。

なぜなら、フィリピン留学には以下のようなメリットがあり、本気で英語力を伸ばしたい方に最適な選択だからです。

・費用が安い

・マンツーマンレッスンで高効率な学習

・週末にはリゾートを満喫できる

このようなメリットがあるフィリピン・セブ島留学ですが、どの学校に留学すれば良いか疑問に思ったり、学校選びのポイントを知りたい方も多いと思います。

そこで今回は、フィリピン・セブ島留学でおすすめな学校について紹介していきます。

サウスピークはこれまでに、2,000人以上の卒業生を輩出していることに加え、生徒のTOEICの点数を平均226点向上させた実績のある語学学校です。

そのような英語教育のプロフェッショナルである当校からの目線で、おすすめの語学学校についてお伝えできればと思います。

この記事を読んで、フィリピン・セブ島留学に関する知識を深め、大きな成果を出せる留学にしてください。

フィリピン・セブ島留学とは? おすすめな理由は?

フィリピン留学は本気で英語力を伸ばした人におすすめな選択肢です。

フィリピン留学であれば、アメリカやカナダ、オーストラリアへの留学に比べてコストパフォーマンスの高い留学ができます。

以下でフィリピン留学の特徴や、おすすめな理由について詳しく説明していきます。

フィリピン・セブ島留学をするのがおすすめな人

フィリピン留学は、短期間で飛躍的に英語力を伸ばせるという特徴があるので、特に以下のような人におすすめです。

・就活前の大学生

・転職活動中の社会人

それぞれ説明します。

就活前の大学生

大学生が就活を有利に進める方法の一つとして、TOEICで高得点を取得しておくことが挙げられます。

大学生のTOEIC平均スコアは500点半ばなので、就活前に少なくとも600点を目指しましょう。

さらに周りと大きな差をつけたい場合には、TOEIC800点以上を取得できていると、面接時にアピールできる大きな武器になります。

以下の図は、TOEICの運営団体であるETSが「2013年に上場企業を対象に行った調査」です。

この調査によると、日本企業の約7割が採用時にTOEICの点数を参考にしていると回答しています。

この調査から6年経ったいまでは、TOEICの点数を参考にされる機会はさらに増えていると考えられます。

そのため上述した通り、就活前の大学生は少なくともTOEIC600点、可能ならば800点以上の取得を目指し、英語学習に励んでください。

TOEIC600点、800点への到達方法は、それぞれ以下の記事でまとめています。

参考記事:

TOEIC600点レベルに届く最短勉強法(TOEIC600点への道)

TOEIC800点のメリット、英語力のレベル、勉強方法、必要時間について

転職活動中の社会人

就活時と同様に、転職活動においてもTOEICスコアが重視されるケースが多いため、高得点を取得するためにフィリピン留学をするのがおすすめです。

先ほどのETSによる調査によると、転職活動時には平均710点のTOEICスコアが求められています。

英語力を転職活動時の武器にしたい場合には、平均を上回る800点や900点を目指しましょう。

TOEIC800点以上と聞くとかなり難易度が高いように感じるかも知れませんが、現時点でTOEIC600点レベルの英語力を保持している人であれば、3ヶ月から半年の留学で十分達成可能です。

転職活動時に企業から求められる英語力の詳細およびTOEIC900点に到達するための勉強方法は、以下の記事でご確認ください。

参考記事:

就活・転職・昇進で企業に求められる英語力・TOEICスコアまとめ!

TOEIC900点のメリット、英語力のレベル、勉強方法、必要時間について

フィリピン・セブ島留学と欧米圏への留学の違い

フィリピン留学とアメリカやカナダ、オーストラリアとの大きな違いは以下の2つです。

・費用の違い

・レッスン制度の違い

費用の違い

フィリピン留学にかかる費用は、欧米圏への留学と比べて3/4から半分程度に収まることが大半です。

具体的に例を出すと、フィリピンに1ヶ月留学した際の費用は25万円前後なのですが、アメリカに留学した場合は45万円前後かかります。

ここで簡単に、フィリピン留学1ヶ月にかかる費用の一例を紹介しておきます。

学校関連費用150,000円
航空券(往復)50,000円(格安航空会社利用時)
ビザ0円
海外保険0円(クレジットカードの付帯保険を利用した場合)
SSP (Special Student Permit)14,000円
交際費/雑費30,000円
合計(為替レートによって多少の差が出ます)244,000円

