ディープコーグにて、メキシコ人のルームメイトと、そのご友人と

ディープコーブ(Deep Cove)にて、メキシコ人のルームメイトと、そのご友人と

―Yukariさんのカナダ・ワーキングホリデーのスケジュール―
2016年2月: サウスピークで3ヶ月間の留学
6月18日:カナダ到着
6月中旬-7月中旬:1か月間の語学学校(友達作りを目的に)
7月中旬-8月中旬:1ヶ月ほど仕事探しと旅行
8月:Club Monaco というアパレルブランド(ストックアソシエイト)-至現在

ワーホリに行くから、サウスピークに留学した

ーーなぜワーキングホリデーに挑戦されたんですか?

単純に海外生活に憧れていて、NYで仕事をしている知人や、ワーホリに行った友人から海外生活の実情を聞いてみると意外とハードルが低かったので挑戦する気になりました。老後に行くか、30歳までにワーホリを使って今行くか迷いましたが、このチャンスを逃すと難しくなると思い後者を選びました。

観光名所のクイーンエリザベス公園

観光名所のクイーンエリザベス公園

ーーなぜカナダのバンクーバーを選んだのですか?

ワーホリ先をいろいろ調べると、カナダの英語が一番発音が綺麗だと思ったんです。バンクーバーに決めたのは、気候が落ち着いていて住みやすいと聞いて。英語力があるとオフィスワークの求人に恵まれたトロントも良いのですが、寒さは苦手なのでやめました。

バンクーバーは自然と都会が共存する街

バンクーバーは自然と都会が共存する街

ーーワーホリ前にサウスピークに留学された理由は?

ワーホリに向け、きちんと文章で英語を話せるようになりたかったんです。英語の教材で文法を教わっても理解できないと思い、日本語の教材を使っている学校を探しましたがあまり見つからなくて。

ネット検索でサウスピークのWebサイトを見て、「日本の良い教材を使って勉強するのが近道」という主張に共感し、サウスピークに決めました。結果的にそれで正解だったと思います。

サウスピークの自習室にて(or授業用個室にて。講師が帰った後、生徒が自習に好んで使用します。)

サウスピークの授業用個室にて。講師が帰った後は最適な自習室に。

カナダでのワーホリ生活、気になる費用は?

ーー初期費用の総額と内訳を教えてください。

航空券が片道7万円で、海外保険は、たびほの164820円/年のプランを契約しました。ワーホリビザは2?3万です。事前のサウスピーク留学は12週間で50万円ほど。あとはエージェントが紹介してくれたホームステイ先に収める最初の一か月分の家賃を850ドル、語学学校費用は一か月で1400ドル、仕事が見つかるまでの生活費は30万円ほど用意しました。

ーーそちらは月いくらほどで暮らせますか?

家賃550ドル、食費、ネット、ケータイ料金、交通定期代、水道光熱費、交際費、すべて込みで毎月1300ドル前後ですね。初月の家賃850ドルの内、50ドルはエージェントの仲介手数料だったので、住居はエージェントに探してもらって最初の1ヶ月だけ契約し、大家さんと直接契約して800ドルに下げてもらいました。それから自炊を申し出て食費を浮かし、現在は550ドル/月で住んでいます。直接交渉はおススメです。

定期です。PASMOのようにチャージするだけの場合も同様のデザイン

Metro Vancouverの交通定期、Compass card。PASMOのようにチャージするだけの場合も同様のデザイン

ーー月にいくらくらい貯金できるんですか?

月に500ドル程です。レストランと居酒屋を掛け持ちしている友人は、チップがあるので月に1200ドルくらい貯金しているようです。貯金の優先順位が高いなら飲食店はおススメですが、好きな仕事をしてワーホリを充実させるのも楽しいですよ。

ギリシア料理のレストランにて。「カナダは移民の国なので、各国の料理のレストランが揃っているのも魅力の一つです」とYukariさん。

ギリシャ料理のレストランにて。「カナダは移民の国なので、各国の料理のレストランが揃っているのも魅力の一つです」とYukariさん。

好きなお仕事に挑戦!海外のアパレルブランドで働くには?

