名前/Yurikaさん(仮名)
英語力/挨拶ができる程度(フィリピン留学開始時)→(確認中)(ワーホリ中の現在)

今回はフィリピン留学経験者で、オーストラリアの語学学校に通わなくなったYurikaさん(仮名)。

結論から言うと
・マンツーマンレッスンと比べてグループレッスンは話す機会が少ない。
・クラスメイトと話しても、英語力が低い同士なので会話にならない。

上記が理由で、オーストラリアの語学学校に通わなくなったそうです。それでは、一つ一つ詳しく聞いてみましょう。

海外の友達が作りたいから語学学校に

ーーーそもそもなんですが、オーストラリアのメルボルンには、どのような経緯でいらっしゃったのですか?

日本にいたときは、私は放射線技師として働いていました。そのときから、海外の人々の考えや、文化に興味があったんです。海外の人々は、日本人にはない考え方を持っているというじゃないですか。

ーー「日本人は謙虚」というように、その国特有の性格や考え方があるでしょうね。

日本人以外の人々と会って話を聞いてみたい。そうすれば考え方の幅も広がるだろうと思いました。

ーー視野が狭くならないように、海外の人や文化から刺激を受けたかった?

はい。だから仕事を辞めたのをきっかけに、ワーホリビザを利用して海外に行こうと思いました。

仕事を辞めて、まずはフィリピンのセブ島で2ヶ月間の語学留学を行いました。その後トロントで8ヶ月間ほどワーホリをして、現在はオーストラリアに来ています。

ーーフィリピン留学をされていたんですか。

仕事を辞めた当初は、かろうじて挨拶ができる程度だったので、ワーホリの準備として、フィリピンで英語力を上げておこうと思いました。

参考:ワーキングホリデー前のフィリピン留学・セブ島留学の勧め

ーーそしてオーストラリアに来て、語学学校に通われましたよね。語学学校に通おうと思った理由を教えていただけますか?

トロントにいたとき、日本人以外の友達がなかなかできませんでした。当時は語学学校に通っていなかったので、もし通っていれば外国人の友達ができたかもしれないと思って。

ーー語学学校には色々な国から学生がやってきますからね。

はい。語学学校では英語力を向上させること大事ですが、外国人の友達を作ることも大きな目的でした。

ーーもともと「海外の人々から刺激を受けたい」という思いが強かったYurikaさんらしいですね。

マンツーマンを経験すると消化不良だったグループレッスン

ーーでは、どうしてオーストラリアの語学学校に通われなくなったのでしょう?

理由は2つあります。まずは授業がグループレッスンだったからです。フィリピンで語学留学をしていたこともあって、授業はマンツーマンレッスンのほうが私には合っていると感じました。
※マンツーマンレッスン…生徒1人に対して講師が1人つく授業形式

ーーというと?

オーストラリアの語学学校では、1つのクラスに10人強の生徒がいます。授業では生徒が4つの班に分けられて、英語を使って会話したり、答えを出し合ったりするんです。

ーーいわゆるグループディスカッションですね。

あくまで授業は一括で進むので、全ての班が答えを出すまで授業が進みません。つまり他の班が答えを出していなければ、私の班がすでに答えを出していても、その他の班を待たないといけないんです。

しかしその待ち時間にやることがないので、携帯をいじるしかない。

ーーまるで休み時間ですね。

早く進めてほしいんですが、仕方がない。

ーーフィリピン留学をしていたときは、マンツーマンレッスンだったじゃないですか。

そうですね。マンツーマンレッスンと比べたとき、グループレッスンでは明らかに発言する機会が減りました。だから「フィリピン留学のほうが良かった。」と思ってしまったんです。

ーーマンツーマンレッスンでは、そのように他の人を待つことなんてありませんからね。講師に対して積極的に話さないと、会話が成り立ちませんし。

はい。マンツーマンレッスンだと、生徒と講師の話す割合は同じくらいでしたね。

ですが、グループレッスンだとその話す割合をさらに生徒間で分けることになります。

ーーなるほど。それでは全く話せませんね。

それにグループレッスンだと、講師が私に質問しているのに、外国人のクラスメイトが先に答えてしまうことはよくありました。

ーーそうなんですか。

はい。何も回答できずに終わることも多かったです。

ーー外国人の友達を作ることが1番の目的だったとはいえ、語学学校で英語を話す機会が全くないなら、通う価値が見出せなくなるのもわかりますね。

英語力の低いもの同士だと会話にならない→仲良くなれない

実は、1番の目的だった「外国人の友達を作ること」も語学学校では難しかったんですよね。

ーーそうなんですか?

