2019年4月からカナダのトロントでワーホリをしているちゃこです。

私は2018年の9月から4ヶ月間、サウスピークに語学留学をしていました。そして縁があってこのように記事を書かせていただいています。この度、サウスピーク同窓会をトロントで開催することができました! 

本記事ではサウスピーク同窓会@トロントの様子を紹介します。

サウスピーク同窓会 参加者紹介

今回の同窓会は、私を含め計3名で行いました。

  • Bさん

私とほぼ同時期にサウスピークへ留学し、2月からトロントでワーホリをしています。現在スターバックスの店員として働いています。

  • Mさん

約3年前にサウスピーク留学。そしてトロントへワーホリで入国し、会社のインターン、正社員という流れを経て、トロントの永住権を取得しています。

サウスピーク同窓会で行ったお店の紹介

今回はトロントの永住権を持っているMさんおすすめのお店「P.J.O’Brien」に行きました。

ここではおいしいアイルランド料理をいただくことができます。トロントは移民国なので各国の料理屋があり、レストラン巡りも楽しいです。しかし、本当にレストランの数が多いので、現地に住んでいるレストランに詳しい方に紹介してもらえるとありがたいですね。

どのようなレストランか気になるという方は、P.J.O’Brienの公式ホームページで情報をチェックしてみてください。

地図はこちらです。

3人で話した話題の中で、印象に残っているトピック

今回永住権を取られた方がいらっしゃったので、どのようなプロセスが必要かを伺ってみました。

Mさんが永住権を取得された過程はこちらの通りです。

【ワーホリ中】

インターン→正社員
ワーホリビザが切れる前に、会社の人に就労ビザを取得してもらえないか相談

【ワーホリ後】
就労ビザを発行してもらい、そのまま正社員として勤務

永住権獲得

Mさんが永住権を取得されるまでのさらに具体的な流れは【海外移住を目指す人へ】ワーホリ中に就労ビザを獲得したKotaさんが、カナダでの永住権を取得するまでをご覧ください。

私や同時期に留学していたBくんは今トロントに来て4~6ヵ月です。まだトロントのことについて知らない上「さらにトロントに滞在したい!」と思っているので、とても興味深いお話でした。

そのほか、ワーホリという経験を経て今後どのような人生を送りたいかについても話し合いました。

私たちのようにワーホリをする人は、将来どのような道を選ぶかは自由です。日本に帰るという選択肢もあれば、英語力を生かして海外への滞在を続けること、自分でビジネスを立ち上げることもできます。

その中で海外での滞在延長を考える方も多く、その夢を叶えれば一旦落ち着いてしまいがちです。しかし、Mさんのようにカナダで永住権を獲得された方も「来年転職してもっとトロントの会社事情を知りたい」とおっしゃっていて、挑戦することには終わりがないと改めて感じました。

※ワーホリを終えた方の進路については、ワーキングホリデー帰国後の就職活動における現実と、就職を有利にするために必要なこととは?をご参照ください。

ワーホリ中の英語学習について

私もBくんも現在ローカルのお店で働いています。ですから職場での会話は完全に英語です。それに加えて通勤時間で単語帳を見たり、早起きをしてサウスピークの4Sの授業と同じ勉強方法で学習を続けたりしています。

サウスピークの4S(4 Skills Lesson :4技能向上レッスン)
  • サウスピークの名物授業の1つ。英語で読む・聞く・書く・話すの4技能全ての向上を目指し、英語表現を覚えたり、リスニング・音読を繰り返したりすることで新しい英語表現を定着させ、実際に使えるようにしていきます。詳しくは、4 Skills Lesson (4技能向上レッスン)を読んでみてください。

英語学習についてBさんは「文章を早く読めるようになりたい」という悩みを持っていたとのことです。これに対し、永住権・IELTSオール6.0以上を持っているMさんが勧めたことは「本を読むこと」。

実際にMさんがおすすめされた本はこちらです。

TOEIC600程度ないと読むのが少し辛いそうですが、ストーリーがおもしろいため、サクサクと読めるそうです! 英語の勉強に疲れた方はこういった方法で英語に触れるのも気軽でいいですね! 

サウスピーク同窓会@トロントを終えて

今回初めてトロントでサウスピークの同窓会を行いました。3人と小規模の同窓会になりましたが、同じタイミングでサウスピークで留学していた方や全く違うタイミングで留学してた方とこのように出会うことができたこと・情報交換ができたことはすごく実りのある時間になりました。

また、サウスピークへ「本気留学」したメンバーの同窓会ですので、英語学習に関して貪欲です。

トロントで生活しているだけではもちろん英語は上達しません。そのように頭では理解していても、実際にモチベーションを高く維持することは難しいです。このようなときに、英語学習にコツコツ取り組んでいる仲間と話すことで、これからも頑張ろうという気持ちをもう一度持つことができました。開催してよかったと思います。

次回のサウスピーク同窓会トロントのお知らせ

次回のサウスピーク同窓会@トロントは2019年12月~2020年1月に行う予定です。

サウスピークに留学していた人の中で現在トロントへ滞在中の方は、是非サウスピークスタッフ・もしくはサウスピークFacebookのワーホリ情報共有グループを訪ねてください。
※卒業生の中で”Facebookサウスピークワーホリ部(非公開)”への参加を希望される場合は、サウスピークのスタッフへ声をかけてください。

【執筆者】

京都生まれ・京都育ちのちゃこです!完全ゆとり世代×高卒のノースキルですが4年半務めた会社を去り、セブ留学→カナダワーホリ中。為せば成るをモットーに色々なことにチャレンジ!ブログ:為せば成る。をモットーに!Twitter:@chakon_0903

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。