英語力が一番伸びる語学学校

カナダ

【カナダワーホリ】契約するSIMカードのおすすめはChatr・Rogers・Freedomの3つ!

こんにちは。

2019年4月よりカナダのトロントでワーホリをしているちゃこです。

ワーホリでカナダに着いたけれど、SIMカードはどこの会社がいいのだろう? 携帯キャリアの種類が多すぎて結局どこを選べばいいか分からない! と思われる方は多いと思います。

そんな方に必見!

自身の使用頻度・ネット環境の優先順位に沿って選べるように、カナダのおすすめ携帯会社を3つ紹介します。

  • 安さ・手軽さを重視するなら:Chatr
  • エリアの広さ・良いネット環境を得たいなら:Rogers
  • 大容量のデータ量を安く使用したいなら:Freedom

それでは各携帯キャリアのメリットとデメリットを見ていきましょう。

カナダでおすすめの携帯キャリア(SIMカードを売っている携帯会社)

1.Chatr

ワーホリでカナダに到着後は、空港内でSIMカード購入や銀行口座開設をしよう!の記事に記載されているとおり、ChatrのSIMは空港で購入し即使用することが可能です。

また、プリペイド式のSIMなので、月のデータ量上限を越えてしまったとしても、ネットが使えなくなるのみです。

自動的に引き落としがされるなどの追加請求はありません(追加料を支払ってデータ量を増やすことは可能です)。

デメリットは、通信規格が3Gなので、LTEと比べると少し遅いことです。

私はトロントへ着いてから2ヵ月間ChatrのSIM(2Gのプラン)を使用していましたが、特別遅いと感じたことはありません。

しかし、次に紹介するRogersに変えてから、よりストレスなくネットを使用することができると感じました。

使用できるエリアの狭さ関しては、トロント内で使用するのであれば、問題ありませんでした。

2.Rogers

私は、トロント滞在3ヵ月目からRogersのSIMに変更しました。

理由は新しく仕事を始めるときにChatrの月2Gでは足りない上に、使用エリアが狭いことで問題が起こるかもしれないと思ったからです。

結果、Rogersに変えて通信速度が「上がった」と実感しました。

また、都市部から遠く離れたナイアガラの滝に旅行へ行った時も問題なく使用できたので、使用範囲は本当に広いと感じました。

デメリットは、登録料35ドルが必要になることです。

また、解約するときにRogersに電話をかける必要があります。

しかし店員さんに聞くと「帰国するから使わないとだけ言ってくれたら大丈夫です」と言われたので、それほど難しいことを聞かれることはないようです。

3.Freedom Mobile

Freedom Mobileは、大きいデータ量を格安で使用することができます(例:10G+2Gボーナスが月50ドルなど)。

また、プロモーションを行っていることが多いです。

時期によって内容は変わりますが、月5ドルオフや2Gボーナスなどお得にスマートフォンを使用することができます。

一方、Chatrよりも使用できるエリアの範囲も狭いことがデメリットです。

建物の中だとネットが繋がりにくいことがありますし、ナイアガラの滝に旅行へ行ったとき、FreedomのSIMを使用していたメンバーの1人はネットを使用できませんでした。

カナダの携帯キャリア3社のプランと私がおすすめするプラン

2019年9月現在売り出されている各会社のプランと、私がおすすめするプランを紹介します。
※カナダのSIMは、電話とテキストメッセージが制限なし(Unlimited)で使えることは共通です。

1.Chatr

カナダで1番安く使用できるSIMは、Chatrの1G35ドル(電話・テキスト制限なし)のプランです。

しかし私は1Gではデータ量が足りないと感じたため、2G40ドル(2019年4月)のプランを購入しました。
※表にある現在(2019年9月)のプロモーションでは、同じ40ドルで4G(以前の2倍のデータ量)を使用できることになります。

私がChatrでおすすめするものは、40ドルで2G(プロモーションがある場合は4G)+電話・テキスト制限なしのプランです。

2Gで十分な人(外出先でのネット環境をあまり必要としない人)は簡単に契約・解約できるChatrの安いプランが最適! もし2G以上のデータ量を使用したい方には、次に説明するRogersをおすすめします。

Chatra公式サイト:Chatra

2.Rogers

こちらがRogersのプランです。

ここに記載されている情報を見ると、大手なだけあり料金プランが高いと感じました。

しかし、Rogersにも安いプランがあります。

こちらが私が契約しているプランです。

インターネットでは出てこないプランでしたが、友人に紹介してもらって知ることができました。

お店に行って店員に「5Gを45ドルで使えるプランはありますか?」と聞くと案内してもらえます。

私がおすすめするRogersのプランは、5Gを45ドルで使用できるプランです。

Chatrよりも早いネット回線・広範囲でつかえるSIMを、Chatrの金額40ドルに5ドル足すだけで使えます(別途登録料35ドルは必要)。 

公式サイト:Rogers

3.Freedom Mobile

さすが、大容量のデータ量を安く使えるFreedom。

1番少ないデータ量でも10Gからのスタートです(店舗へ行くと10G以下のプランも紹介してもらえます)。

私がおすすめするFreedomのプランは、10G50ドルのプランです。

1ヶ月で10G以上使う方は、必要なデータ量に応じたプランを選んでいただくのが1番だと思います! 

また、Freedomはプロモーションの回数が多いです。

リーズナブルにスマートフォンを使いたい方は、サイトでしっかりチェックしましょう。

Freedom公式サイト:Freedom

※冒頭でも述べましたがこちらの説明は2019年9月のプランです。料金は変わる可能性がありますので、必ず各自で確認をお願いいたします。

カナダのワーホリに必ず必要なSIMカード。自分にあった会社を選ぼう! 

今回紹介したChatr・Rogers・Freedomの特徴をもう1度お伝えします。

  • 安さ・手軽さを重視するなら:Chatr
  • エリアの広さ、良いネット環境を得たいなら:Rogers
  • 大容量のデータ量を安く使用したいなら:Freedom

自分のネットの使用頻度・優先順位でどこのSIMにするかを選べます。

カナダにワーホリで来たら必ず必要になるSIMカード。自分にあった会社を選んで快適なネット環境を手に入れてください。

【執筆者】

京都生まれ・京都育ちのちゃこです!完全ゆとり世代×高卒のノースキルですが4年半務めた会社を去り、セブ留学→カナダワーホリ中。為せば成るをモットーに色々なことにチャレンジ!ブログ:為せば成る。をモットーに!Twitter:@chakon_0903

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hanae Hirata

Hanae Hirata

元看護師。フィジー留学を終えて、2016年、オーストラリアでワーキングホリデーを満喫する。ワーホリ後、英語力をさらに高めたいと思いサウスピークへ留学。その後も留学中に縁があった日本人経営のゲストハウスなどで働きながら、4回合計1年セブへ滞在。現在はフリーランスとして日本で活動中。

-カナダ

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.