英語力が一番伸びる語学学校

オーストラリア ワーホリ中の過ごし方 人気記事

【オーストラリアの空港に到着】まずはSIMカードを手に入れて、ネット環境を整えよう

2017年11月20日

※2020年1月3日 更新

ワーキングホリデーを開始するにあたって、何かと必要になるのがネット環境です。

たとえば土地勘のないオーストラリアでもネット環境があれば、オンライン地図(Google Map等)を使って目的地まで到着できます。

また家を借りる際も、貸し手とのやりとりが電話やメールでスムーズに行えますね。

ネット環境を整えるために不可欠なSIMカード。

本記事では、そんなSIMカードをオーストラリアで購入する方法を紹介します。

※SIMカードを挿入していれば、Wifiのあるところへ行ってわざわざ電波を手に入れる必要がないので便利です。

SIMカードを購入するためには、次の2つの方法があります。

1.大手キャリアのSIMを使う

2.格安SIMを使う

結論から申しますと、

【全ての携帯キャリアで共通】

・SIMロックは解除しておく

【大手キャリアのSIMを契約:すぐに通信環境が欲しい場合

・空港に出店しているOPTUSでSIMカードを購入する

・SIMカードに関する設定は販売員に任せる

・1ヶ月の使用料は$30〜$40(約2700円〜3600円)

・チャージは1ヶ月おきで、アプリが便利(日本と違って毎月契約を更新する)

【格安SIMを契約:できるだけ安くスマートフォンを使いたい場合】

住所を決めてから契約する

確実に購入するにはオーストラリアのクレジットカードが必要

ということをおさえてください。

この記事では、

1.大手キャリアのSIMを使う

2.格安SIMを使う

この2つの方法を紹介します。

SIMカードとは?

引用元:http://apple-geeks.com/iphone-sim-2-3842

そもそもSIMカードってなに?

SIMカードとは、スマートフォンで通信する(例:電話をする。LINEをする。ネットで調べ物をする)ときに必要となる1センチから2センチくらいのチップ。

日本で当たり前のように誰かと電話したり、LINEやTwitterができているのは、SIMカードが電波を受信しているからです。

大手携帯電話会社(DocomoやSoftBankなど)で携帯電話を購入した場合、その段階でSIMカードを挿入されているのです。

つまり大手携帯電話会社で契約すれば、わざわざSIMカードを購入する必要はありません。

そんな便利な世の中ですが、ここでひとつ注意点。

大手携帯電話会社で携帯電話を購入すると、SIMカードがロックされていることがあります。

SIMロックの携帯電話だとオーストラリアで販売されているSIMカードが使用できません。

かならずロックを解除してください。(約3,000円支払えば、キャリアショップにて解除してくれます。)

SIMロック・・・契約した大手携帯会社が販売しているSIMカード以外は使えないようにすること。

※iPhone6以前の世代を使っている方はSIMロック解除ができません。

ワーホリ前にこのことに気づいた方は、オーストラリアで使用できる格安スマホを日本で購入できます。

機種はZenfone go 税込17,053円です。

これは、オーストラリアの周波数に対応しているSIMフリーの格安スマホです。

もし同じような問題で困っていれば、こちらのスマホを購入すれば現地で使用できます。

オーストラリアの大手携帯キャリア(SIMカードを売っている携帯会社)

引用元:http://www.gotravelife.com/australia_sim/

オーストラリアの主要携帯キャリアは3つあります。(覚える必要は特にありません)

・Telstra(テルストラ)

・OPTUS(オプタス)

・Vodafone(ボーダフォン)

今回オススメしたいのは2番目のOPTUS(オプタス)です。

OPTUSは3社の中で料金プランが最も安く、ワーホリで滞在している方に人気の携帯キャリアです。

そしてなにより主要空港であるシドニー国際空港、メルボルン国際空港に出店しています。

どうせSIMカードを購入するなら早めのほうが良いですね。

※オーストラリアでの通信費を節約したい方向けに、格安SIMについては記事の後半で紹介します。

1.オーストラリアの大手携帯キャリアを使う〜空港で早速SIMカードを購入しよう〜

無事オーストラリア・メルボルンに到着しました!

