英語力が一番伸びる語学学校

オーストラリア

オーストラリアのシドニーでシェアハウスを探そう ~探し方、住みやすいエリアまとめ~

こんにちは! 2018年の4月からオーストラリアのシドニーで1年間ワーホリをしていましたShoriです。

私はこの1年間で4ヶ所の家やシェアハウスに住みました。しかし、最初の頃は土地勘が分からない、知り合いが全くいない状態であったためなかなか良い物件が見つからず大苦戦したのを覚えています。またシェアハウスを探すために、どのサイトを利用したらいいかも分からずにいました。

しかし、シドニーでの生活に慣れ始めてから、さまざまな場所に行く機会や友人が増えたことで各地域の情報やシェアハウスの効率的な探し方を詳しく知ることができました。

そこで私の体験をもとに、シドニーで効率的にシェアハウスを探す方法と、住みやすいエリア情報をお伝えしたいと思います。シドニーでシェアハウス探しをしたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.シドニーでシェアハウスを探す方法

シドニーでシェアハウスを探す方法は主に3つあります。

1.友人からの紹介

友人からの紹介は、よい家に住める確率の高い方法です。

事前にそのシェアハウスの情報を詳しく聞くことができるので、安心して自分にあった滞在先を見つけることができます。しかし、これは友人の数に左右される部分が多く、新しい土地に来て間もない頃はこの方法で探すのは難しいです。

2.Facebook

Facebookのシェアハウス情報を載せるグループへ参加し、滞在先を探す方法です。

かなり頻繁に更新されますし、優良な物件が並んでいるのが印象的でした。よいシェアハウスには連絡が殺到しやすいので、タイミングを逃すとすぐに埋まってしまいます。

Facebookのシドニーシェアハウス情報:Sydney Flat & Flatmates, House Share & Lease Transfers
※非公開グループです。

3 .街に貼られている広告

シドニーの街で見かけるシェアハウスの住居人募集の広告からも、シェアハウスを探すことができます。

しかし、写真掲載が少ないため、実際に足を運ばないと分からない情報が多く、効率はさほどよくありません。また、いつから掲載されているかが不確かな場合が多くコンタクトしても返事がないこともあります。

4 .インターネットのクラシファイド

これは最もポピュラーなシェアハウス探しの方法です。私はシドニーで3度の引っ越しを経験しましたが、全てクラシファイドで自分にあったシェアハウスを探しました。

クラシファイドではさまざまな滞在先の情報が詳しくまとめられ、それらを比較して見る事ができるので非常に便利です。シドニーに到着してすぐの場合も含め、ここで紹介した方法の中で、1番効率よくシェアハウスを探すことができます。

下記にクラシファイドサイトを紹介しているので、参考にしてください。

日本語情報サイト

英語に自信がない方や、日本人と暮らしたい方にオススメのサイトが以下3つです。

  • 日豪プレス 
     情報量が圧倒的に多い。
  • JAMS   
     情報量は劣るものの、画像が大きく載っていて見やすい。
  • チアーズ 
     同じく、画像が大きく載っていて見やすい。

海外情報サイト

外国人と暮らしたい方にオススメしたいのが、下記の2つのサイトです。

  • フラットメイト 
    地図上で検索できるので、エリアにこだわりのある人にとって探しやすい。サイト自体も見やすい。
  • ガムツリー  
    エリアに加え、値段、シャワールームの数など細かく検索設定できるので便利。情報量がとにかく多い。

2.シドニーのシェアハウスのタイプ

シドニーのシェアハウスのタイプは主に3つに分ける事ができます。

オウンルーム

1部屋を1人で使う住み方です。ただ、キッチンや冷蔵庫、バスルームなどはシェアして使う場合が多いです。プライベートを大切にしたい方にはオススメの部屋のタイプといえます。しかし、家賃がその分高いのが難点です。

私もシドニーに到着して最初の1週間はオウンルームを借りていました。1つのマンションに3つほど部屋があり、そこにそれぞれ個人部屋があるといった具合でした。

ルームシェア

1つの部屋に複数人で生活するタイプの住み方です。だいたいそこに2人から4人でシェアをして生活をします。プライベートが少なくなる反面、家賃は1人部屋と比較して圧倒的に安くなるので、家賃コストを抑えたい方にはオススメのスタイルです。多くの方がこの方法でシェアハウス生活をしています。

リビングシェア

カーテンなどで簡単な仕切りが作られているリビングの一角に住むスタイルです(そのスペース内にベッドがあります)。

ルームシェアと比べてもさらに家賃は安くなりますが、プライベートの確保はさらに難しくなります。よほど人の気配が気にならない方でないと、おすすめできません。

3.シドニーでシェアハウスをするときの家賃相場と、エリア別の特徴

シドニーでの1週間の家賃相場はだいたいこの表の値段と考えて大丈夫です。もちろん、郊外で暮らせばより安い値段で住むことも可能です。逆に海の近くなどの人気住宅街は少し値段が張ることもあります。

