英語力が一番伸びる語学学校

コラム

ワーホリの求人を見つけるには? 使える求人サイトや仕事探しの方法【オーストラリア・カナダ】

ワーホリに行く方の多くが、現地で仕事をします。

ワーホリの目的に「英語を使って働きたい」「海外で稼ぎたい」といったことが含まれていれば、条件のよい仕事をしたいですよね。

とはいえ、ワーホリで初めて海外へ行く方はどのように現地で求人を探したらよいか不安があると思います。

ワーホリ先で仕事を探すためにメジャーな方法の1つが、求人サイトを使うことです。

そこでこの記事では、オーストラリアとカナダで活用できる求人サイトと、それ以外での仕事の探し方や仕事を見つける上での注意点を紹介します。

求人サイトは、現地にいる方だけでなくこれからワーホリに行きたいと考えている日本に滞在中の方も閲覧できます。

ぜひ、この記事を読んでワーホリの求人について情報収集をはじめましょう!

ワーホリする人ができる仕事

はじめに、ワーホリでできる仕事についてお伝えします。

日本人が海外でワーホリをすると、どのような仕事に就くことができるのでしょうか。

インターネットなどでよく見かけるものは、日本食レストラン(通称:ジャパレス)やカフェのスタッフですが、その他にもできる仕事はあります。

以下は、サウスピークの卒業生が今まで働いた仕事の一覧です。

※リンクにしてある仕事をクリックすると、それぞれの仕事の体験談へ移動します。

仕事を探す方法の1つが「インターネットの求人サイト検索」です。

求人サイトは、日本語で書かれたものと英語で書かれたものがあります。

当然、日本語で書かれたものは日本人が日本人へ向けて投稿しているものです。

日本語サイトを使えば簡単に求人を探せる一方で、日本人に囲まれた環境で働く可能性が高くなります。

英語で書かれたサイトは、現地に住む人が活用するものです。

英語サイトを読むには英語力が必須ですが、求人情報は似たような英語表現を使っていることも多く、何度か読むうちに慣れてきます。

それでは、オーストラリアとカナダで活用できる求人サイトを、日本語と英語に分けて紹介します。

オーストラリアのワーホリで使える求人サイト

オーストラリアでワーホリをする人が使える求人サイトは、以下の通りです。

オーストラリアの日本語求人サイト

日豪プレス

引用:日豪プレス

オーストラリア全土の求人を日本語で検索できるウェブサイト。

「オーストラリアでワーホリをする」という方が最初に目にするサイトでもあります。

日本語レストランをはじめ、ファームやマッサージ屋、お土産屋など、日本人向けの求人を検索できます。

求人情報のほか、住まい探しやオーストラリア内でのニュース、各地域の生活に役立つ情報も満載です。

日豪プレス

JAMS.TV

引用:JAMS.TV

シドニー情報に強いウェブサイトです。

こちらも日豪プレス同様、日本食レストランやマッサージ屋のスタッフ、インターンシップなどの求人を探せます。

オーストラリア本土に加え、ワーホリ帰国前の方へ向けた求人(日本やそれ以外の国)も掲載されています。

JAMS.TV

CHEERS

引用:CHEERS

オーストラリアのシドニー情報と記載がありますが、ほかの地域の求人も検索できるCheers。

飲食店だけでなく、美容系(美容師・ネイリスト・マッサージ)などの求人も多い印象です。

さらにCHEERSではファームの求人がほかの仕事と別に紹介されているため、その点に絞って仕事を探したい方には便利です。

CHEERS

GO豪メルボルン

引用:豪メルボルン

メルボルンへ滞在する方に必見のサイトが、GO豪メルボルンです。

大手の日豪プレスには掲載のない情報が載っていることもあるようなので、チェックする価値は多いにあります。

GO豪メルボルン

GO豪アデレード

引用:GO豪アデレード

南オーストラリアのアデレードへ行きたい方は、1度は見ておきたいウェブサイト。

ただ、大手の日豪プレスのほうが更新頻度は高いようなので、他のサイトと併用して使う方がよいかもしれません。

GO豪アデレード

オーストラリアの英語求人サイト

オーストラリアで活用できる英語の求人サイトについて紹介します。

Gumtree

引用:Gumtree

オーストラリアで英語の求人を探すといえば、まずはGumtree。

実は、オーストラリアの他、シンガポールやイギリス版もあります。

求人は、職種別検索や、拠点からの距離での検索もでき、求人数も多いです。

まずは英語で求人を見つけたい方は使ってみるとよいでしょう。

Gumtree

Seek

引用:Seek

Seekも、オーストラリア全土の求人が掲載されています。

企業の求人が多く、ワーホリよりも現地のオーストラリア人向けです。