ということでメルボルン市内へ向かう前に、SIMカードを購入しましょう。

OPTUSのキャリアショップがあるのは、国際線到着口の目に前にあります。この場所でわからない人はいない!というくらい分かりやすい。

緑色で「OPTUS」と書かれているので、見つけたら列に並びましょう。

列に並んでいると、係りのお兄さんがやってきます。並んでいる目的を聞かれるので「I came here to buy SIM card.(アイケーム ヒア トゥ バイ シムカード)=私はSIMカードを買うためにここに来ています。」と伝えましょう。

※多くの人がSIMカード購入を目的で並んでいるので、「SIMカード!!」と叫んでも伝わります。

お兄さんがやってきました。

彼は「どれくらい(How long)滞在する予定?」と聞いて来ます。

滞在期間を聞くのは決まり文句みたいなものです。必ず聞かれます。

それによってプランが変わってきますからね。

1ヶ月以上滞在する場合、分かりやすく2つの人気プランを提示されます。

1つは$30(約2,700円)払って10GBを使用するプラン。

もう1つは$40(約3,600円)払って20GBを使用するプランです。

どちらも28日間なので、2ヶ月以上滞在する場合は28日後に再びチャージする必要があります。

最初のチャージから3回だけ、ボーナスとして通常より多くの容量をもらえます。

ボーナスは、$30のプランはプラス20GB、$40のプランは25GBです。

もしその月に使い切らなくても大丈夫。

使い切らなかった容量は、翌月に繰り越しできます。

また、ネットフリックス専用の10GBの容量もついています。

日本の大手キャリアと比較すると、信じられないほど安い価格で通信容量も大きいですね。

「$30と$40のプランどちらにすれば良いかわからない!」そういう方は多いと思います。

出典:http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/hajimete/startguide/01.html

NTTデータのアンケート結果によると、月に3GBしか使用しない人が90%だったそう。

データ使用量が大きい動画を1日に30分以下しか観ないという人であれば、3GBで良いようです。

また国際電話をしたいかどうかで決めるのも良いでしょう。

$40のプランは国際電話が可能ですが、$30のプランは国際電話ができません。

もしLINEやSkypeなどSNSの電話機能でやりとりが可能なら、$40払って国際電話機能を使用する必要はありません。

ちなみに私は$30のプランを1年間使用していましたが、通信において何も不自由なく使用することができました。

家にWi-Fi環境がなければ、余裕を持つためにも$40のパックを検討するのもありです。

プランが決まれば、お兄さんに伝えましょう。

「I will use $30(40)Plan.(アイ ウィル ユース サーティ(フォーティ)プラン)=私は30(40)ドルのプランにします。」

そうするとお兄さんが受付にいる方にSIMカードを渡し、プラン内容を伝えます。

この際に必要なものは、

・SIMロックが解除されている携帯電話

・パスポート

・お金

パスポートの情報をもとに個人情報を入力していく受付のお兄さん。5分くらい待ちました。

次に携帯電話にSIMカードを挿入してくれます。SIMカードがあることすら知らなかった人からすれば、このように全て手続きをしてもらえるのは嬉しいですよね。

無事SIMカードが挿入されれば、代金を支払います。これでおしまい。めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

ちなみにSIMカードはすぐに電波を拾いません。だいたい10分から1時間くらい電波を拾うまでにかかります。

市内でもSIMカードの購入は可能。そちらで契約するときも手順は同じです。「プランを決める→個人情報を入力してもらう→SIMカードを挿入してもらう→お金を払う」簡単ですね。

空港でSIMカードを購入する時間がない方は、キャリアショップで購入してください。

毎月使うために1番楽なのは「アプリでチャージ」すること

日本と違ってデータ使用量をチャージしないと使えないのはめんどくさいですが、チャージの方法自体は簡単です。

そのチャージの方法とは、スマホのアプリを使うというもの。

まずはApple store(またはGoogle Play)で「OPTUS」と検索。「My Oputs」というアプリをダウンロードしましょう。

このアプリは初めにSIMカードを読み取り、契約プランや使用量を記憶します。読み取とり終了すれば、利用規約を読んで次に進む。

このアプリで「Usage」というボタンを押すと、残りの残高を確認できます。

2017年のチャージ画面です。値段は変わる可能性があります

チャージしたい場合は「Recharge」を押して好きな金額だけチャージします。

支払いはクレジットカードだけなのであしからず(クレジットカードを持っていなければ、キャリアショップでチャージしてください)。

$30(28日)…10GB 

$40(28日)…20GB

$50(28日)…30GB

残りの日数内にチャージしなかった場合、1度プランの契約が終了してしまいます。

再びチャージすることで同じ電話番号を利用できますが、繰越していたデータ容量は消えてしまうので要注意。

2.通信費を抑えられる格安SIM! メリットデメリットとは

※2019年12月 追記

「大手キャリアの通信費は高いな」と感じる方に試していただきたいのは、格安SIMです。

格安SIMキャリアとしてCatch CONNECTをおすすめします。

こちらの会社をすすめた理由は、以下のメリットがあるからです。

  • OPTUS回線で安定した通信を楽しむことができる
  • とにかく安い
  • 通信容量の契約が30日ごとにカウント(OPTUSは28日)
  • 手続きをネットで簡潔に済ませられる
  • カスタマーサポートの問い合わせチャットがある(電話や来店の必要がない)

