TOEFLで必要とされる単語数

文部科学省発表の数値では、高校卒業までに学ぶ英語の単語数はおよそ3000語であり、TOEICでは400点台だと言われています。また、TOEIC 600点で約5000語、TOEIC 700点で8000語前後などと諸説ありますが、TOEFLで必要な単語は8,000~10,000語とも言われています。つまりTOEIC600点で始めた人は5,000単語近くの単語を新たに入れる必要があります。

単語学習は終わりがないので、事前学習中にどれだけ進めることができるかが、サウスピークでのTOEFL留学成功の鍵となります。

TOEFL単語とTOEIC単語の違い

TOEFLでは単語数の違いはもちろんですが、その単語の内容もTOEICとは大きく異なります。TOEICが基本単語+ビジネス向けの英語を想定して作成されている一方で、TOEFLは英語圏の大学の初年度の講義や学内生活で使用されるようなアカデミックな内容の単語が使われるという特徴があります。そのため、TOEICですでに高得点を持っており、単語に自信がある人でもTOEFL用の専門の単語帳が必要となります。

単語を覚える際の五箇条

では、どのように単語を覚えれば良いのでしょうか。単語を覚えるための5箇条を提示しますので、こちらをしっかりと守るようにしてください。

  • 1)単語帳はとにかく数周を回すこと
  • 2)リスニング音源も聞くこと
  • 3)計画的・戦略的に覚えること
  • 4)パッセージで出会ったものも覚える
  • 5)毎日行うこと

1)単語帳はとにかく数周を回すこと(エビングハウスの忘却曲線の原理に基づいて)

エビングハウスの忘却曲線

サウスピークで必修として指定している単語帳の『TOEFL3800』を可能な限り「早く」「多く」を意識して行いましょう。1日100語ずつ進めていたら、3800語を終わらすのに38日かかってしまいます。39日目に最初の100語を覚えている可能性はおそらくゼロでしょう。

この原理は、「エビングハウスの忘却曲線」としてしっかりとした研究に基づいたものです。「最初に覚えてから時間が経てば経つほど、思い出すことに手間・時間がかかる。」のが「エビングハウスの忘却曲線」の原理です。つまり、「出来るだけ早いタイミングで英単語を復習をすると負担が少なく・早く暗記することが可能」となります。

エビングハウスの忘却曲線についての詳細はこちら

忘却曲線の原理からもわかるように、完璧に100語ずつ毎日進めるのは人の記憶の構造上まず不可能です。もっとも効果的なのは最終的に1日に300〜400語程度を暗記し、覚えたい該当範囲を5日〜1週間で1周できるようになることです。最初は10日かかったとしても、段々と慣れれば5日で回せるようになります。最初から完璧を求めないようにしましょう。2割、4割、5割、6割、6割5分、7割のように段々と単語は記憶に定着します。サウスピークでは単語学習のペースを指定しているのでそれに従って行なってください。

2)リスニング音源も聞くこと

TOEFLの特徴が、リーディングセクション以外でリスニングが絡む問題が出題されることです。つまり、リスニングでも理解できる単語を持つ必要があります。そのためにはしっかりと常日頃から音源を聞いておくことです。また、スピーキングでも単語自体を知っていても、その発音を知らなければ当然使うことはできません。旺文社の無料アプリ「英語の友」もしくは「Audipo」を使用して徹底的に音源も聞くようにしましょう。

3)計画的・戦略的に覚えること

3800語を覚えるためには、ある程度戦略をもって計画的に覚える必要があります。例えば、TOEFL3800のRank3に下記のような単語があります。

☑︎ambush / (動)待ち伏せて急襲する

しかし、この単語をスピーキングで使うことがあるか考えてみてください。このように3800語のうち、その単語がどのセクションで必要なのかを考えましょう。上記の単語は、リーディングでわかればいいというグループに分類できるでしょう。一方でスピーキングやライティングで使いたいと思ったら積極的に運用(=実際に使って話す、書く練習)をしないと一生使えるようにはなりません。

多くの人が、上記で紹介したambushという単語を、スピーキングやライティングで使う必要がないと考えるのではないでしょうか。つまり、この単語は読んだ時に思い出せれば良いのです。

また、単語に関して推奨するセクションの優先順位は、下記の通りです。

  • ①リーディング(リスニング)
  • ②リスニング
  • ③スピーキング
  • ④ライティング

まずリーディングとリスニングで使える状態にすることが先決です。日本人がハイスコアを取りやすいセクションであるため、ここは最優先で進めましょう。次にスピーキングで使いたいものを実際に練習し、最後に書く(タイピング)という作業のために、最も運用に時間のかかるライティングで使いたいものを練習していきましょう。ただし、スピーキングやライティングは優先度が低いとしていますが、もちろんレッスン内で出会ったものは毎回運用できるようにしましょう。