カフェやレストランの求人もありますが、プログラマーやエンジニアなど、特定の職歴がある方にも向いているサイトとなります。

Seek

カナダのワーホリで使える求人サイト

オーストラリアに続き、カナダのワーホリで使える求人サイトを見ていきましょう。

カナダの日本語求人サイト

e-maple

引用:e-Maple

カナダでワーホリをする多くの日本人が使うサイト。

日本語検索ができるため、スピーディーに簡単に求人を探すことができます。

トロント中心の仕事が多めです。

仕事だけでなく、旅行や語学学校情報も充実しているため、ワーホリ前に1度目を通しておくのもよいでしょう。

e-Maple

ワーホリシロップ

引用:ワーホリシロップ

日本食レストランをはじめ、ツアーガイドなどの観光業、セラピスト系の仕事(美容師・ネイリストなど)、そのほかボランティアの募集も載っています。

日本語で情報収集をしたい方は、1度は目を通しておくことをおすすめします。

ワーホリシロップ

カナダの英語求人サイト

英語でカナダの求人を探すときに活用できるサイトをまとめました。

Craigslist

引用:Craigslist

カナダをはじめ、世界中のアクセスが集まるウェブサイト。

求人のほか、シェアハウスや、ものの売買に関する情報まで知ることができます。

エリアで絞ることもでできるため便利です。

Craigslist

Kijiji

引用:Kijiji

Craigslistに次いで、英語求人が充実しているウェブサイト。

大手の求人からベビーシッターなど個人のものまで幅広く掲載されています。

Kijiji

ワーホリの渡航先を問わず活用できる求人サイト

ここまでは、オーストラリアとカナダの求人を中心に紹介しましたが、2つの国とその他の滞在地でも使えるウェブサイトを紹介します。

Linked in

引用:Linked in Canada

Linked inは、世界各国で利用されている、求職者と会社を繋げる求人サイトです。

実績やプロフィール次第では、企業側からオファーをもらえることもあるそうです。

Linked in Canada

2019年11月現在カナダでワーホリ中Taigaさんも、映像会社の求人をLinked inで探されたとのことでした。

体験談はこちらです。→「現地で働くためにできることは全て実践!」海外で働く一歩としてワーホリでカナダへ渡航されたTaigaさんの体験談

Indeed

引用:Indeed

日本でも有名なIndeedは、海外でワーホリをする方も活用できます。

求人の数自体が多く、各求人情報が見やすいことも特徴です。

Indeed

サウスピーク卒業生のちゃこさんも、カナダのトロントでIndeedを活用し、求人を探されたそうです。

詳しくは【体験談】英語力がなくても大丈夫!?カナダのワーキングホリデーで仕事を得る方法をご参照ください。

ワーホリで求人サイトを使わずに仕事を見つける方法

ここまでは求人サイトで仕事を見つける場合に絞って紹介してきましたが、インターネットに頼らない仕事探しの方法もいくつかあります。

1.人からの紹介

1番確実な仕事の探し方は、信頼できる人からの紹介です。

知り合いから直接仕事を紹介してもらうことで安心感がありますし、何か問題があった場合も質問しやすいです。

「知り合いの知り合い」などではなく、実際に職場の雰囲気を分かっている人との繋がりで働けるとよいです。

サウスピーク卒業生のMikaさんは、2年間のオーストラリアワーホリ中に5つの仕事を経験されました。

5つのうち3つは人からの紹介で仕事を得たそうです。

詳しい体験談は、オーストラリアワーホリ2年目のMikaさんへ聞いた、5つの仕事体験談 〜仕事探しから時給、英語使用頻度、心構えまで〜をご覧ください。

2.飛び込みでレジュメを配る

日本ではあまり聞きませんが、海外では飛び込みでレストランやカフェへ行き、その場でレジュメを渡すこともメジャーな仕事探しの方法です。

この場合は、店に入ったときにスタッフとコミュニケーションが取れることや、短時間で自己アピールができることが重要となります。

スタッフへレジュメを渡すとオーナーの手まで渡らないことがあるため、できるだけオーナーに直接会うようにしましょう。

3.求人広告や情報センターの活用

街の店舗にある張り紙や、現地のワーホリ情報センター、フリーペーパーなどでも求人情報を知ることができます。

求人サイトや飛び込みでの仕事探しと併用して活用するとよいでしょう。

仕事の探し方から面接・トライアルの一連の流れについて、【ワーホリで仕事探し】ワーホリ中にできる10の仕事と仕事探しの方法5選、面接・トライアルについて解説します!で細かく解説をしています。

