英語力が一番伸びる語学学校

ワーホリ必勝プランについて

本気留学サウスピークでは、ワーキングホリデー後の就職・転職活動を見越したキャリア設計を含めたトータルサポートをフィリピン留学中にできるワーホリ必勝プランを開設しました。

ワーホリに挑戦したい方が当プランに参加する大きなメリットは以下の3点です。

  1. ワーホリの事前準備が充実している
  2. ゼロ英語からでもスタートできる
  3. ワーホリ後のキャリアにつながる

ワーホリ前に本気留学サウスピークで三ヶ月以上しっかり学習して、一生に一度のワーキングホリデーを失敗させないプランです。

本気留学サウスピークの「ワーホリ必勝プラン」 【絶対に成功させるワーキングホリデー】

続きを見る

※無料でオンライン・新宿・大阪で開催しております。

無料オンライン説明会に申し込む

ワーホリ必勝プランに申し込む

ワーホリの目的から選ぶ

オーストラリア情報

カナダ情報

ワーホリ準備

ワーホリ体験談を読む

新着記事

カナダ

2020/2/7

給料をもらうために必要!「Social Insurance Number」の取得方法

出典:カナナビ Social Insurance Number(以下、SIN)とは、社会保険番号のことです。この番号がないと、雇用主は給料を支払うことができません。カナダで働く場合は必ずをSIN番号を取得し、雇用主に提示する必要があります。 手続き自体は簡単で、発行手数料は無料です。手続きをした後、その場でSINナンバーが記載された書類をもらうことができます。 ※カナダ入国後でないと申請ができません。 申請方法 SINナンバーを申請するには、最寄りのService Canadaオフィスに行き、申請書を記入 ...

ワーホリ事前準備 人気記事

2020/3/11

海外に行けば英語が話せるようになるなんて嘘。ワーキングホリデーに最低限の英語力とその勉強方法

「海外に行けば英語なんて話せるようになる」 漠然とそう考えている人も多いと思いますが、これは本当なのでしょうか? 多くの海外留学経験者、海外生活をしている日本人の経験から、これは実際のところこれは半分嘘で半分本当です。 というのも英語力の基礎がある程度ある人であれば、海外に住んでいれば簡単なコミュニケーションを取れるようにはなるのですが、たいていの人のように英語力の基礎もまったくなく、どのように学習していけばいいのかわからない人は、海外に住んだだけでは英語を話せるようにはなりません。 しかも1年間という短 ...

ワーホリ事前準備

2020/2/7

働くために必要!「IRDナンバー」の取得方法

IRDナンバーとは、ニュージーランドの税務局(Inland Revenue Department)が管理する、ニュージーランドの納税者番号です。ニュージーランドで働く際には、IRDナンバーを取得する必要があります。 IRDナンバーを取得するには、税務局に必要書類を郵送する必要があります。書類に必要事項を記入した後、内容に誤りがないかを確認するために、最寄りの郵便局に行き、内容を確認してもらった後に郵送する方法が一般的です。 2週間ほどでIRDナンバー申請用紙に入力した住所に届きます。 IRDナンバーの申請 ...

ワーホリ事前準備

2020/2/7

ワーホリ準備・現地情報

ワーキングホリデー情報 ワーキングホリデーとは何か。ワーホリの制度について解説いたします。カナダ・オーストラリアの語学学校生活。実際に通った生徒に聞いてみました。ワーキングホリデー前に必要な初期費用とは?100万円はワーキングホリデーの準備金として十分?パスポートの取り方ワーキングホリデー向けオーストラリア・カナダへの航空券の取得方法ワーキングホリデーでのお金の持っていき方ワーキングホリデーにおいての海外旅行保険の選び方ワーホリ前に済ませておく公的手続きワーキングホリデー中にオーストラリア、カナダ、NZで ...

ワーホリ事前準備

2020/2/7

ワーホリ前に済ませておく公的手続き【海外転出届・国民健康保険・国民年金】

ワーキングホリデーに行く前には、海外転出届の手続きを申請することが一般的です。 海外転出届を申請すると、住民税や国民年金の支払いが免除されます。 しかし、一方で年金が満額受給できなくなるなどのデメリットもあります。 個人の状況によって、海外転出届を出したほうが良いかどうかは異なりますので、そのメリットとデメリットを比較した上で判断してください。 ここでは、海外転出届を出した場合に住民税や国民年金がどのようになるのかについてまとめました。 海外転出届とは 長期(一般的には1年以上)国外に滞在するときは、役所 ...

新着記事一覧

ワーホリ必勝プランをサポートしていく人

カナ(メルボルン・ワーホリ経験者)

大学卒業後、フィリピン留学で英語力を向上させてから、オーストラリアのメルボルンにてワーホリを経験しました。

現地では、ローカルレストランやオーペア(ベイビーシッター)、ローカルマーケットの販売員など、さまざまな職種での職務経験があります。わたしも渡航前は不安だらけでしたが、やはり英語力は事前に上げていって正解だったと実感しております。

みなさんのワーホリライフがより実りのあるものになるように、サポートさせていただきます。

ヘイタ(バンクーバー・ワーホリ経験者)

2016年に30才のギリホリでバンクーバーに渡航しました。最初は日本食レストランで働き、途中からはローカルレストランでスーパーバイザーをしていました。

また、ワーキングホリデー期間の後半には、フードバンクという貧困層の方に食事を提供するボランティアワークにも挑戦し、海外ならではの経験を積んできました。

カナダはワーキングホリデーの人気渡航先のひとつですので、カナダの準備をされる方のサポートをしていきたいと思います。

トク(シドニー・ワーホリ経験者)