【シドニーの家賃参考相場】 


値段/週
1人部屋250$~
2人部屋200$~
3人部屋150$~
4人部屋120$~

シティ周辺の各地域の住みやすさ

シドニーの街中周辺の9つのエリアについて、私の感覚ではありますが1~5点で点数をつけてまとめました。


アクセス街の外観治安お店の数
家賃ビーチ
City(CDB)533543
パディントン454424
ウルティモ523553
ニュータウン454543
ボンダイ355525 
ノースシドニー444434
モスマン355315
マンリー344435
チャッツウッド444542

※家賃:5(安い)~1(高い) / ビーチ:5(近い)~1(遠い)で示しています。

シドニーのハーバーブリッジ周辺

シティ周辺の住みやすいエリアの特徴

  • シドニー中心地(CBD)
    シドニーのまさに中心街に位置しているので、アクセスや買い物の利便性が抜群にいいです。ワーホリというせっかくの機会に、日本ではなかなか住めない「街中のタワーマンション」に滞在してみるのも魅力的です。

    オウンルームを除けば、家賃はそこまで高いわけではありませんし、ジムやプール付きの物件もたくさんあります。

    ※2019年4月の時点で路面電車の工事を行っているので、場所によってはざわついています。

  • パディントン(Paddington)周辺
    シティも海も近い上に、街並みがものすごく綺麗な場所です。住みやすさは群を抜いていると思います。お洒落なお店もたくさんあります。その分家賃は高めです。

  • ウルティモ(Ultimo)周辺
    家賃がかなり安い物件がたくさんあります。その上セントラルステーション周辺に位置しているので、アクセスも抜群にいいです。ただ、街がかなり騒ついており、汚いです。

  • ニュータウン(Newtown)周辺
    何と言っても街や人がお洒落です。街の壁の至る所に絵が書かれていて、アート好きにはたまらない場所です。シティから近い上にお店もたくさんあります。

  • ボンダイ(Bondi )周辺
    シティからはバスで15分ほどの場所に位置しています。ビーチが近くお洒落なお店もたくさんある人気スポットで、海好きにはたまらない場所です。

  • ノースシドニー(North Sydney)周辺
    ノースシドニーは街の中心から電車で10分程の場所に位置し、ハーバーブリッジの向こう側にある街です。駅周辺はオフィス街となっていますが、少し歩くと閑静な住宅街が続くのでとても住みやすい街です。家賃はそこまで高いわけではなく、ゆったりと生活することができます。

  • モスマン(Mosman)周辺
    綺麗・静か・お洒落の3拍子が揃っています。海も近く、シドニーで最も綺麗で落ち着いた街です。ただ家賃が高いです。

  • マンリー(Manly)周辺
    綺麗なビーチが近くにあるのはもちろん、お店もたくさんあって街の外観もお洒落です。ノースからはバスで1時間程で、シティにはフェリーでも行けます。

  • チャッツウッド(Chatswood)周辺
    駅周辺に超大型ショッピングモールがありとても便利な街です。お店も沢山あるほか、アジアンマーケットもあります。ノースシドニーから電車で10分くらいの場所にあります。家賃はお手頃価格で利便性もいいとあって、その周辺に住む人も多いです。

4.シドニーでシェアハウスを選ぶときは、エリアと家賃相場のバランスを考えましょう

シドニーはオーストラリアで最大の都市です。街のサイズが大きい分、地域によってさまざまな特徴があります。

シェアハウス選びは、ご自身のワーホリでの生活拠点を選ぶ上で大切なことの1つ。気軽に引っ越しはできますが、ワーホリで何をしたいか、どのような環境で生活したいか、家賃はどのくらいかけられるのかを考慮し、納得のいくシェアハウスを選んでくださいね。

【執筆者】

Shoriです。2018年4月からの1年間、シドニーでワーホリ中にラグビーの仕事をしていました。現在はRWC2019の集客をする傍ら、絵×英語を使って個人で勝手にラグビーを広める活動もしています。皆が笑って楽しめるコンテンツを提供し続けるのが夢です。

ブログ:Barefoot Twitter:Barefoot_shori

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hanae Hirata

Hanae Hirata

元看護師。フィジー留学を終えて、2016年、オーストラリアでワーキングホリデーを満喫する。ワーホリ後、英語力をさらに高めたいと思いサウスピークへ留学。その後も留学中に縁があった日本人経営のゲストハウスなどで働きながら、4回合計1年セブへ滞在。現在はフリーランスとして日本で活動中。

-オーストラリア

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.