TOEIC800点のメリット、英語力のレベル、勉強方法、必要時間について

(2019年10月更新)

英語力を測る試験として、日本人に最も人気のある試験の一つに、TOEIC L&R試験(以下 TOEIC と略します)が挙げられます。TOEIC L&R試験では「英語を聴く力(Listening)」と「英文を読む力(Reading)」の2つを測定し、最高得点は「990点」です。

英語学習者の中にはTOEIC L&R試験で800点以上の高得点の取得を目標にしている人も多くいると思います。しかし、TOEIC800点の英語力が具体的にどのくらい英語力なのか、そして800点を取得することでどのような利点があるのか知らない方も多いと思われます。

そこで今回の記事では、TOEIC L&R試験で800点を取得する利点、800点がどれくらいの英語力なのか、800点に到達するための勉強方法についてご紹介します。この記事を読むことにより、TOEIC800点レベルの英語力に対するイメージが明確になり、モチベーションの向上にも繋がるでしょう。

TOEIC800点を取得するとどういう良いことがあるのか

最初にTOEIC800点を取得する利点について、大学生と社会人に分けて紹介していきます。

【大学生の場合】

大学生にとって、最もTOEIC L&R試験スコアを有効活用できるのは、就職活動時です。

一般的に、就職活動の際に履歴書に書いて評価される点数はTOEIC600点以上からと言われています。

2013年には、上場企業の約7割が、新入社員採用の際にTOEICのスコアを参考にしており、その上565点以上のスコアを期待しているというデータが出ています。

 

2013年時点で約7割の企業が採用時に「TOEICスコアを参考にしている」と回答
(引用元:「上場企業における英語活用実態調査2013年」報告書

就活前の大学生が、TOEIC L&R試験で800点を取得していれば、企業からの期待値を大きく上回れるケースが多いので、ぜひ大学生のうちに800点以上のスコアを獲得しておきましょう。

ただし、競争倍率が高い、人気企業である商社や外資系企業においては800点が足切りラインになっていることも有ります。この場合は800点を獲得していることを前提に、その他の強みを提示していく必要が有ります。

【社会人の場合】

社会人の場合、会社内での「異動・昇進・昇格」の際に、規定以上のTOEICスコアを求められることが多いと考えられます。

 

上記の写真にある通り、2013年時点で中途採用社員に期待しているTOEICスコアは710点というデータが出ています。そのため社会人にとっても、TOEIC800点は、自身の能力をアピールする上での武器になり得るのです。

逆に「英語力の低さ」を理由に人員解雇を進める企業もあるため、そのために必死になってTOEIC800点を獲得する必要がある、という話も定期的に聞きます。日本国内で業務が完結している企業であれば、今後もそういったことは起こりえませんが、「主な売上先が海外市場に依存している企業」「外資系企業の日本法人(現地法人)」の場合は、一定以上の英語力があることが自身のキャリアにおけるリスクを減らすことに繋がります。

また、英語力と年収は比例する傾向に有ります。つまり、TOEICの点数を上げれば収入も上がるということです。英語を学ぶことで収入アップに直結するのであれば、学ばない手はないでしょう。

私自身は製造業に勤めていた経験から、「担当する市場の大きさに収入は依存していくのだな」という実感が有ります。つまり、「小さな国内市場だけを相手に商売する」のと「世界の市場を相手に商売する」ので、その「売上の大きさ」と「利益の大きさ」が全然違うということです。

TOEIC800点の英語力とは

TOEIC L&R試験で800点以上に到達すれば、英語力はどれだけ高い水準に到達できのでしょうか。英語初心者にとっては英会話はもちろんのこと、英字新聞で情報収集することや、英文メールでのやり取りも容易に行えるというような「英語ができる人」を想像することが多いと思います。

しかし実際のところ、TOEIC800点に到達した人たちの多くはまだまだ自分自身の英語力は高くない、と感じている人が大多数です。また、TOEIC800点程度の英語力では、英語に馴染んだ帰国子女や海外で既に働いている人からすると「英語ができる」という水準には程遠いと厳しい意見もあるようです。

 