ーーどんなお仕事をされているんですか?

リッチモンドという街にあるバンクーバー国際空港にほど近い、アウトレットモール内のアパレルショップでストックアソシエイトの仕事をしています。主な仕事は入荷商品のチェック、陳列棚への補充、販売員との在庫状況のやりとり、そして顧客対応です。時給は12ドルで、大体1日8時間勤務の週5日、週30時間?40時間働いています。

スカイトレインの駅構内。リッチモンドへもダウンタウンへも行ける、便利な交通手段です。

スカイトレインの駅構内。リッチモンドへもダウンタウンへも行ける、便利な交通手段です。

私の勤務先は大きい会社なので、研修や給料体形もしっかりしています。勤務開始前に数日間研修を受け、ブランドの歴史やコンセプト、接客のロールプレイングなど、日本で受けたアパレルの新卒研修と同じでした。残業も1分単位で記録されます。またカナダでは、法定祝日に働くとお給料がアップしますが、夜間手当はないです。

ーーどうやって今のお仕事を探しましたか?

ダウンタウンを歩いて魅力的なお店をピックアップし、履歴書をもって後日直接訪問しました。ネットで探すワーホリメーカーさんも多いですが、ホストマザーには「自分で行くのが確実だ」と言われたので、こちらでは直接交渉が一般的なのかもしれません。

ダウンタウンの街中。このバスがバンクーバーではよく走ってます。

ダウンタウンの街中。このバスがバンクーバーではよく走っています。

ーーアパレルの英語面接ではどんなことを訊かれるのですか?

面接は2回あり、2人のマネージャーの方にお会いしました。

1回目の面接では統括マネージャーの方とお会いし、ブランドの雰囲気に合うか、服飾センスがあるかを見られました。自分のお気に入りの服を一つ持参し、それが好きな理由を説明し、それを使って接客を実演しました。私はピンクのワンピースを持参して3つコーディネートを考え、デザイン画を用意していきました。

2回目はストアマネージャーの方にお会いしました。ここでは「日本で売上を取るために、あなたはどんな接客をしていた?」「個人売上はいくら獲った?」「スチーム掛けはできる?」「お店のディスプレーを変える作業は早朝までかかるが、大丈夫?」などと、店舗での勤務を見据えた実力重視の質問が多かったので、良いリアクションをして熱意をアピールしました。

職場のあるアウトレットモール、McArthurGlen Designer Outlet Vancouver Airport。

職場のあるアウトレットモール、McArthurGlen Designer Outlet Vancouver Airport。

ーーワーホリでのアパレル面接必勝法はずばり何ですか?

購入に至るかどうかは販売員の人柄によるので、英語力は勿論ですが、人の良さも積極的にアピールしてください。面接では大体”How’s going?”(「気分はどう?」の意)から始まるので、「すごく良い!」と元気に答えてみたり。あと履歴書ですが、事前の留学中に完成させて普段から持ち歩いておけば、気になる職場とすぐ面接の交渉ができます。サウスピークは履歴書の添削をしているのでぜひ活用してください。

勤務中の一枚。インカム越しに社内報が伝えられるので、リスニングの練習になる

勤務中の一枚。インカム越しに社内報が伝えられるので、リスニングの練習になる

ーーお仕事の英語環境はいかがですか?

その地域は中国系カナダ人が多いですが、皆英語を使ってるので、英語が喋れたら接客は問題ないです。従業員は皆インカムを付けていて、仕事のやり取りをインカム越しに行います。売り上げ目標などの社内ニュースもインカムで通知されるので、リスニングの練習になります。

ーーお仕事で困ったことはありましたか?

働き始めた頃、仕事を任せてくれる上司に対し「今している仕事を終らせてから、この仕事をさせてください」と丁寧に断りたい場面に何度も遭遇しました。しかしきちんと英文で表現できなかった為、無理して引き受けましたがやはりしんどかったです。もっと英語の基礎力を引き上げてから来れば良かったと思います。

「Yukariの発音、綺麗だよね」とカナダ人が褒めてくれた

ーー現地の語学学校はどのような様子ですか?

