英語力が一番伸びる語学学校

オーストラリア

【Wi-Fi完備】朝から晩まで圧倒的に集中して勉強できるシドニーおすすめ図書館 厳選7か所

シドニーで2018年の4月からワーホリをしていたShoriです。

海外でただ生活するだけでは、英語は上手くなりません。

そして英語の上達にはアウトプットだけではなくインプットも非常に重要です。

また、TOEICのスコアアップをワーホリ中に狙っているのであればなおさら自ら知識を取り込む必要があります。

効率的に勉強するためには、集中できる環境が非常に大事だと考えます。

私もシドニーでワーホリをしていた頃、インプットを毎日欠かさず行っていました。

しかし、現地に到着して間もない頃はなかなか英語学習に取り組めませんでした。

なぜなら、集中して勉強できる場所がなかったからです。

私が住んでいた家はシェアハウスであったため人が常にいることが多く、集中して勉強に取り組むことが難しかったです。

近くにカフェもありましたが毎日行くとお金がかかりますし、長時間居座りづらいという欠点がありました。

そこで、よい勉強場所がないかと探して見つけたのが、図書館です。

図書館といえば集中して勉強するにはまさにぴったりの場所ですよね。

実は、オーストリア最大の都市であるシドニーにはたくさんの図書館があり、それらの多くは歴史的建築物や近代的でおしゃれなデザインとなっています。

そこで、今回の記事ではシドニーで集中して勉強できる図書館の情報をまとめてみました。

シドニーには各地区に図書館がありますから、自分のお気に入りの図書館を利用して英語を上達させましょう!

シドニーvs日本 図書館はどのように違うのか

私が考えるシドニーと日本の図書館で大きく違う点は、Wi-Fiを無料で使えることです。

Wi-Fiを使えれば、勉強の幅が広がりますし、それ以外にもパソコンで仕事をする時にも便利です。

また、シドニーの図書館は本を読むだけの場所だけではなく、人々が集まり、楽しめるような場所でもあります。

これから詳しく紹介しますが、ほとんどの図書館にはグループワークができるルームが完備されており、フォトジェニックな内観となっています。

それでは、日本とは違うシドニーの図書館を7ヶ所紹介します。

State library of NSW(NSW州立図書館)

このState library of NSW(NSW州立図書館)はオーストラリアで1番古い図書館です。

博物館のようなデザインは映画の世界に自分が取り込まれたと勘違いさせるほどで、ここが図書館であることを忘れさせます。

メインのルームは壁にびっしりと本が並べられており、開放的で非日常的な空間で勉強する事ができます。

State library of NSW

机もたくさんあるので勉強場所に困らなさそうですね。

メインルームから中に入ると、このようにグループワークができる部屋もあります。

歴史を感じる図書館の中には近代的なデザインのスペースもあります。

メインルームの伝統的な雰囲気と比べると、時代の変化を感じることもできます。また、中にはカフェも併設されているのでコーヒーを飲んで休憩することも可能です。

【営業時間】

  • 平日  午前9時から午後8時まで
  • 金曜 午前9時から午後5時まで
  • 土日 午前11時から午後5時まで

【Wi-Fi】

無料

【場所】

Wynyard Stationから徒歩7分、The Domain の脇にあります。周囲にはシドニー博物館やロイヤル植物館などもあるのでこの地域のみで観光もできます。

Customs House Library

この図書館はCustoms Houseという建物の中にあり、シドニーでも歴史的な建築物の1つに数えられています。

図書館自体は1階〜3階です。

そのほかにも勉強スペースや飲食店があり、勉強に集中するのにはまさにぴったりの環境と言えます。

メインルームはこのように長机が置かれており、黄色の照明がつけられています。広々としているため、とても集中して作業ができそうです。

同じ建物には、図書館以外にもパソコンを使用できるスペースも完備されています。

世界中の新聞を読めるコーナーもあります。

【営業時間】

  • 平日 午前10時から午後7時まで
  • 土日 午前11時から午後4時まで

【Wi-Fi】

無料

【場所】

場所は、サーキュラーキー駅近です。

近くにはオペラハウスもありハーバーブリッジも見渡すこともできます。

港も近く非常に活気があふれ、レストランやバーもたくさんあります。

Fisher Library(The University of Sydney Library)