フィリピン留学の費用について、より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月の総費用は?効果について解説します

費用が安い分、大学生でも気軽に留学しやすく、休学して3ヶ月から6ヶ月以上留学する人も多くいます。

レッスン制度の違い

フィリピンにある語学学校のほとんどで、マンツーマンレッスンを採用しています。

マンツーマンレッスンであれば、レッスン時間のすべてを自分の学習だけに割くことができ、欧米留学で主流なグループレッスンに比べて学習効率が高いです。

レッスン中に自分以外の生徒がいると、進行速度が自分に合わない可能性もありますし、疑問点があった際に気軽に質問できない恐れもあります。

その点マンツーマンレッスンであれば、周りの目を気にする必要もなく、自分の英語学習だけに集中できるのです。

特に英語初心者の場合、グループレッスンについていけない可能性が高いので、英語力に不安がある人こそマンツーマンレッスンを主体に学ぶことをおすすめします

フィリピン・セブ島留学で期待できる効果

フィリピン留学で期待できる主な効果は以下の3点です。

・英語力の向上

・優秀な人との出会い

・人生の視野が広がる

それぞれ見ていきましょう。

英語力の向上

先ほどご紹介した通り、フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主体なので、比較的短期間で英語力を伸ばせます。

フィリピン留学であれば、レッスンや自習の時間を含めて、1日に10時間以上勉強できることも珍しくないので、1ヶ月程度の留学であっても大きな成果を実感できることが多いです。

優秀な人との出会い

フィリピン留学に来る人の中でも、特にゴールデンウィークやお盆休みの期間に短期留学をするような社会人の方は、企業の海外部門にいたり、海外転職を目指していたりする優秀な人がほとんどです。

短期休みの間に留学に来るような人たちは、貴重な休みの時間を割いてまで英語力を向上させるために投資している方々なので、英語学習に対する意欲が抜群に高く、英語力を大きく伸ばすケースが多いです。

以下の記事では、サウスピークに留学された人の中でも特に大きな成果を出した、優秀な生徒の留学体験談をまとめています。

関連記事:

フィリピン留学を通して英語力を飛躍的に向上させ「サウスピーク・レジェンド」として表彰された生徒のその後

また欧米圏への留学だと、移動に時間がかかったり長時間の時差があったりするので、フィリピンに比べて気軽に留学できません。

フィリピンの場合は日本から約5時間で来れることに加え、時差が1時間しかないので、短期間で英語を学ぶにはうってつけの環境です。

時間のない社会人でも留学しやすい点も、フィリピン留学の特徴だといえます。

人生の視野が広がる

フィリピンは発展途上の国であり、先進国の日本と比べて多くの違いがあります。

水道水が飲めなかったり、トイレットペーパーを流せなかったり、ストレートチルドレンがいたり。

日本で生活しているときに比べて、不自由さを感じることも多いでしょう。

しかしそんな環境で生活することにより、日本にいるだけでは気づけないような発見があるはずです。

フィリピン留学であれば、日本では得られないような経験を通し、人生の視野を広げられる可能性も期待できます。

フィリピン・セブ島留学の学校選びのポイント

フィリピン留学・セブ島留学をするのであれば、最低でもTOEIC LR 600点を獲得してからにしましょう。

フィリピン留学を成功させるためには、学校選びを入念に行う必要があります。

具体的には、以下の3つのポイントに当てはまらない学校を選んでください。

・リゾート地での遊びを推している学校

・教材やカリキュラムの質が低い学校

・1日に長時間のレッスンがあり、自習時間がゼロの学校

リゾート地での遊びを推している学校

フィリピン・セブ島は観光客にとっても人気なリゾート地なので、留学中もたくさん遊ぶことを推奨しているような学校もあります。

当然このような場所に留学しても、満足に英語力は伸ばしにくいです。

周りが遊びほうけているような環境では、自分だけが集中して英語学習に励むのは簡単なことではないでしょう。

本気で英語力を伸ばしたいのなら、遊びを売りにしているような学校への留学は避けてください。

教材やカリキュラムの質が低い学校

フィリピン留学界隈には、質の低い白黒コピーの「海賊版教材」といわれるものが出回っています。

この教材は英語で英文法や単語表現を説明しているのですが、英語初学者がこのような学習方法をするのは非常に効率が悪いです。

英文法は日本語の教材を用いて学ぶほうが効率が良いのはもちろんですし、単語の細かいニュアンスなどを理解するためにも、まずは日本語で学ぶべきです。

しかし、韓国人経営の学校では海賊版の教材を使用しているケースが多く、日本人にとっては良質な学習環境とはいえません

また学習カリキュラムが明確に組まれておらず、フィリピン人講師によって教え方がまったく違う学校もあります。

このような学校では安定して英語力を伸ばしていくのは難しいので、留学前に確認しておきましょう。

海賊版教材を用いるデメリットについては、以下の記事でより詳しく説明しています。

関連記事:

フィリピン留学海賊版教材問題 ~韓国人向けの白黒コピーの残念教材で勉強しなければならない~

1日に長時間のレッスンがあり、自習時間がゼロの学校

英語力を効率的に伸ばしていくためには、ただ単に長時間のマンツーマンレッスンを受ければ良いというわけではありません。

英語学習はインプットとアウトプットのバランスが大事なので、英語を話すアウトプットだけではなく、英文法や単語を学ぶインプットの時間も確保する必要があります。

しかしフィリピン留学では、マンツーマンレッスンの時間が長ければ長いほど良い学校だという風潮があるので、英語学習に関する知識がない人はこのような学校を選んでしまいがちです。

なかには1日13コマのマンツーマンレッスンを提供しているような学校もあります。1コマ50分として650分。約11時間です。

これだけの時間レッスンを受けて英語を話していれば、確かに英語を話すことには慣れるかもしれませんが、根本的な英語力は向上しません。

フィリピン留学で学校を選ぶ際には、レッスン時間だけに着目しないようにしてください。

具体的におすすめな語学学校は?

では、フィリピン・セブ島にある語学学校でおすすめな学校はどこでしょうか?

上述の内容を元に考慮すると、

・遊びを売りにしていない本気で英語を学習することを推奨している

・教材やカリキュラムの質が良い

・レッスンと自習のバランスが良い

の3点を満たしている学校に留学するのがおすすめだといえます。

結論をお伝えすると、フィリピン・セブ島にあるサウスピークへの留学がおすすめです。

以下でその理由について、詳しくお話していきます。

フィリピン・セブ島留学でサウスピークがおすすめな理由

記事の冒頭でも述べましたが、サウスピークはこれまでに、2,000人以上の卒業生を排出していることに加え、生徒のTOEICの点数を平均226点向上させた実績のある語学学校です。

当校での留学を通して、TOEICやTOEFLの点数を飛躍的に向上させ、海外就職や海外留学の切符を手にした人も多くいます。

そのような輝かしい実績があるサウスピークが、フィリピン留学の中でも特におすすめな語学学校である理由を、より詳しく紹介していきます。

TOEICの点数が上がる

サウスピークは、3ヶ月で生徒のTOEICスコアを平均226点向上させた実績のある語学学校です。

そのため就活を控えている大学生や、転職前の社会人にとって、短期間でTOEICの点数を向上させるための選択肢としておすすめできます。

留学開始時にTOEICの点数が300点台で英語がまったくできない人はもちろん、既に600点に到達しているような中級者でも飛躍的に英語力を伸ばせます。

以下の記事は「8週間でTOEIC330点から625点まで伸ばした生徒」と「13週間でTOEIC640点から910点まで伸ばした生徒」の体験談記事です。

どちらの記事も、すべての英語学習者にとって参考になると思います。ぜひご一読ください。

>>【TOEIC330→625点】外国語学部で英語力を伸ばせず交換留学の選考漏れ。環境を変え、大学の夏休みに英語力を一気に高めたReiさん。

>>3ヶ月でTOEIC640点から910点。就活の足切りも怖くない! 横浜国立大学4年生を休学中、セブ島留学勝ち組のNaokiさん

関連記事:

>>TOEICの点数を200点以上向上させた生徒の体験談一覧

TOEFLの点数が上がる

サウスピークではTOEICだけではなく、TOEFLの点数を向上させることも可能です。

当校では「TOEIC600点から、3ヶ月でTOEFL iBT80点を目指すコース」を提供しているので、留学のためにTOEFLスコアが必要な人はぜひサウスピークへの留学をおすすめします。

このコースでは試験対策はもちろん、日常的な英語力も合わせて向上させられるので、実際に海外の大学に留学した際にも不自由なく生活するための基盤を作れます。

また最近では、8週間の留学でTOEFL iBT77点から106点まで向上させた生徒がいました。

この点数は、アメリカのハーバードやスタンフォード大学の入学基準を満たすスコアであり、それをたったの8週間で取得してしまったのです。

このことからも、サウスピークのTOEFLコースがとても優れていることが伝わると思います。

具体的なコース内容は以下の記事をご覧ください。体験談も合わせて掲載しておきます。

関連記事:

本気留学サウスピークのTOEFLコース 〜TOEIC600点から3ヶ月でTOEFL80点を目指すコース〜

TOEFL iBT対策を行い、4週間の留学で64点から80点へ16点アップさせ、米国大学への進学を決めた矢口雄大さん

ワーホリ前の準備ができる

サウスピークにはワーホリに行く前の生徒を対象に「ワーホリ準備プラン」を提供しています。

通常のレッスンに加え、履歴書添削や面接準備などを徹底して行うので、現地での生活が不安だという人におすすめです。

ワーホリ経験がある日本人スタッフがサポートを行なっているので、日本人がワーホリを成功させるための方法や考え方も学べます。

より詳しい説明は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:

ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」

海外就職の道が開ける

サウスピークに留学した後に、海外就職をされた生徒もいます。

当校では英語の基礎を身につけ、実務レベルで使える英語力を習得できるので、海外就職をしたい方にもおすすめです。

またゼロから海外就職を支援する「海外就職プラン」を提供しており、このプランでは以下のようなサポートを受けられます。

  • (1) サウスピークでの13週間以上の留学で海外就職が実現できる英語力を身につける
  • (2) 留学中に開催される海外就職セミナーに参加することで、海外就職における国の違いや職業の違いについて学ぶ
  • (3) 海外就職のプロによる個別カウンセリングにより、自分にあった国業界を絞り込む。また、採用につながる書類添削を行う
  • (4) 19ヶ国のエージェントへの登録代行を受けて、就職活動を開始する
  • (5) 海外就職が実現するまでのアドバイス・相談を実施

以下の記事は、サウスピークに留学後、実際に海外就職を果たした生徒の体験談記事です。

詳細は以下の記事でご確認ください。

関連記事:

ゼロから海外就職を実現する「海外就職プラン」

サウスピーク留学後、海外に就職した生徒の体験談記事:

「20年越しにストレスフリーです」マレーシア日系→シンガポール外資へ海外転職したShuheiさんに聞いた、日系企業と外資系企業のワークスタイルの違い(前編)

高校生や親子留学ができる

サウスピークでは大学生や社会人はもちろんのこと、高校生が単身で留学したり、親子で留学したりすることもできます。

高校生に対しては、春・夏休み期間に「高校生留学プラン」を用意していて、毎年多くの参加者がいます。

2019年8月に行われる当プランでは、総勢60名を超える高校生が留学予定です。

高校生留学プランの詳細は、以下の記事でご確認ください。

本気留学サウスピークの高校生留学プラン(フィリピン留学・セブ留学)夏休み・春休み短期留学実施中(説明会 in 東京)

親子留学に関しては、時期を問わず受け付けていますので、まずはお気軽のお問い合わせください。

>>親子留学に関して問い合わせる

以下は高校生・親子留学の体験談記事です。どちらの記事からも、留学の満足度の高さが伝わりますので、イメージを明確にするための参考にしてください。

関連記事:

>>【1日密着】「このままじゃ受験やばい」危機感しかなかったけど、フィリピン留学して助かった。高校3年生のTasukuくん

>>中学生の子ども二人と親子三人で留学された平野さん一家の体験談

本気で英語を学んでいる人と出会える

サウスピークは『本気留学』を提唱している語学学校であり、生徒の平均学習時間は10時間以上にも及びます。

本気で英語を学びたい人が集まっている環境であるからこそ、有意義な出会いもあるのです。

特に大学生にとっては、人生経験豊富な社会人からいろいろな話を聞けるのは大きなメリットでしょう。

レベルの高い講師が揃っている

サウスピークでは、講師の採用条件が非常に厳しいです。

すべての講師は、TOEIC900点以上の取得が義務付けられていることに加えて、実際に英語教育を経験している必要があります。

セブ島にあるほかの語学学校では、TOEIC700点以上を採用基準としている学校もあるので、サウスピークの講師のレベルはとても高いといえます。

また、生徒に対する教え方が徹底的にマニュアル化されているため、講師によって当たり外れもありません

どの講師のレッスンを受けても、効率良く英語力を伸ばしていけるのが当校の大きな魅力のひとつです。

サウスピークの講師のレベルが高い理由については、以下の記事でより詳しく紹介しています。

>>サウスピークの特徴3 フィリピン人英語講師で上位10%の学力を持つ講師達

生徒に合わせた学習カリキュラムを提供している

サウスピークでは留学前に生徒と面談をして、各々に合わせた学習カリキュラムを作成しています。

この学習カリキュラムがあることにより、英語初学者でも「学習方法がわからない……」と悩む時間をなくすことができ、英語学習のみに集中できるようになるのです。

カリキュラムがない状態で闇雲に学んでも、なかなか英語力は向上しません。

英語教育のプロが提供するカリキュラムに沿って効率良く勉強できる点も、サウスピークの大きな魅力です。

すべての家事をスタッフが行ってくれる

サウスピークでは料理や洗濯、掃除をすべてフィリピン人スタッフが行います。

食事に関しては毎日3食提供されるので、外食をする必要もありません。

家事を代行してもらえることにより、生徒のみなさんは英語学習だけに集中できるので、毎日長時間机に向かうことができます。

サウスピークで長時間英語を学べるほかの理由について、以下の記事でまとめています。

関連記事:

サウスピークの特徴4 平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境

週末にはリゾート地で息抜きもできる

フィリピン・セブ島はリゾート地であり、週末には綺麗なビーチやウォーターアクティビティを満喫できます。

日本の半分以下の費用で楽しめることがほとんどなので、お財布にも安心です。

留学中に訪れてほしい、おすすめの観光地については以下の記事でまとめています。合わせてご一読ください。

関連記事:

【フィリピン・セブ島留学】4週間以下の短期留学生向け、おすすめレストラン&観光地5選

おわりに:フィリピン・セブ島留学ならサウスピークに留学しましょう!

今回はフィリピン留学の魅力や学校を選ぶ際のポイントについてお話しました。

フィリピン留学であれば費用もやすく、日本人にとって英語を学びやすい環境が整っています。

その中でも特にサウスピークへの留学であれば、短期間の留学で飛躍的に英語力の向上を目指せるので、ぜひ時間を作って留学を検討してみてください。

以下の記事では、フィリピン留学がおすすめな理由やサウスピークの魅力をさらに詳しく紹介しています。留学を検討中の方は合わせてご覧ください。

>>英語留学でフィリピン留学がおすすめなワケ。主要な留学先10か国と徹底比較!

>>語学学校サウスピークの魅力


サウスピークへの無料お見積もり

サウスピークへの留学をお考えの方は、ぜひサウスピークの無料見積もりページよりお申し込みください。

通常2営業日以内にご返信いたします。

また以下の記事では、フィリピン留学のメリットや失敗パターンについて詳しく紹介しています。

せっかく留学するからには、有意義なものにしたいですよね?

フィリピン留学を成功させて圧倒的に英語力を伸ばしたい方は、ぜひ一度ご覧ください。

フィリピン・セブ島留学のメリット・失敗パターン・成功法【体験談あり】(2019年5月更新) 今回は、TOEIC700点レベルの英語力についてお話します。 TOEICは、…続きを読む

サウスピーク無料留学説明会について

サウスピークは東京新宿のオフィスにて、毎週「無料留学説明会」を行っています。

また名古屋・大阪・京都でも月に1回、出張説明会を行っています。

「説明会で話す内容・開催日・場所」については、無料説明会のページをご覧ください。