h2

トビタテ!留学JAPANとは

トビタテ!留学JAPANは2014年から始まった若者の海外留学を支援するという官民協働のプロジェクトです。2020年までに「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」としては、民間からの寄付を200億円集めて、10,000人の学生に無償の奨学金を支援するというプロジェクトです。そして、日本の若者全体が留学に興味を持つようになり、2020年までに日本の全体の留学生数を倍増させることを目的としています。

『トビタテ!留学JAPAN』いつから準備すればいいの?合格者に選考スケジュールについて聞きました。

『トビタテ!留学JAPAN』合格者に聞いた2次選考の面接対策について。質問集付

『トビタテ!留学JAPAN』を利用すればお金がなくても海外留学出来る。

トビタテ!留学JAPANの対象者と参加コース

対象者は高校生・大学生・短大生、その他専門学生など日本の学校機関に通う学生。社会人は対象になりません。様々なコースが用意されており、自分の留学の計画に基づいて各コースに応募することになります。

参加コースと留学の計画内容(所属する学科ではなく留学の計画なようによって応募する)

コース名 留学の計画内容 最終目的
理系、複合・融合系人材コース 理系分野、複合・融合系分野の計画対象 産業界を 中心に活躍 する意欲
新興国コース 人文・社会科学系分野の計画対象 産業界を中心に活躍する意欲
世界トップレベル大学等コース 人文・社会科学系分野の計画対象 産業界を中心に活躍する意欲
多様性人材コース 全分野の計画対象 多様な分野で活躍する意欲
地域人材コース 詳細不明 「グローバル」な視点をもって、地域の発展に貢献する意欲
高校生コース 詳細不明 詳細不明

例えば、理系の学生で海外の大学で研究を行いたい場合は、理系、複合・融合系人材コース、新興国でインターンシップを行いたい場合は、新興国コース、海外でスポーツ留学をしたい場合は、多様性人材コースというように目的と計画に応じて応募するコースが異なります。

支援を受けるための要件

第5期生 派遣留学生の要件として下記のものが示されています。

    ?本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加する学生
    ?日本の大学等において、卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍する学生
    ?日本の在籍大学等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生
    ?原則として、機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生
    ?留学に必要な査証を確実に取得し得る学生
    ?留学終了後、日本の在籍大学等で学業を継続又は学位を取得する学生
    ?平成28年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生
    ?インターンシップ等での報酬や他団体等から留学のための奨学金を受ける際には、その平均月額が、本制度による奨学金の支給月額を超えない学生?本制度の第1?3期派遣留学生でない学生

?の第2種奨学金を受ける家計基準は下記の通りとなっています。年収・所得は、本人の父および母、又は父母に代わって家計を支えている人の前年収入金額が下記の基準額以下であることが必要です。

在籍学校 世帯人数 給与所得の世帯 給与所得以外の世帯
大学 4人 1214万円 782万円
5人 1476万円 1044万円
短大 4人 1197万円 765万円
5人 1442万円 1010万円
専修学校 4人 1190万円 758万円
5人 1428万円 996万円
高等専門学校 4人 1159万円 727万円
5人 1366万円 934万円

 

トビタテ!留学JAPAN申し込み方法と選考で重視される点

簡単な申し込みまでの流れ

1. 計画書の作成と提出
2. 書類審査に合格の場合は面接審査
3. 事前研修の参加
4. 留学出発

申し込み自体はいたってシンプルですが、倍率は3倍程度あり、合格者からの話ではしっかりとした計画がないと支援は受けられないということですので、明確な計画を作りましょう。

7月4日から8日にかけて、トビタテ!留学JAPANの説明会が全国で開催されています。興味ある方はまず、下記からお申し込みすることをお勧めいたします。

トビタテ!留学JAPAN説明会お申し込み

選考で重視される点

留学プランに求められる要素として下記の5つがあげられています。

1)大きな夢や留学への想いを、自分のコトバで!

留学で何をするかは自分次第。留学を決意した背景、目的、挑戦したいことを自分のコトバで伝えよう

2)受け身の学びより実践・挑戦!

インターンシップやフィールドワークなど、「社会との接点」を作り、
主体的かつ実践的な活動を盛り込もう

3)ゴールを明確に!

達成したい目標、実現したいアウトプットをしっかり考え設定しよう

4)留学経験を活かして何かを社会に還元しよう!

社会にどんな影響を与えたいのか、どんな形で動かしたいのか、考えてみよう。なぜトビタテ?

5)プランを実行できる意欲と意志!

留学プランを実現するために必要な準備やスケジュールを調査、検討、熟考しよう。そして行動!

トビタテ!留学JAPANで語学留学は利用できるのか?

トビタテ!留学JAPANの申し込み要件には語学留学のみの適応は不可と書いてありますが、全体の計画の中に語学留学を含めたものであれば、対象となります。実際にトビタテ!留学JAPANを利用してサウスピークへの留学を行っている生徒もすでに数名います。

↓ トビタテ!留学JAPANを利用してサウスピークに留学されているAyakaさん

トビタテ!留学JAPANを利用してセブ島留学!その後ダバオでのフィールドワークをするAyakaさん

DSC06686-1024x683

彼女の場合はサウスピークに4ヶ月間留学してTOEIC860点を取得した後に、フィリピンのダバオにある学校でフィールドワークを行うそうです。このように英語力を事前に伸ばした上で、自分のやりたいことに取り組むというしっかりとした説明があればトビタテ!留学JAPANを利用した語学留学も可能です。

トビタテ!留学JAPANを利用する上でサウスピークに留学する利点

トビタテ!留学JAPANの公式の説明にもありますが、選考においては計画性が非常に重視されます。一般の語学学校の場合、何ヶ月あればどのような成果が出るのかが不明確な場合がほとんどですが、サウスピークの場合は生徒の結果を公開し、3ヶ月で「平均」TOEICスコアが200点以上伸びているということを公開しています

そのため、現在の英語力がTOEIC600点の生徒の場合は、3ヶ月あればTOEIC800点の英語力に到達できるという根拠のある説明が可能となります。そのため、まずはサウスピークという語学学校に3ヶ月間行き、TOEIC800点以上の英語力を身につけた上で、次の計画に進むとしっかりとした計画を提出することが可能となります。英語力が必要な留学プランを提出する場合は、サウスピークへの留学計画を導入していただければ、客観的な説明がしやすくなると思いますので、是非ご活用ください。

語学留学業界初の大規模実証調査を実施:349名のデータから3ヶ月の留学で平均TOEICが200点以上上がることが実証されました。

サウスピークは全生徒の成果を公開している唯一の語学学校です。