2017〜2018年にオーストラリア・シドニーでワーキングホリデーを経験しました。JAMS.TVという現地日系メディアでの編集業務に携わり、記事広告の企画や執筆、取材などをしました。

仕事を通して、数々のワーキングホリデーの方から話を聞く機会に恵まれました。

ワーホリ必勝プランでは、そのときの体験を活かして、より日本人がワーホリで活躍できるようにサポートをしていきたいと思っています。

カンノ(キャリア・アドバイザー・海外就職経験者)

大学卒業、インドネシア・シンガポールの日系メーカーで海外営業に従事、その後フィリピン、日本・東京にてキャリアアドバイザー業務に従事しています。

海外ではたらくことは、自身の経験を積み上げ、可能性を広げる良い機会になります。

20代を海外キャリアに投じた者として、皆さんのお役に当てれば幸いです。

よくあるワーホリに関する質問と答え(Q&A)

Q1. 英語力ゼロの場合、どれくらいサウスピークで勉強した方がいいですか?

ヘイタ

一般的に、ワーキングホリデーでのローカルジョブのエントリーレベルはTOEIC800点といわれています。

ですが、実際にはTOEIC400点未満のレベルで渡航する人が多く、中にはアルファベットのA〜Zまでを言えないという人も一定数存在します。

サウスピークはTOEIC600点以上を取得してから、ワーキングホリデーに渡航することを推奨しています。

文法知識や必要最低限の単語を覚えてから渡航することで、現地の生活で英語力を伸ばしやすくなりますし、職業選択などの幅が広がります。

まずはTOEICを受験していただき、現時点のレベルに合わせて英語学習時間シミュレーターで、必要な英語学習時間を算出してみましょう。

Q2. ワーキングホリデーのビザ申請代行をお願いしたいのですが、なにか条件はありますか?

カナ

卒業までに専用のフォームにて情報を送信いただき、卒業後4週間以内に必要書類を用意していただくことが必要になります。

また、申請代行費用は無料になりますが、申請費用の450豪ドルをお支払いいただきます。

通常、オーストラリアのワーキングホリデービザは、1週間以内には発給されますが、指定病院での健康診断などが必要になる場合がありますので、サウスピーク留学前に申し込まれることを強くおすすめしています。

Q3. まだワーキングホリデーを使って渡航するかどうか悩んでいるのですが、プランに申し込みはできますか?

カンノ

問題ありません。実際に、ワーキングホリデーを検討中の方でプランに参加されている生徒さんは少なくありません。

ワーキングホリデーの目的や目標を考えたり、実現に向けて必要なことを棚卸しするところから、ワーキングホリデー・コーチがサポートさせていただきます。

Q4. ワーホリ渡航先でのホームステイや語学学校、仕事などの斡旋サービスはありますか?

トク

ホームステイや語学学校、仕事などの斡旋サービスはありません。

しかし、年間150名以上もの方がワーキングホリデープランを利用されていますので、ネットワークを使ってリアルな口コミを聞くことはできます。

また現地に拠点を置く、信頼できる留学エージェントの紹介も可能です。

Q5. ニュージーランドに渡航予定ですが、プランに加入することはできますか?

ヘイタ

もちろん可能です。

現時点では、オーストラリアとカナダにワーキングホリデーで渡航される方をメインにカリキュラムを設計しておりますが、基本的な部分は同じなので、ニュージーランドのワーキングホリデーにも活かすことができます。

Q6. 週末カフェインターンを受けると、ワーキングホリデーでバリスタになれますか?

カナ

未経験から週末カフェインターンのみでは、バリスタになることは難しいです。

カフェインターンをきっかけにして、そこから自主練習を積んだり、ワーキングホリデー渡航後もインターンなどで実戦を積むことで実現可能となります。

オーストラリアもカナダもコーヒー大国です。

コーヒーの知識を持つことで、現地での生活が豊かになり、そこからローカルの友人ができる可能性もあるので、バリスタ志望以外の人にもぜひ体験してもらいたいと思います。

Q7. 現地の語学学校に通うことを検討していますが、どれくらいの期間で申し込みをすれば良いでしょうか?

トク

サウスピーク以上に日本人の英語力向上に特化した教育期間はありません。

英語力を伸ばすことが目的であれば、サウスピークでの留学期間を見直すことをおすすめします。

中級者以上(TOEIC 600点以上)で、留学生やワーキングホリデーの友達をつくりたいという場合は、2〜4週間の期間で検討してはいかがでしょうか?

Q8. サウスピーク留学後に、直接ワーキングホリデーに行くことはできますか?

カナ

ワーキングホリデービザの申請が完了していれば直接渡航することも可能です。

オーストラリアやニュージーランドに渡航する場合は、セブ島からの方が距離が短く、航空券代を節約できる可能性が高いです。

習った英語を忘れないうちに実践で使えるように、日本帰国を挟まずにワーキングホリデーで渡航することをおすすめしています。

Q9. 具体的に、どのようにワーキングホリデーをキャリアにつなげていくのですか?

カンノ

ローカルジョブとインターン(またはボランティアワーク)です。

ワーキングホリデーの成果を説明するための公式は、『英語力×実務能力×異文化適応能力』です。

ローカルジョブとインターンをすることで、これらの必要な要素を高めることができると考えています。

どのような道筋で、ローカルジョブとインターンを見つけていくかに関しては、セミナーで紹介していきます。

無料オンライン説明会に申し込む

ワーホリ必勝プランに申し込む

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.