以下に具体例を上げてTOEIC800点がどれくらいの英語力なのかをまとめました。

TOEIC800点は大学入試においては、難関の国立大学・私立大学に一般入試で入った学生たちの中でも特に英語が得意な学生たちが到達している水準です。

例えば、大学受験の最高峰である東京大学の文系学部・院生の平均スコアがTOEIC800点で、理数系だと703点まで落ちます。東京大学・文系院生の点数平均がTOEIC800点です。受験英語レベルで見ると、やはりTOEIC800点というのはかなりの難度であることが分かります。

[参考] 東京大学消費生活協同組合

 

さらに、企業の国際部門で活躍するビジネスパーソンの平均点である679点(企業が期待するスコアは655〜855点)を、100点以上上回る点数です。2012年から英語公用語化して話題となった「楽天」では、社員のTOEIC平均点は2010年と比べて526点から794点へと向上し、ほぼ800点近い点数になりました。

TOEIC800点レベルの英語力とは、高校で学ぶ英文法・英文読解といった基礎的な内容を確実に身につけ、理解できる水準です。そのため英語学習用の参考書に限らず、時間をかければNative English Speakerが読む英字新聞や洋書なども理解できます。

基本的な聴き取り能力もあり、ゆっくりであれば、あまり馴染みのない分野の英語であっても、耳で聴いてそのまま理解することが可能です。馴染みのある分野、内容であれば、テレビ・ラジオ・映画といったNative English Speakerが普段話すそのままの英語であっても、単語や表現を聴き取ることができ、なんとか全体の意味を推測できます。

なお、本当に英語力が高い日本人英語学習者の場合、無対策でもTOEIC800点には到達できます。

TOEIC800点の内訳(Listeningパート400点、Readingパート400点の場合)

TOEICは、英語の聴き取り能力を測る「Listeningパート」と英文読解能力を測る「Readingパート」に分かれています。

「Listeningパート+Readingパート400点=TOEIC800点」とした場合、TOEIC800点レベルの英語力は以下のようになります。

TOEIC Listeningパート 400点レベルとは

Listeningパートで400点を取得している人の場合は英語を日本語に訳すことなく、英語のままで理解することが可能なレベルです英語を英語のままで理解できない、日本語に逐一置き換えて聞いていると、少し速く英語を読み上げられると、まるで聴き取れなくなってしまいます。

職場でNative English Speakerの同僚がゆっくりと、しかも馴染みのある分野(仕事)について話してくれれば、議論に参加できるレベルです。英語で話す練習をしたことがない人はなかなか話に入るのは難しいですが、話している内容は自分がよく知っている分野であれば理解することはできます。

職場以外の日常的な場面においては、一対一の会話であれば、相手がゆっくりと言葉を選んで話してくれるのであれば、聴き取れます。ただし、「自分がよく知らない守備範囲外の分野」「砕けた表現」「早口」のいずれかの要素が加味されると、英会話は理解出来ません。

他にもTOEIC Listening PartのPart3を例に挙げると、自分が苦手なよく知らない場面の英会話が来ると、全然聞き取れずにその問題が終わってしまいます。試験を受けた経験による消去法によって3問中の1問か、2問は正解に繋げられるかもしれませんが。

TOEIC Readingパート 400点レベルとは

Readingパートで400点取得できている人は、英文法・英文読解の基礎を習得しています。そのうえで、仮定法、分詞構文、WouldやCouldなどの丁寧表現の使い分けなど、難易度の高い英文法表現もしっかり理解しています。

そのため、Readingパートに出題される問題を、正確かつ速いスピードで解くことが可能です。900点を突破するために必要になるReading Part 450点の点数もReading Partの参考書を3~5冊こなしてやり込めば、450点以上に到達出来ます。

職場においては、社内の英語資料を読み解くことができ、業務に必要な文章を読んで理解できるレベルです。業務に関連する内容であれば、インターネットから必要な情報を、英語で入手することもできるでしょう。

Reading partの点数が400点以上ある人の場合、あと必要になるのはどれだけたくさんの英文を読み込むか、ということだけです。

私は多くの英語学習者を見てきましたが、Reading Partの点数が高い方にはしっかりとした安定感を感じます。この人達は今後も着実に英語力を伸ばしていくな、と接する度に思います。