4)パッセージで出会ったものも覚える

上記でも少し述べたように、レッスンや自分で自習中に出会った単語は必ず覚えるようにしましょう。特に演習問題で出てきた語彙にはは単語帳に網羅されていない専門的なものも含まれています。現地では演習問題の単語暗記のために時間を使いたいため、TOEFL3800は事前にしっかり行いましょう。

5)毎日行うこと

単語を覚えることは、毎日行うのが鉄則です。語学学習の中で、継続的に行わないとすぐ落ちやすいものトップの中に「単語」があります。覚えるまでに時間がかかる割に、サボると忘れるのは一瞬なのが単語になります。しかし、その分覚えただけ得点に直結するのも単語です。

単語暗記にはセンスやテクニックなどもありますが、最終的には根性がある人がマスターします。毎日必ず覚えられると信じて、愚直に単語を覚えて下さい。

『TOEFL3800』を使用した効果的な語彙の覚え方

サウスピークで指定する単語教材は、TOEFLの受験者の中では知らない人がいない大ベストセラーである、神部孝先生の『TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)』です。まず、本書を使用する前に、なぜサウスピークでは本書を導入しているのかについて、しっかりと理解してください。

『TOEFL3800』の特徴
①語彙の難易度によってRANK1-4で大別してある。
②見出し語は優先度の高いものを厳選して掲載している。
③必要最低限の情報がコンパクトに集約されている。(発音記号、品詞、Rank2からは名詞以外の語彙には例文が集約)
④付属の音源および、旺文社が出している無料アプリが暗記学習には必須。特に音源の秀逸さで、他の単語帳からも抜きにでている。

①語彙の難易度によってRANK1-4で大別してある

上記の良い点は、自分の目指すレベルによって行うRANKを明確に区別出来るところです。旺文社が目標スコア別にRankの範囲指定をしており、それも非常に正確で効果的だが、サウスピークでは、受験者にリーディングを得点源にしてほしいため、各目標スコアのために独自に範囲を設定している。その範囲を徹底的にサウスピークから指定されるやり方で行なってもらうことで、より各自のスコア取得を意識した効果的な暗記が可能となります。

②見出し語は優先度の高いものを厳選して掲載

上記の良い点は、沢山の見出し語を乗せてないため、最小限の暗記に集中できるところです。確かに見出し語以外にも単語は意味を持つことが多いですが、限られた期間の中では、まずは一番主要な意味を大方頭に入れてから、細部を埋めていくのが鉄則になります。

③必要最低限の情報がコンパクトに集約(発音記号、品詞、Rank2からは例文が集約)

上記の良い点は、見出し語と同じく必要なもの(発音記号、品詞)がしっかり記載されていることです。発音記号、品詞は必ず確認しましょう。また、Rank2からは名詞以外の語彙には例文が集約されているので、実際にスピーキングやライティングで使用したい表現は、その語法(どんな前置詞と一緒に使われるか、受動態で使われることが一般的な動詞なのか、等)を確認できるのは非常に有効です。

④付属の音源および、旺文社が出している無料アプリ『英語の友』が暗記には必須

上記に関して、サウスピークで、旺文社のTOEFL3800を選ぶ最大の理由の一つが、この秀逸な音源とアプリとなっている。この音源とアプリを使いこなせば、1ヶ月でも3800語のうちTOEFLで80点をとるのに必要な単語を、しっかり音と一致させて暗記することが可能である。サウスピークでは、日本のTOEFL市場にある沢山の単語帳の中から、上記で述べたような『暗記の効率性』を重視し、TOEFL3800を導入している。

TOEFL3800でのセクション別優先順位

  TOEFL3800Rank1 TOEFL3800Rank2 TOEFL3800Rank3 TOEFL3800Rank4
Reading
Listening
Speaking ×
Writing ×

TOEFLの学習を開始する上で、TOEIC600点以上を取得していることを前提としています。そのため、TOEIC600点以下の人は、この単語帳に載っていない超基本単語が入っていない可能性が高いので、より簡単な参考書から始める必要があります。

①TOEIC600点以上の方でTOEFLで60点〜80点を目指す人

最優先で◎からやっていただく必要があります。まずは、日本人の得点源であるリーディングと、どのセクションにも必須になってくるリスニングを安定させるためにもここのRank1からRank3までをいかに留学開始前までに事前学習でしっかり行うことができるかがTOEFL攻略の鍵となります。

②すでにTOEFL80点近辺のスコアをもっており、90点や100点を目指す人

このレベルを目指す人は、Rank4も覚える必要が出てきます。しかし、今まだ80点に合計スコアが満たないけど、将来的に90点や100点を目指したい人は、①と同じように、まずRank1〜Rank3を8〜9割理解できるようにすることが最優先事項になります。「語彙はあるに越したことはない」のは事実ですが、「突き詰めてもキリがない」のもまた事実です。全部を暗記したくなる気持ちは十分分かりますが、限られた期間での最優先事項を考えましょう。単語学習以外にもTOEFL攻略のためにやらなければいけないことはたくさんあります。

次の記事はこちら
TOEFLの選択肢問題をどのように解くか。選択肢消去法POEの解説