サウスピークのTOEFLコースが開講!

本気留学サウスピークは、2018年12月9日(日)より「TOEFLコース」を開講しました。

サウスピークのTOEFLコースは「TOEIC600点から、3ヶ月でTOEFL iBT80点を目指す」ことを目的に作られています。

TOEFL iBT80点のスコアは、全米の大学の77%の「入学基準を満たすスコア」となります。

このスコアを短期間で達成し、海外の大学や大学院に進学する生徒の輩出を目指します。(TOEFL80点以上の方は、100点を目指せるコースです。)

サウスピークは、全生徒のTOEICスコアを公開していて、「3ヶ月でTOEICスコアが平均200点以上伸びる」という客観的な成果を出している唯一の語学学校です。

今回のTOEFLコースの開設にあたっても、「客観的かつ定量的なスコアを達成する」ことに焦点を絞りカリキュラムを構築しています。

短期間で結果を出したい方はぜひ、サウスピークのTOEFLコースをご検討ください。

<この記事の目次>

サウスピークのTOEFL実績

サウスピークのTOEFLコース概要

TOEFLコースへの参加資格

TOEFLコースのお申し込み方法

よくある質問

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

サウスピークのTOEFL実績

サウスピークでは以前からTOEFL対策の授業を実施しておりましたが、今回大幅にカリキュラムを刷新しTOEFLコースを開始いたしました。

過去のTOEFLの実績に関して、2人の卒業生をご紹介します。

Yudaiさん


高校卒業後に留学 / 4週間の留学 / TOEFL iBT64点から80点へアップ!

日本ではSpeakingの実践の場もなかったし、話すための勉強もほとんどやってきませんでした。

そのため最初は「英文法や文章の構成がめちゃくちゃ」「英単語をつなげてなんとか文章にする」という感じでした。

そこをフィリピン人講師に直してもらって文章を作り直していました。このぶっつけ本番で対応する練習を3週間ずっと続けていたことが、Writingの伸びにつながったと思いますね。

(参考体験談:TOEFL iBT対策を行い、4週間の留学で64点から80点へ16点アップさせ、米国大学への進学を決めた矢口雄大さん

Shioriさん

大学生 / 6週間 / TOEIC735点から、帰国後TOEFL iBT80点を取得し交換留学を実現!

スピーキングパートの時間配分について的確なアドバイスをいただけたことが、ありがたかったです。

私の話す英語をボイスレコーダーで録音して、その音源をフィリピン人講師が聞き直して指摘をメモされていました。

確実に指摘をいただける生徒側としてはありがたいです。

サウスピーク留学前は、スピーキングパート苦手だし捨ててもいいかなと思っていたのですが、これだけのことがやれたので、来月のTOEFL試験は挑戦してみようかなと思えます。