この図書館はシドニー大学が保有する最大の図書館で、生徒のみならず一般の方にも解放されています。

平日は夜の10時までオープンしているため、仕事終わりでも立ち寄ることができます。

大学の施設なだけあり、座席数も豊富です。

ちなみにシドニー大学の学生であれば24時間利用可能です。

【営業時間】

  • 平日     午前8時から午後10時まで
  • 金曜日 午前8時から午後8時まで
  • 土曜日 午前9時から午後5時まで
  • 日曜日 午後11時から午後5時まで

【Wi-Fi】

登録が必要。身分証と住居を証明できるものを提示します。

【場所】

セントラル駅からブロードウェイの方へ徒歩20分ほど歩いた所にあります。

バスでは、412,438,440,461,M10に乗れば10分ほどで行けます。

Stanton Library

ハーバーブリッジを超えたノースシドニーに位置する図書館です。

ノースシドニーはシティからやや遠く、このエリアからシティの図書館に行くためには公共交通機関を利用しなければなりません。

ですから、このStanton Libraryはノースシドニー周辺に住んでいる方が足を運びやすい勉強場所です。

中にはテラス席とカフェもあり、日差しを浴びながらリラックスして勉強することができます。

地下には個室学習スペースがあるほか、グループワーク室もあります。勉強以外にも団体で作業する時に便利です。

一面ガラス貼りの席もあるので、外の景色を見ながら勉強できます。

【営業時間】

  • 平日 午前9時から午後9時まで
  • 金曜 午前10時から午後5時まで
  • 土日 午前10時から午後5時まで

【Wi-Fi】

使用には登録が必要。身分証と住居を証明できるものを提示します。

【場所】

場所は、ノースシドニー駅から徒歩5分です。

図書館の周辺は閑静な住宅街となっていますが、カフェやレストランもあるので朝から夜まで集中して勉強することができます。

Chatswood Library

シティから電車で20分ほどの商業施設が多くある地域、Chatswoodに位置する大きな図書館です。

外観は近代的なデザインです。

目の前には芝生があるので、勉強に疲れたらそこで休憩することもできます。

また、図書館が開催するイベントも豊富で、IELTSの対策講座なども開かれています。

英語の勉強に一役買ってくれる図書館です。

図書館の隣には、テラス席のあるレストランがあります。

図書館内は非常に広く、たくさんの机があります。

【営業時間】

  • 平日 午前9時から午後9時
  • 金曜  午前9時から午後9時
  • 土曜 午前9時から午後9時
  • 日曜 午後9時から午後9時

【Wi-Fi】

無料。コンセントも完備

【場所】 

Chatswood駅から徒歩2分の位置にあります。

周囲はたくさんのお店がコンパクトにまとまっており、買い物にも便利です。

Green Square Library

ノースシドニーとは逆、セントラル駅から南の方向に1駅のGreen Squareというエリアにある図書館です。

施設のほとんどは地下にありますが、館内には円形の天井が吹き抜けになっている庭園や、ところどころにガラスの天井があります。

そのため、自然光を感じながら勉強することができます。

メインルームには机が数多く設置されているほか、別館のガラス張りの建物には読書や音楽専用ルームもあるので、さまざまな用途での利用が可能です。

庭園側の席に座れば、太陽の光を浴びながら勉強できそうです。

別館ガラス張りの建物2階の読書スペースです。

カラフルな本棚がフォトジェニックですね。

こちらは、音楽ルームです。

なんと、ピアノ使用やギターの貸出も行っています。

使用するには、受付で申請して使用許可を取ります。

メインルームは、天井から太陽光が入る仕組みになっています。

【営業時間】

  • 月曜〜水曜 午前10時から午後7時
  • 木曜〜金曜 午前10時から午後6時
  • 土曜日     午前10時から午後4時
  • 日曜        閉館