TOEIC800点と言ってもその英語力には大きな差がある。

TOEIC800点と言っても、Listening Part 満点近く(480~495点)、Reading Part 350点以下の人の場合は英文読解にかなりの課題があるので、英文読解はまだまだ十分には出来ないです。そして、ここから先、TOEIC 860点、900点といったさらに高い水準にはなかなか到達出来ません。Reading PartはListenig Partに比べて点数が伸びにくいので。

逆にListening 350点、Reading 450点というようにReading Partの点数が高い人であれば、それほど時間をかけずにTOEIC900点に到達出来ます。

他にも、TOEIC L&R試験に特化した勉強で800点に到達した人の場合、TOEIC L&R試験に出てこない英単語については全然聞き取れないです。大学受験向けの勉強をして学術英語を学んだり、英会話の学習を通じて砕けた日常英会話の表現を学ぶ。TOEIC L&R試験特化の英語学習ではこういった分野の英語については学べませんので、当然TOEIC L&R試験以外の英語はほとんど聞き取れないです。

このように「TOEIC800点」と一口に言っても、その内実は色々で英語力に大きな差が有ります。

TOEIC800点台のスピーキング力

TOEIC L&R試験はListeningとReadingの試験であるため、TOEIC800点と言っても「英語で話す訓練」を受けたことがない人であれば、当然全く、全然話せません。TOEICの試験対策に加えて、英語で話す訓練・レッスンを受けてはじめて、英語で話すことが出来るようになります。

ただし、現時点でまったく英語が話せない人でも、TOEIC800点を取れるだけの英語力があるのであれば、1〜3ヶ月話すための練習をすれば、最低限の英会話はできるようになります。一方、TOEIC600点の人が同じように英語を話せるようになるには、3~6ヶ月の期間は必要です。TOEIC L&R試験で受動的な英語力(聞く・読む)を高めておけば、後々発信型の英語力(話す・書く)を身につけることは容易になっていきます。

英語を話す速さに関しても、TOEIC700点台の人の場合、「若干遅い」「反応が遅い」という印象を受けます。が、800点以上の人であればゆっくりではありますが、違和感を感じさせない速さで英語を話せるようになります。

アメリカ・オーストラリア・カナダ・イギリスなど、英語を第一言語にする国への語学留学を考えている方に「TOEIC L&R試験で800点以上になってから留学するのがおすすめ」といっているのは、この「反応が遅い」状態を脱するだけの基礎力を身に付けてから留学した方が、学習効率が良いと考えているためです。

また、TOEIC800点のレベルに到達できる向学心のある人であれば、話し相手が使った表現、目についた英語表現で使えるものがあれば逐一自分の中に必要な表現を取り込んでいけます。英会話や英文の中で新しい英語表現に接したならば、忘れずにメモを取り、すぐに自分自身の血肉にしてさらなる高みを目指しましょう。あなたはすでにその水準に到達していますので。※Reading Part 400点未満の人の場合はまだ英文法の知識に漏れがあるので、これが出来ない可能性は有ります。

TOEIC800点レベルを目指す勉強法と参考書

TOEIC800点を取得するためには、以下の能力を向上させる必要があります。

1. 英文法

2.英文読解

3.リスニング

順番に説明していきます。

1. TOEIC800点を狙う学習法の大前提

ここからの学習法に関しては、TOEIC L&R試験で現時点で600点前後、またはReading Partの点数が250点以上の方々を対象にして記します。もし現時点でこの点数に満たない場合は、「TOEIC L&R試験600点を目指す記事(現在書き直し中。近日中に公開します)」を先に参考にしてください。

また、TOEIC L&R試験で早期に800点に到達したい場合には、TOEIC L&R試験の対策に絞って英語学習を行うのが最短です。時間的に余裕がある人だけ脇道の英語学習を行っても良いです。