初日に3種類テストを受け、文法とスピーキングの結果が良かったので上位クラスに振り分けられました。しかしリスニングが力不足で、講師の話す内容は理解できても、間に挟む小話が分からず気後れし、2週目?4週目は一つ下のクラスに入れてもらいました。やはり下位クラスになるほど日本人は多いです。

ーー現地の語学学校に入るメリットは何だと思いますか?

最大のメリットは自分のリスニング力不足に気付けたことです。生徒に配慮してくれる語学学校の講師ですら喋るのが速いので、いきなりカナダで生活を始めたら相当大変だったでしょう。お陰でカナダ人のスピードに慣れましたが、今でもリスニング力の未熟さは痛感します。特に大勢の友人たちと一緒だと、私一人に配慮して喋ったりしないので、会話に入るのが難しいことがあり、悔しいです。

またメキシコ人、ブラジル人、韓国人など様々な国の友人ができることです。履歴書や日常会話の英文法を添削してくれたのでとても助かりました。この間仲良しのスイス人に、「仕事を熱心にしているよ」と伝えたくて”I work hardly”とメッセージを送ると、「それだと『全く仕事をしていない』になるよ」と教えてもらいました。サウスピークの4S(※)の授業を日常会話で実践している感覚です。

(※)4Sレッスン…発音・リーディング・スピーキング・ライティングの4つの技能を同時に伸ばすためのレッスン

ワーホリ中に語学学校に行くのは、友達作りにはおススメですが、やはり日本語の教材を使えない分学習負担は大きいので、純粋に勉強をしたいならサウスピークに長期留学する方がいいと思いました。

ーーサウスピークで身に付けた力は通用しますか?

サウスピークの発音矯正レッスンの効果は絶大で、カナダ人には私の英語が通じます。レベルの高い日本人の友人にも発音の綺麗さを指摘されましたし、仕事の面接でも、「あなたの英語は聴き取りやすい」と言われ感激しました。サウスピーク留学中は自分の発音が正しいか不安でしたが、本場で実際に喋ってみてやっと、発音スキルの向上を実感できました。

発音矯正レッスンの参考書の予習中(事前の留学時)。サウスピークが推奨するSONYのウォークマンが予習のお供

発音矯正レッスンの参考書の予習中(事前の留学時)。サウスピークが推奨するSONYのウォークマンが予習のお供

実際どんなにTOEICスコアが高くて語彙力が豊富でも、一つ一つの発音がダメでコミュニケーションが取れなかったら落ち込むし、話すのが億劫になります。発音矯正レッスンは自信をくれましたね。また日本の学校では教えられない、発音記号の読み方の指導があるので、正しい発音を覚えられて助かっています。

カナダワーホリに挑戦する方々へ

ーーカナダで行くべき観光地や、するべきアクティビティーは?

観光名所のガスタウン。 ハンギングフラワー彩られた街燈が並ぶ道を、可愛いバスが走ります。

観光名所のガスタウン。ハンギングフラワーで彩られた街燈が並ぶ道を、可愛いバスが走ります。

オーロラをは観に行くべきですね。短期のワーホリなら自然を満喫できるので夏に来るのがいいですよ。私はイングリッシュベイをはじめ、海は何回か行きました。あとはグラウスマウンテン(Grouse Mountain)や、ディープコーブ(Deep Cove)という入江なども、美しい自然が沢山あるので、写真が好きな人はおススメです。アクティビティーとしては、サイクリングが楽しいですよ。

スタンレーパークでサイクリング。湖があったりトーテムポールがあったり。こっちはリスがその辺に普通にいます。

スタンレーパークでサイクリング。湖があったりトーテムポールがあったり。道端にはリスが居ることも。

ーーこれからカナダでのワーホリを控えている方にアドバイスを!

せっかくのワーホリなので、レストランも良いですが、もししたい仕事があったらまずは挑戦してみてください。ぜひ自分が楽しいと思えるお仕事をして、ワーキングもホリデーも両方充実させましょう。

お気に入りの場所、ディープコーグにて

お気に入りの場所、ディープコーグにて

↓ ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」はこちら
01-1