(参考体験談:ボイスレコーダーを活用してTOEFL対策!サウスピーク日本語禁止校で留学されたShioriさんの体験談

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

サウスピークのTOEFLコース概要

サウスピークのTOEFLコースでは、短期間でTOEFLスコアを高めるために4つの取り組みをしています。

<サウスピークの取り組み>

(1) 週5日間のマンツーマンレッスン+発音矯正+実践訓練

(2) スコアアップのために戦略的に作られたカリキュラム

(3) 勉強に集中できる本気留学の環境

(4) 日本人に特化したカリキュラムで、TOEFLに必要な知識を短期間で身につけられる

(1) 週5日間のマンツーマンレッスン+発音矯正+実践訓練

サウスピークのTOEFLコースでは週5日間のマンツーマンレッスン+発音矯正+豊富な実践訓練を実施します。

◆月~金曜日:マンツーレッスン

◆隔週土曜日:発音矯正レッスン+模擬試験

日本のTOEFL塾・予備校で「週5日のマンツーマンレッスン」を受講するのは簡単なことではありません。

人件費の高さから、そもそもグループレッスン形式だったり、マンツーマンレッスン形式でも1レッスンあたり1万円前後と高額だったりします。

グループレッスンは、マンツーマンレッスンとは違い、常に講師からフィードバックをもらうことはできません。

フィリピンという場所だからこそ、安価に「週5日間のマンツーマンレッスン」を受講することができます。

また隔週土曜日のレッスンでは、サウスピークの名物授業である発音矯正レッスンを行います。

TOEFLはアメリカ英語が中心です。

正しい発音を身につけることで、スピーキングの評価が上がるだけではなく、リスニング力を高めることができます。

隔週土曜日に行われる模擬試験では、直近の2週間で学習した内容と同じ学術分野を扱った模擬試験が出題されます。

これにより、学んだ内容が身についているかテストで確認できるようになっています。

模擬試験は単純にたくさん受ければ良いという訳ではありませんが、2週間に1度、実践形式の練習を行うことで試験に慣れるという効果も期待できます。

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

(2) スコアアップのために戦略的に作られたカリキュラム

サウスピークのTOEFLコースは、3ヶ月でTOEIC600点からTOEFL80点まで伸ばすための「戦略的なカリキュラム」を提供します。

サウスピークの「TOEFLコースのためのカリキュラム」には、2つの強みがあります。

1. 反転授業で、英語力を最短で伸ばせる

2. 約50程度の学術系科目を網羅できる

1. 反転授業で、バランスよく勉強できる

サウスピークでは第2言語習得論に基づき、「大量のインプットと少量のアウトプット」を学習カリキュラムの基本方針としています。

第2言語である英語力を最も効率的に伸ばすには「大量のインプットと少量のアウトプット」を行う必要があります。

そのためサウスピークでは「インプット7:アウトプット3」という構成、「義務予習7時間 : マンツーマンレッスン3時間」を基本に時間割を構成しています。

この「大量のインプットと少量のアウトプット」を実現するために、サウスピークでが導入しているのが「反転授業」と呼ばれる仕組みです。

サウスピークでは「義務予習」とを前提としたマンツーマンレッスンを提供しています。これは「全てのマンツーマンレッスンは予習する必要がある」ことを意味しています。

この予習学習を前提とした仕組みは「反転授業」と一般的に呼ばれています。

インプット学習を通して、アウトプットする機会を持つことで、英語力を大幅に伸ばすことができます。

(関連記事:サウスピークの特徴2 反転授業の導入。英語力を最短で伸ばせる第2言語習得論(SLA)に基づく学習カリキュラム

2. 約50程度の学術系科目を網羅できる

サウスピークのカリキュラムは、TOEFLに出題される学術分野についても短期間で網羅できるように構成されています。

通常の語学学校のTOEFL対策ですと、TOEFLのリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4分野ごとの対策を行うだけです。

TOEFLで扱われる学術トピックは約50分野です。サウスピークのTOEFLコースでは3ヶ月で約60%、半年で約90%を網羅できる構成となっています

TOEFLでは、芸術、文学、言語学、哲学、生物学、環境科学、生態学、経済学、教育、歴史、ビジネス、コンピュータ科学など約50程度の学術系科目がトピック扱われています。

サウスピークのTOEFLコースでは、1週間あたり2つか3つの学術トピックに基づく授業構成を取ることで、3ヶ月で全学術科目の約60%、6ヶ月で約90%網羅できる内容となっています。

TOEFLの指導歴10年以上の講師がサウスピークのカリキュラムに基づき、担当講師の指導を行なっています。

とりあえず、たくさん勉強する、とりあえず、たくさん模擬試験を受けるという方法は非効率です。

サウスピークのTOEFLコースでも大量の学習時間をとりますが、カリキュラムが戦略的に作られているため、より効率的にTOEFLスコアを伸ばせるカリキュラムとなっています。

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

(3) 勉強に集中できる本気留学の環境

サウスピークでは家事・通勤をする必要がないため、1日10時間の学習に取り組めます。

サウスピークでは、フィリピン人スタッフが「炊事・掃除・洗濯」といった家事を全て代行してくれます。毎日3食分の食事を準備し、定期的に掃除や洗濯をしてくれます。

(関連記事:サウスピークで1日平均10時間の学習ができる理由

1日10時間の学習を続けると、1週間の学習時間は58時間になります。

2ヶ月(8週間)で460時間です。

これだけの学習時間を日本で確保するのは、相当難しいです。

サウスピークは、フィリピンの他の語学学校とも大きく違います。

サウスピークは「本気留学」という真剣に生徒が学べる環境を提供しています。

通常の語学留学は「遊び」と「勉強」が混じった中途半端なものとなりがちですが、サウスピークは勉強したくない人は来ないでくださいと積極的に打ち出しています。そのため、サウスピークでは、「遊び」半分で留学している学生に勉強を邪魔されることがありません。

また、TOEFLコースが実施されるサウスピーク日本語禁止校舎は、生活もすべて英語環境が徹底されている校舎です。そのため、サウスピークの中でも英語力の高い生徒が集まる校舎となっておりますので、切磋琢磨しながら徹底的にTOEFLの学習ができる環境となっています。TOEFLは遊び半分でどうにかなるテストではありませんので、この「本気留学」の環境を最大限利用して短期間でスコアを伸ばしてください。

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

(4) 日本人に特化したカリキュラムで、TOEFLに必要な知識を短期間で身につけられる

TOEFLコースを担当する日本人スタッフの成田。日本人スタッフが学習相談を担当します。

サウスピークのTOEFLコースは、日本人のTOEFL学習者向けに作成されています。

そのため、サウスピークのTOEFLコースの教材の一部は「日本語」で書かれています。

日本語の教材を利用する大きな利点は、TOEFL試験自体を詳しく理解することが簡単にできるようになることです。

TOEFLテストの攻略においては、単に英語力を伸ばすだけではなく、同時にTOEFLの試験自体を知ることが非常に重要です。

TOEFLはテストである以上、採点基準があります。例えば、スピーキングでは発音がどの程度できていれば減点にならないのか、ライティングではある程度点数をとるために必要な文字数など採点基準があります。

TOEFLで効率的に点数を取るためには、この採点基準を理解することが近道です。

例えば、下記のような知識が頭に入っている人とそうでない人の場合、知識がある人のほうがスコアが伸びやすいのは明らかです。

◆英作文で点数を獲得するために必要な最低限の文字数はどのくらいでしょうか?