あと、予算的・時間的な都合もあるでしょうが※、TOEIC L&R試験は可能な限り多くの回数を受験し続けてください。試験を受ける度に自分自身の課題を突きつけられることは学習意欲を高めるのに役立ちますし、また毎回の試験で2時間真剣に勉強する機会を得られますので。※地方の人だとさらに受験回数の制限もありますね…。

2. まずは英文法から

TOEIC L&R試験で800点に到達するためには、高校で学ぶ英文法をもれなく理解しておく必要があります現時点でReading Partが300点以上の方に関しては英文法の理解が一通り理解出来ていると考えて良いです。ただ、もしかしたら理解漏れがあるかもしれません。その場合でも「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。」に着手ください。

 

【学習方法】「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。

目次を一通り見て、不明点、理解があやふやな項目だと思えるものに絞って、最低2周してください。

取り組むと決めた項目に関しては、解説を読み込み、「音読2回+リスニング2回」の1セットを最低5回(理解があやふやな場合は10回以上が望ましい)、それを2周してください。

理解が曖昧な項目に関しては、別冊の回答英文を、リスニングCDを使って聴きこんでください。リスニングCDの音源を必ず聴き込んでください。手持ちのスマートフォンかデジタルオーディオプレーヤーに音源を入れて、学習と移動時間に聴き込んでください。

コツとしては、完全に丸暗記することよりも、理解することを優先して読み進めるのが効果的です。この英文法の本だけで、完全に学んだ内容を定着させることは出来ません。これから後に紹介する英文読解の本を読みながら、本書で学んだ内容を定着させていきます。

英文法の不明点を調べる辞書的な教材、Forestと1億人

高校英文法をひとつひとつわかりやすく。の学習が終わった後の学習においても英文法で不明な点があるかもしれません。その場合には、都度不明点を調べられる「英文法の辞書」となる教材を利用しましょう。

教材としては次の2冊を紹介します。

「総合英語Forest 7th Edition」

 

「一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法」

 

どちらの教材を選んでも良いので、英文法で不明点がある際にはその都度、不明な項目について調べるようにしてください。ただ、そもそも何が分からないのかすら分からない状態、どの項目について調べて良いのかすら分からないということであれば、すでに紹介した高校英文法をひとつひとつわかりやすく。を最初から一通り読み返すようにしてください。

3. 語彙を増やす。英文読解

英文法を一通り抑えたら

 

 

英文法理解

 

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

⇒高校英文法について一通り不明点がないか確認するための参考書です。

特に不明点がない場合(Reading part300点以上の人が該当)、本書にはあえて取り組まなくても良いでしょう。

 

 

TOEIC対策用の参考書

1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック! これなら続けられる英語の筋トレ

1日1分! TOEIC L&Rテスト千本ノック! (祥伝社黄金文庫)

一点注意事項を挙げると、上記の参考書は解きっぱなしにしてはいけません。

解けなかった問題は必ず解説を読み、どうして解けなかったかを、しっかりと理解しましょう。

英文法の理解が曖昧だったのであれば、参考書の該当箇所を読み返し、100パーセント理解できているか確認します。

文法を理解した上で、繰り返し音読し、リスニング音源を聴き込みましょう。

目安の回数は「1英文あたり、リスニング20回+音読10回」で、これを2回繰り返します。

すなわち「1英文あたり、リスニング40回+音読20回」行いましょう。

音読&リスニング学習を通じて、英文法の理解がさらに深まることに加えて、試験問題のパターンに慣れることができます。

そうすれば、問題を目にした瞬間に、ほぼ自動的に答えを見抜くことができるようになります。

数多くの問題集に手をつけるのではなく、ここで紹介している参考書を着実に仕上げましょう。

紹介した英文法教材には、すべて復習用のリスニング音源が付属しているため、通勤・通学時間に完全に暗記できるようになるまで聴き込んでください。

2.TOEIC800点を狙う リスニング・英文読解の勉強法

リスニング・英文読解の精度を上げるためには、まず英文を読むこと自体に慣れることと、英語の語彙を増やすことが必要です。

いろいろな読解問題集に手を出すよりも『公式TOEIC Listening & Reading問題集 4』と『公式TOEIC Listening & Reading問題集 3』の2冊を使ってください。