語学学校では、英語力によってクラス分けされるんです。つまり同じ程度の英語力を持つクラスメイトと英語で話しますが、会話が成り立ちませんでした。

友達を作るには会話が必要。会話が続かないのはすごいストレスで、次第に話さなくなってしまいます。

ーーということは、「英語力の低い人は、英語力の低い人を相手に会話の練習をすべきでない」と。

英語力の高い人を相手にしたほうがよっぽど練習になると思いました。世界中から色々な国の人々が集まるオーストラリアやカナダでは、国際交流イベント(以下:ミートアップ)が開かれています。人によっては、ミートアップに参加したほうが良いのかもしれません。

ーーミートアップに参加すれば、英語力の高い外国人と関われますか?

語学学校のときは、同じ英語力の外国人としか関われませんでした。しかしミートアップでは参加しているオーストラリア人と関わることも可能です。彼らは英語のネイティヴスピーカーなので、英語は流暢ですし、リスニングの良い機会になります。

ーーなるほど。

英語力の高い人が相手だと、自分がうまく表現ができなくても、意図を汲み取ろうとしてくれます。またそのときに言えない表現があれば、メモしたり頭の中で覚えたりして、今度は使えば勉強になりますし。

ーー語弊を恐れずに言いますが、そのような場だと、女性はその場にいるだけで、外国人の男性が寄ってくると言いますよね。

そうですね(笑)オーストラリア人を含めた外国人の男性は、積極的に話しかけてくれます。というのも、「女性の名前を知りたい。ご飯に誘いたい。」などの出会い目的で参加してきますから。

ーーだからこそ英語が拙くても、我慢して聞いてくれるわけですね。

そうですね。話の主導権は相手が持っていますから、私は話せるときにだけ話す。それだけでもオーストラリアの語学学校より話す機会は多いですし、私はミートアップを利用する方が効率的だと思いました。

「間違えたくない」日本人には、グループレッスンは向いていない

ーー最後に「それでもオーストラリアの語学学校に行きたい」という方に向けてメッセージをお願いできますか?

もともと英語力が低いと、友達づくりは苦労すると思います。英語力の向上が目的の方は、あまり期待しないほうがいいです。

ーーというと?

日本人自体がオーストラリアの語学学校のグループレッスンという授業形式に向いていないと思うんです。

ーーグループレッスンに向いていないということですか?

はい。グループレッスンはマンツーマンレッスンより、話す機会が少ないです。加えて日本人以外の生徒(特に南米出身の方)に話す機会を奪われることがあるので、自分で話す機会を確保しなければならない。そのためには、積極的に間違いを恐れずに発言する必要があります。

ーーたしかに。

でも、日本人って性格上、「間違えたくない」っていう思いが強いじゃないですか。

ーーそうですね。

私は放射線技師という仕事上、間違いが許されない環境でした。皆さんも仕事されていて、間違えてはいけないことばかりだったでしょう。だから、積極的に英語を話そうとするのは難しいんじゃないかと。

ーーなるほど。

だから語学学校でうまく英語力が伸びなくても、悲しまないでいてほしいですね。

まとめ

友達を作るには会話が必要。会話が続かないのはすごいストレスで、話さなくなってしまいます。

オーストラリアの語学学校のグループレッスンの欠点は、話す相手も自分と同じ英語力だということ。英語力が低いと、Yurikaさんのように会話が成り立たず、黙り込んでしまいます。

フィリピン留学のサウスピークでは、最低TOEIC600点を獲得し、基礎英文法と単語を身につけた上で、ワーホリされることを推奨しています。TOEIC600点以上であれば、オーストラリアの語学学校でも英語がある程度話せる人が多いクラスに入ります。
※サウスピークではワーホリ準備として、TOEIC600点以上(英語がある程度話せるレベル)と入学条件のある日本語禁止校に留学することも可能です。

参考記事:サウスピーク・日本語禁止の校舎を開校。 24時間英語に浸る環境をフィリピン留学で実現!
参考記事:日本語禁止校への転校プラン!一定期間オリジナル校、プレミアム校に滞在した生徒は、転校できるようになりました。

日本人自体がオーストラリアの語学学校のグループレッスンという授業形式に向いていないと思うんです。

また人数上、グループレッスンより、マンツーマンレッスンのほうが学習効率が高いことは明らかです。それでも「積極的に話す姿勢があるなら、グループレッスンでも構わない」と言われることがありますが、これは理想論。初めは積極的に話そうという気持ちがあっても、次第に「授業を受けるだけ」になってしまいます。特に英語力の低い方の多いワーホリ参加者ではなおさらです。

参考:ワーホリと英語力。参加者の26%がアルファベットすら理解していない

マンツーマンレッスンであれば、積極的に話す姿勢がなかったとしても、その場には他に生徒がいないので話をせざるを得ません。フィリピンで英語力を向上させた後に、ワーキングホリデーをされるのはいかがでしょうか。

参考:ワーキングホリデー前のフィリピン留学・セブ島留学の勧め