ホテルのスタッフパーティーにて

ホテルのスタッフパーティーにて

―Kokiさんの2016年ワーホリスケジュール―
3月下旬~7月2日:サウスピークでの留学期間(5月初頭にオリジナル校→日本語禁止校)
7月中:一旦日本に帰国し、Web上で住居の確保と仕事探し
8月初頭:カナダに渡航、1週間バンクーバーに滞在し、面接を複数回受ける
8月中旬:レイク・ルイーズ(バンフ国立公園内)2月~3月迄滞在予定

ワーホリ期間を1年から9か月に短縮してでも、事前留学を選択

ーーどうして1年間休学してまでワーホリに行こうと思われたんですか?

「頼れる日本人のいない海外で自分の成長を促す経験をしたい」と大学1年生の頃から考え、海外渡航について様々な情報を集めていました。しかしワーホリに関しては、「英語力が上がらない」といった評価が多くて不思議だったんです。そこで失敗例を集めて分析してみると、「英語力アップの成否の分かれ目は、ワーホリ自体ではなく、自身の環境づくりに懸かっているのでは?」と思ったんです。「だったら自分が成功例になろう」と決意し、下調べと準備を入念にして踏み切りました。

ーーワーホリ前にサウスピークに来られたのは何故ですか?

人との交流が好きなので、カナダにワーホリに行っても友達をつくれる自信はありましたが、流石に丸腰でカナダに行って自分の英語が通じるかは少し不安でした。サウスピークはたまたまインターネットで見つけて、発音矯正レッスンと予復習の時間が組み込まれたカリキュラムに惹かれました。ボキャブラリーのインプットとスピーキング力アップを目当てに、ワーホリ期間を9か月に短縮して3ヶ月の留学を決意しました。

ライトアップされた有名な港、カナダプレイス。

ライトアップされた有名な港、カナダプレイス。

ーーなぜカナダを選んだのですか?

スタンダードの英語を身につけたくて。イギリス英語も良いのですが、イギリスはビザの取得が難しいんです。一方カナダのビザは取りやすく、またアメリカ英語に近いですし、本場アメリカへのアクセスも良好なのでカナダに決めました。

気になるカナダワーホリの初期費用は?住居費を押さえる裏ワザとは?

ーーカナダワーホリの初期費用の内訳を教えてください。

航空券は片道約9万円でした。夏休みなら直前に航空券を押さえると高くつくので、前々から取っておくことをお勧めします。ビザ代は2∼3万円程度、保険料はジェイアイ傷害火災保険のもので8∼3月までで約12万円、事前のサウスピーク留学費用は12週間で約49万円でした。

現金は10万円ほど持っていき、仕事が確定するまでの住居費、交通費、食費に充てました。これだけ少額で済んだのは、日本で仕事探しを終えていたからなので、現地で探し始める人は30万くらい持っていた方がいいと思います。

社員寮は、すぐ外に森林が広がる長閑な観光地にある

社員寮は、すぐ外に森林が広がる長閑な観光地にある

ーー1か月いくらほどで生活できますか?

現在6人/ユニットの社員寮に住んでいて、食費・光熱費・家賃で約2万8千円が給料から天引きされています。それぞれの個室があり、キッチンとリビングルーム、3つずつある洗面台とお風呂は共用です。時給は16ドルにチップがあるので、天引き後の給料は月に14万円程度で、アクティビティや交際費を抜いても確実に10万円は貯金できています。カナダのシェアハウスはどこも高いので、定住するのが問題なければ社員寮はおススメです。

ーーカナダならではの出費は?

滞在しているのがレイクルイーズという観光地なので、都市部よりも全体的に物価が高いです。衣料品で言えばTシャツ1枚が30ドルします。一緒に行く人数にもよりますが、外食は普通のお店でも1回につき20ドル+チップくらいは見ておくべきです。

カナダのスーパーで見つけた、遊び心あるプロモーション。

カナダのスーパーで見つけた、遊び心あるプロモーション。

住まいとお金、英語漬けの環境を一気にゲットできるおススメの仕事とは?!

ーーホテルのルームアテンダントのお仕事はどのように探したのですか?

サウスピークでの留学を終えて一旦帰国し、エージェントを使って今の会社を見つけ、Emailで履歴書を送付して面接を申し込みました。ホテルを志望したのは、飲食店よりも顧客対応の会話表現を多く学べると考えたからです。私の仕事はお客様の呼び出しに応じてお部屋に駆けつけ、多種多様な要望に応えることです。時給は16ドルで、朝8時半から夕方5時までのフルタイムで週に5日勤務しています。希望の勤務地を訊かれた際、「日本人の少ない場所が良いです」と答えると、レイクルイーズという場所で勤務することになりました。

ーー英語面接はどんな雰囲気で、どんなことを訊かれましたか?

私の場合は、全体を通してフランクな雰囲気でした。訊かれた内容は、日本でのアルバイト経験や、一番頑張ったことといった、就活での基本的な質問のほか、「もしこんな状況に陥ったら、あなたはどのように対応しますか?」といった変化球もあり、対応力も見られました。

ーー対策はどうすればいいのでしょうか?