それでは詳しい価格を見ていきましょう。

30日プランでは3GBで$15(¥1,115)、11GBで$25(¥1,875)、20GBで$35(¥2,625)40GBで$49(¥3,676)となります。

そして国内電話は無制限につなげます。

また、初回のみ全てのプランを$4,90(¥340)で購入可能です。

オーストラリア 格安SIMのメリット

格安SIMCatch CONNECTの3つの料金プラン(11GB、20GB、40GB)を、大手キャリアOPTUSと比較してみましょう。

大手キャリアOputs と格安SIM「Catch CONNECT」の違い

  更新日数 料金 容量

Oputs

28日
$30

$40

$50

10GB

20GB

30GB


Catch CONNECT

30日
$25

$35

$49

11GB

20GB

40GB

表を見ると、Catch CONNECTはOputsよりも更新までの日数は長く、料金は安い、そして容量が多いのです。

購入方法は全てインターネットからの注文となっており非常に簡単です。下記のURLから購入ページに飛ぶことができます。

Catch CONNECTのSIM購入ページはこちら!

購入の流れは以下の通りです。

1.自分が購入したいプランを選択

2.右下緑色の「Buy now」を押す

3.住所等の必要事項を記入

4.クレジットカードの情報を記入

5.購入完了

6.SIM到着後、スマホにセットして完了

オーストラリア 格安SIMのデメリット

これだけ見るとCatch CONNECTの方が優れていると感じますが、冒頭でお伝えしたようにデメリットもいくつかあります。

  • 購入してすぐに使用できない

ネット購入のため、SIMの受け取り方法は「配達」となります。

そのため、住所がなければSIMを受け取ることができず購入できません。

到着は3〜5日かかります。

  • 日本のクレジットカードが使用できないことがある

日本のクレジットカードが使用できない報告が相次いで発生しています。

解決策としてはパソコンで入力、ネットのブラウザのキャッシュを消す、別のブラウザを使用するといった方法があります。

しかし、家を探すまでの間ネット環境が整っていないことは非常に不便です。

1つの案としてまずはOputsでSIMを購入し、住居が見つかり次第Catch CONNECTと契約するのが良いでしょう。

私は安さにこだわっておらず、ネットフリックスが10GB分視聴できるOptusの方が魅力的であったので、1年間Optusを使用していました。

オーストラリア滞在中は、自分に合ったSIMを購入して快適に過ごそう

・SIMロックは解除しておく

【大手キャリアOputsの場合】

・空港に出店しているOPTUSでSIMカードを購入する

・SIMカードに関する設定は販売員に任せる

・1ヶ月の使用料は$30〜$40(約2,700円〜3,600円)

・チャージは1ヶ月おきで、アプリが便利(日本と違って毎月契約を更新する)

・動画ストリーミングサービス(10GB分)別に使える

【格安SIM Catch CONNECTの場合】

・住所取得後、インターネットで購入

・日本のクレジットカードが使用できない場合がある

・1ヶ月の使用料は$25~$35

SIMカードを購入していなくても、Wifiのある場所に行けばネットを使えます。

しかしオーストラリアは物価が高いので、Wifiを求めてカフェに入るくらいなら、SIMカードを購入したほうが安くなります。

自分にあったSIMカードを選択し、いつでもネットができるワーホリ生活を送ってみてはいかがでしょうか?

※こちらの記事は、2017年にNaokiさんが執筆したものを2019年に太田・平田が更新しました。

スマートフォンの情報は頻繁に変わります。確実な情報を知りたい方は、公式サイトへアクセスすることをおすすめします。

Optus:https://www.optus.com.au/

Catch CONNECT:https://catchconnect.com.au/

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Naoki

Naoki

立命館大学三回生を休学し、サウスピークでマーケティングインターン中。サウスピークでの留学を通してTOEIC500点→890点に。ワーホリライターとして、オーストラリアでワーホリに関する記事を執筆しています。Twitterアカウントは@naokikei41。「頭サビ9割」というブログをしてます。

-オーストラリア, ワーホリ中の過ごし方, 人気記事

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.