◆TOEFLのライティングセクションで書き出す前の構成にどのくらいの時間を使うべきでしょうか?

◆スピーキングで自分の主張する具体例はいくつあげるべきでしょうか?

採点基準を理解することで、点数を取る上で必要な部分に集中し学習をすることができます。

日本人向けの学校であるサウスピークとは違い、多国籍の生徒を受け入れている語学学校では「英語で書かれた教材」を使うしかありません。

採点基準を知らぬまま学習を進めてしまうと「TOEFLではそれほど重視されない項目」に力を注いでしまい、結果として点数に繋がらないという事態になってしまいます。

また、フィリピンの多くの語学学校で使われているのは「白黒コピーの海賊版教材」です。

フィリピンの多くの語学学校で使用されている海賊版教材。

何年も内容が刷新されることのない「質の低い教材」を使っても、効率よく勉強することはできません。

サウスピークの日本語のカリキュラムを利用することで無駄をなくし、短期間で目標点数を達成しましょう。

 

>>>>>TOEFLコースお申し込みはこちら<<<<<

 

TOEFLコースへの参加資格

TOEIC LR試験で600点以上、もしくはTOEFL iBT51点以上の方に受講していただけるコースです。

参加資格に満たない方へ

実際に、TOEIC LR試験300点代からサウスピークでのTOEFL学習をスタートさせる生徒さんが多くいらっしゃいます。

参加資格の英語力に満たない方には、TOEFL準備コースというものもございます。こちらは初級者向けのTOEFL対策コースとなっております。

(レベルが上がれば準備コースからTOEFLコースへの移動ができます。)英語力が規定に満たない方は、準備コースをご希望ください。

またサウスピークでは、以下のコースのご案内もしています。しっかりとスコアを取得したい場合には、下記の期間のご留学を是非ともご検討ください。

<参加資格に満たない方のための期間例>

◆300点スタート◆
「6ヶ月でTOEIC600点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(39週間)

◆400点スタート◆
「3ヶ月でTOEIC600点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(26週間)

◆500点スタート◆
「2ヶ月でTOEIC600点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(21週間)

詳細はお見積もり依頼よりお問い合わせください。

TOEFLコースのお申し込み方法

お見積もりページで「日本語禁止校」「TOEFLコース」の2つをそれぞれご選択ください。

「日本語禁止校」「TOEFLコース」をご選択ください。

通常、2営業日以内にご案内させていただきます。

 

>>>>>お見積もり依頼する<<<<<

 


*TOEFLコースは2週間以上、また日曜日入学となります。

よくある質問

1日の授業構成はどのようになっていますか?

サウスピークTOEFLコースの授業は3時間のマンツーマンと1時間のグループレッスンで構成されています。下記のような「反転授業」を利用し、英語力が短期間で伸びるインプットとアウトプットのバランスでカリキュラムが成り立っています。

サウスピークのTOEFLコースも反転授業の仕組みを利用し、英語力が短期間で伸びるインプットとアウトプットのバランスで授業が構成されています。英語力はインプットだけでもアウトプットだけでも伸びません。

その他サウスピークのTOEFLコースについて

TOEFL iBT®テストとはどういうテストか

アメリカの海外の大学に必要なTOEFLスコア一覧 。80点あれば、78%の大学の基準に到達

日本人が目指すべきTOEFLスコアとそのセクションごとの戦略的な配分について

TOEFLの学習を始める前に最低限必要な英語力

TOEFLで高得点をとるために必要な7つのテクニック

TOEIC600点はTOEFL何点か?テストの前提知識の有無変わるTOEFLのスコア

TOEFL iBTのトピック数 どういった学問分野の英語を勉強する必要があるか

英文構成について。TOEFLで理解しておくべき英語の文章の形について

TOEFL vs IELTS TOEFLとIELTsはどう違うのか?またどちらの試験を受けるべきなのか?

TOEFL試験における単語暗記の重要性と暗記方法。TOEFL攻略には何単語必要か

TOEFLの選択肢問題をどのように解くか。選択肢消去法POEの解説

TOEFL各セクションの時間配分

TOEFLで高得点をとるために必要なメモの取り方とは?5つの気をつけるポイントまとめした