この2冊の公式本で4回分の模試をやり込むだけで、TOEIC800点に到達することは可能です。

この2冊が難しく感じる人の場合には、下記の3冊を必要に応じて使用してください。

Listening Partが300点に満たない人向け

【TOEIC LR試験対策】公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

Reading Partが300点に満たない人向け

【英文法】TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義

英文法の不明点を本書で確認した後に、プラチナセンテンスと巻末にある英単語を、音読とリスニングでやり込み定着させましょう。

英文法対策と同様に「1英文あたり、リスニング20回+音読10回」を2回繰り返してください。

特に現時点でReading Partが300点未満の学習者は、本書を十二分にやり込みましょう。

【TOEIC LR試験対策】TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題

英単語力に不安が有る方向けの英単語帳

【TOEIC LR試験対策】【語彙力アップ】TOEICテスト英単語 出るのはこれ!

⇒特にReading Partの点数が低い人に有効です。

1日50~100個の英単語の暗記を行い、完璧に覚えなくてもいいので、何周もするようにしましょう。

その際に、リスニングファイルを必ずダウンロードして、聴きこんでください。

これら参考書に登場する、すべての英語表現を暗記するくらいに繰り返し解きましょう

一文一文を品詞分解し、知らない単語・英文表現は必ず辞書もしくは参考書で調べてください。

3.TOEIC800点を狙う 多読・多聴の勉強法

参考書の読み込みが一段落した時点で、多読・多聴学習にも着手しましょう。

TOEICテスト新公式問題集で使用していないVol.5以前のものを、片っ端から読み、リスニング音源を聴くことにより、未知の英文を理解する能力を高めます。

教材としては、英語書籍やPodcastでビジネス寄り、もしくはそれほど砕けていない日常英会話表現を取り扱っている教育系のものがおすすめです。

例えば、朝日出版社から出版されているCNN English Expressであれば、そんなに負担にならずに、適度な息抜きとして英語に触れられるでしょう。

 

CNNニュース・リスニング2018[秋冬] ※年に2回発売されます。

他にも900点を目指す人であればNHK英語教材で最難関の実践ビジネス英語に着手されても良いかもしれません。

難易度は非常に高いですが、最先端のビジネス事情や洒落た会話表現について学べます。

TOEIC LR試験向けではない内容も含まれますが、『ポリグロッツ(POLYGLOTS)』や『VOA』といった、ニュースアプリで気になるニュースを読むのもいいでしょう。

また、全世界300万部の児童書「ワンダー(原題:wonder)」を多読・多聴の教材として読むのもオススメです。

(書籍)ワンダー(原題:wonder)

(オーディオブック)ワンダー(原題:wonder)

書籍と一緒にオーディオブックを一緒に買えば、リスニングの練習をすることもできます。

「TOEIC LR試験向け参考書を使った精読」と「興味が持てる教材を使った多読」を交互に繰り返すことにより、語彙を増やし、英文を読むこと自体に慣れます。

それによってより速く、かつより正確に英文を読み、聴けるようになります。

TOEIC800点を取得するのに必要な学習時間

目標のTOEICスコアに到達するまでにかかる学習時間のデータを出しています。

以下の表をご覧ください。

 

現時点でTOEIC600点の人が800点に到達するためには「750〜900時間」英語学習に時間を割く必要があります。

TOEIC800点レベルを目指す人達へ

TOEIC800点到達の必要条件は「長時間勉強すること」です。

私自身もなかなか800点の壁を超えることができず、700点台で停滞していた時期がありました。

でも、ある時期に集中して長時間の英語学習を行うことで、800点の壁を突破することができたのです。

「座学1時間、リスニング学習3時間」を毎日行えるのであれば、現時点でTOEIC600点の人であれば、半年以内に800点に到達できることでしょう。

TOEIC800点という大きな壁を超えるために、英語学習を優先できる人生の時間配分を行ってください。

時間をかければ必ずTOEIC LR試験で800点以上に到達できます。

この記事を書いた人

@HAL_J ※英語学習に関する有益な情報を発信しています。もし良ければフォローください。コメントいただければ相互フォローします。