【Wi-Fi】

無料

【場所】

セントラル駅から、空港に向かう電車に乗って1駅のGreen Square駅から徒歩1分の場所にあります。

Woollahra Library

Wollahra Libraryはこれまで紹介した図書館とは一味違い、緑が多く散りばめられた作りとなっており、まるで森の中にいることを錯覚させます。

また、館内は非常にデザイン性が高く、特に理由がなくとも訪れたくなるくらいです。

3階には読書や学習専用のフロアがあるので、集中して勉強にも取り組むことができます。

階段のような場所でも読書できます。非常におしゃれですね。

このようなソファー席もあるので、勉強に疲れたらここでリフレッシュできそうです。

コンピュータールームも完備しています。

 【営業時間】

  • 平日   午前9時から午後8時
  • 土曜日 午前10時から午後4時
  • 日曜日 午前10時から午後4時

【Wi-Fi】

無料

【場所】

シティの中心部から324、または325のバスに乗って東に20分、ダブルベイという地域にあります。

シドニーで英語学習をしたら、TOEICも受験して就活に役立てよう!

ワーホリ中に熱心に英語学習をしていると「自分の英語力を評価するものが欲しい」と思う方も出てくるかと思います。

そのような方にぜひ挑戦していただきたいことは、オーストラリアでのTOEIC受験です。

オーストラリアでTOEICを受ける時の受験料は180ドル。

日本で受験するときのの約3倍と高いですが「申し込みは2週間前まで」「結果を1週間で受け取れる」「海外受験という体験ができる」という点では挑戦する価値があります。

2019年後期も、月に1回受験のチャンスがあるようです。詳しくはTOEIC海外受験! オーストラリアでワーホリ中にTOEICを受験するための方法をチェックしてみましょう。

シドニーでお気に入りの図書館を見つけて勉強しよう!

歴史的建造物から、近代的でおしゃれなデザインまで、シドニーには個性溢れる図書館がたくさんあります。

  • State library of NSW(NSW州立図書館):オーストラリアで1番古い
  • Customs House Library:歴史的な建物の中にある
  • Fisher Library(The University of Sydney Library):シドニー大学が保有
  • Stanton Library:ノースシドニー付近在住の人に便利
  • Chatswood Library:図書館主催のイベントが多い
  • Green Square Library:内装が近代的で明るい
  • Woollahra Library:緑が多く、癒し効果抜群

ちなみに、僕の1番のおすすめ図書館はWoollahra Libraryです!

理由は、室内にも関わらず内装にたくさんの緑が散りばめられていて、非常にリラックスしながら勉強や読書をすることができるから。

どうしても勉強などのやる気がないとき、ここに行けばかなり気分転換をして失ったやる気を取り戻すことができます。

まさに第2の自分の部屋です!

普段の勉強場所に飽きたり、なかなか集中できず勉強が捗らない方は、ぜひこれらの図書館に行って勉強に取り組んでみましょう。ス

トレスなく学習に没頭すれば、英語も確実に上達します。

もちろん、勉強以外にも雰囲気だけを楽しむのもいいかもしれません。

せっかくのオーストラリアでのワーホリ生活。英語学習も海外らしい生活も満喫できるとよいですね。

【執筆者】

Shoriです。2018年4月からの1年間、シドニーでワーホリ中にラグビーの仕事をしていました。現在はRWC2019の集客をする傍ら、絵×英語を使って個人で勝手にラグビーを広める活動もしています。皆が笑って楽しめるコンテンツを提供し続けるのが夢です。

ブログ:Barefoot Twitter:Barefoot_shori

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hanae Hirata

Hanae Hirata

元看護師。フィジー留学を終えて、2016年、オーストラリアでワーキングホリデーを満喫する。ワーホリ後、英語力をさらに高めたいと思いサウスピークへ留学。その後も留学中に縁があった日本人経営のゲストハウスなどで働きながら、4回合計1年セブへ滞在。現在はフリーランスとして日本で活動中。

-オーストラリア

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.