大体は履歴書を基に質問されるので、対策としては予想質問をいくつか挙げておき、練習することですね。あとはルームアテンダントに限らず、その仕事の内容を理解しておくべきです。「ルームアテンダントはどんな仕事をするのか知っていますか?」といった質問はどの仕事でも必ず訊かれます。下準備と対策を入念にすれば、合格に繋がると思います。

勤務地の近くにあるレイクルイーズ。有名な観光スポット。

レイクルイーズ。有名な氷河湖で、そのエメラルドグリーン色の湖を一目見に様々なところから観光客が集まる。

ーーそのお仕事は、ご自身の英語力向上に役立っていますか?

仕事というか、環境そのものを上手く活用しています。「仕事中に吸収した表現を、ユニットに帰ってルームメイトとの会話で使い、ルームメイトが使う表現を覚えて勤務中にアウトプット」という、一連のルーティンを実践しています。生活上で英語表現を練習する場に溢れているのが、住み込みで働けるこの仕事の醍醐味です。

ーーほかにはどんなお仕事がおススメですか?

ツアーガイドですね。住んでいる地域に詳しくなれるし、お客様の多様な疑問に答えるので、英語力を上げたい人におススメです。この仕事も時給がよく、おそらくチップもあります。

ーーお仕事探しのテクニックや、注意点を教えてください。

飲食店ならいつも募集はありますが、英語力が必須で採用されにくいホテルやツアーガイドの仕事がしたいなら、人手が足りない観光シーズンが狙い目ですよ。私は観光客が多いカナダでもとりわけ多い夏休みを狙ったのでうまくいきました。

注意点として、各種手当は確認するべきです。私のように住み込みの仕事なら、社員寮の安さや朝昼晩の食事付きかなどですね。中々ホームページには書いてないので、直接会社に電話したり、エージェントを通して聞き出しましょう。この手当で生活費が大幅に変わってくるので侮れません。

気になるカナダの英語環境は?カナダ人と会話する際に気を付けることは?

ーー現地の英語はどうですか?

やはりカナダの英語はアメリカ英語に近いので、サウスピークで矯正された発音はかなり通用します。「Kokiの英語は何でそんなにわかりやすいの?」とルームメイトのカナダ人に言われたときはとても嬉しかったです。在住5年目の日本人の同僚の方が、私の発音を聞いて発音矯正レッスンを受けたいと言ってくれるほどでした。

職場の仲間たちと

職場の仲間たちと(右端がKokiさん)

教わった発音の仕方は、仕事でも役立ちます。早口で聴き取りづらいお客さんの場合でも、口の動かし方を観察すると何を要求しているのか分かることがあるんです。このスキルはものすごく重宝しています。

ーー英語学習は継続されていますか?

サウスピークの参考書では、『恋するブルックリン』と『語源で英単語』を持ってきたので、週2日の休みで集中的にこれらの教材に取り組んでいます。

ーー現地の語学学校は考えなかったのですか?

ネイティブに囲まれた生活環境を学習の場にするつもりだったので必要ないと考えました。実際ワーホリ中は、留学で習得した英語表現を実際に使って経験を積むことや、ネイティブの表現を吸収することに注力できているので、行かなくて正解だったと思います。

バンクーバーにある、カナダで3番目に大きい公共図書館。市民にとって利用しやすい勉強スポット

バンクーバーにある、カナダで3番目に大きい公共図書館。市民にとっては使い勝手の良い勉強スポット

ーー事前に留学してよかったですか?

事前に正しい発音を身に付けたことで、ネイティブとの会話に積極的になれたので留学して良かったです。自分の使う表現が拙くても、熱心に伝えようとすれば、相手も真摯に話を聞いてくれます。反対にいくらインプットが豊富でも、発音を気にしてあまり喋らない人は、ネイティブからするとよくわからない人だと敬遠されがちです。

良い海外経験を積むためにも、事前にある程度の英語力を備えておくことは勿論ですが、恐れずに英語を話すマインドを養うことも大切です。私の場合、正しい発音がその勇気をくれました。

ワーホリでカナダに来る方へ

ーーカナダワーホリでこれはやるべき、ということは?

観光名所に行ったり、アクティビティーに挑戦したりと、とにかくカナダを遊びつくすことですね。行くべき名所は、モレーンレイクと、レイクルイーズ、そしてナイアガラの滝です。アクティビティーなら、カナダは世界的に有名な山の宝庫なので、ハイキングやウィンタースポーツ好きの方にはおススメです。

有名なモーレン湖にて

有名なモレーンレイクにて

ーーカナダワーホリでしか得られないものはありますか?

ネイティブが使う英語のニュアンスを学べることです。例えば、日常会話で”HOW’S GOING/GONE?”(「今日の調子はどう/どうだった?」の意)という表現が頻繁に使われます。これはフォーマルな表現を教える語学学校では習えません。カナダでの生活は、ネイティブの生きた英語に触れる良い機会になりますよ。

バンクーバーの観光地として有名なEnglish Bay Beach

バンクーバーの観光地として有名なEnglish Bay Beach

ーーワーホリに来る方へアドバイスをお願いします。

結局ワーホリは自分次第です。英語力向上を重視する人にとっては、語学留学に比べお金も貯まり、英語もペラペラになるオイシイ選択に思えるでしょうが、「英語力を絶対上げる」という強い決意で、自分で英語環境を構築していかないと、目的を見失ってしまうと思います。自律できる人にはワーホリはお勧めしますが、単純に英語力を伸ばしたい人は語学学校に1年通った方がいいのではないでしょうか。

 

↓ ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」はこちら
01-1