アメリカの大学に留学するためにはどのくらいのTOEFLの点数が必要なのでしょうか。アメリカには様々な大学がありますが、主要245大学を調べた結果、TOEFL iBTで80点あれば、アメリカの主要大学の約77%の合格基準を満たすことがわかりました。また、TOEFLで100点以上あれば、約90パーセントの大学に留学することができます。

海外の大学の入学を目指す方はまずは、TOEFLで80点を目指しましょう。サウスピークのTOEFLコースもまずは、TOEIC600点程度の英語力(もしくは英検2級程度)から、3ヶ月でTOEFL iBTが80点を取れるように設計されています。そして、海外の中でもトップクラスの大学を目指す人はTOEFLで100点以上を目指しましょう。

下記が、アメリカ245大学を調べた結果です。TOEFLの必要点数と、245大学のうち何パーセントの大学の入学基準を満たすかを示しています。

TOEFLスコア 基準を満たす大学(率) 基準を満たす学校数(245校中)
110 100% 244
105 99% 243
100 89% 217
95 88% 215
90 82% 201
85 80% 197
80 77% 188
79 47% 115
75 24% 60
70 18% 45
65 12% 29

TOEFL80点、100点で入学できる大学

上記で述べたように、TOEFL80点あれば、アメリカの77%の大学に入学することができます。例えば、ジョージワシントンが設立したジョージワシントン大学もTOEFL80点で入学基準を満たします。ジョージワシントン大学は、政治学や国際関係学が有名で、コリン・パウエル元国務長官や歌手のアンジェラ・アキさんの出身校でもあります。

アイビーリーグなど名門大学はTOEFL100点以上必要なところが多いです。コロンビア大学、イェール大学、スタンフォード大学などアメリカの中でもトップに位置する大学は、TOEFL100点程度が必要となります。つまり、TOEFL100点を取得すれば、ほとんどのアメリカの大学に入学可能な水準となります。

イギリスの大学に必要なTOEFLスコア

イギリスの主要大学45大学を調べた結果も下記に載せています。

TOEFLスコア 基準を満たす大学(率)
110 100%
105 100%
100 98%
95 93%
90 86%
85 59%
80 45%
75 20%
70 5%

次の記事はこちら
日本人が目指すべきTOEFLスコアとそのセクションごとの戦略的な配分について