実際に働いた方の体験談は、以下の記事を参考にしてください。

ワーホリで求人を探すときの3つのポイント

1.たくさん応募する

海外で仕事探しをしていると、なかなか職場が見つからずに苦戦する場合があります。

しかし、そこで諦めると希望の仕事に就くことはできません。

「落ちるのは当たり前。面接を受けるだけで練習になる」と割り切って数をこなすことも大切です。

2.労働条件を確認する

仕事をはじめる前に、労働時間や残業の有無、給料などの条件を確認しておきましょう。

職場によっては、その国の最低賃金以下でワーホリ労働者を働かせるところもあります。

海外で働くためには、自分の意志を相手に伝えることは重要です。

仕事探しで自分の疑問をはっきり相手に伝えて解決することは、ローカルで働く方にとっては現地の文化に溶け込むための第一歩です。

3.ビザサポートなどの情報は信用しすぎない

「就労ビザをサポートします」と記載している職場でも、一定期間働いた後に「難しいです」と断られることもあるようです。

就労ビザ取得はどの国でも難しくなっていますので、取得したい方は自分でも情報収集をするほうが確実です。

ワーホリでよい求人を見つけるには、英語力があるほうが有利

ワーホリ中は「英語の上達が望める・給料のよい」職場で働きたいと思うのが当然だと思います。

そのような環境で働くために必要なものは、英語力。

オーストラリアのシドニーやカナダのトロントの場合、仕事を選ばなければすぐに日本食レストランで働くこともできます。

しかしそれでは英語を使う頻度が多くありませんし、日本と同じような環境で働くことになりかねません。

職場によっては、日本と同じような上下関係で過酷に働くことが当たり前となっている場合もあります。

そういったところで働かないためには、英語力を上げてローカルの人と共に働ける環境に行くことがベストです。

現地の人と同じ仕事をすることは簡単なことではありませんが、仕事でコミュニケーションを図るうちに英語力も上がり、海外らしい文化を学べることは間違いありません。

ワーホリで現地の人と働くために必要な最低限の英語力は、TOEIC600点です。

TOEIC600点は高校で習う英文法を一通り理解し基礎が固まっている状態で、ワーホリ生活の中では英語で書かれている求人を辞書を引きながら読んだり、英語で最低限の会話ができたりするレベルです。

参考:TOEIC 600点での就職・就活|TOEIC 600点を就職・就活にどう活かすか

TOEIC600点の英語力は、海外で英語を使う仕事に就くための最低ラインと言っていいでしょう。

「海外に行っていきなり英語を使う仕事をすることは不安」という方は、日本にいながら外国人観光客相手に働くこともできます。

それが、リゾートバイトです。

英会話の練習になり貯金もできるリゾートバイトについては、ワーホリ前に経験したいリゾートバイトとは? 3つのメリットと、求人を選ぶポイントをご参照ください。

ワーホリでは求人サイトを効果的に使って仕事をしましょう

ワーホリ中に仕事を探すためには、まずは求人サイトを見てみましょう。

オーストラリアやカナダでは、就きたい職によりさまざまなサイトを活用できます。

それ以外にも現地の人からの紹介やレジュメ配りなどをして仕事を探せます。

ワーホリ中に英語を使って働くために最低限必要な英語力は、TOEIC600点です。

現地で働きたいと考える方は、まずは求人サイトを読んでみることからはじめましょう。

求人サイトの閲覧は、ワーホリへ渡航する前の方、まだ日本にいる方もできます!

求人サイト等で情報収集をしながら、自分が働きやすい仕事を見つけましょう。

サウスピーク本気バリスタコースのご案内

サウスピークでは、ワーホリ中にバリスタとして働きたい方を対象としたコースをはじめました。

バリスタとして働きたいと思っても、知識も経験もなければ仕事を得ることができません。

バリスタコースでは、英語力はもちろん、バリスタとして基本的な知識や技術を身につけます。

詳しくは下の画像をクリックしてください!

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hanae Hirata

Hanae Hirata

元看護師。フィジー留学を終えて、2016年、オーストラリアでワーキングホリデーを満喫する。ワーホリ後、英語力をさらに高めたいと思いサウスピークへ留学。その後も留学中に縁があった日本人経営のゲストハウスなどで働きながら、4回合計1年セブへ滞在。現在はフリーランスとして日本で活動中。

-コラム

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.