英語力が一番伸びる語学学校

カナダ

夜行バスって安全!? トロントからニューヨークまで夜行バスで旅行!

2019年4月よりカナダのトロントでワーホリをしているちゃこです。

8月28日~9月2日まで、トロントからニューヨーク(以下、NYと記載)まで夜行バスで観光に行ってきました! 

私は「国境を陸路で越えてみたい」と思い、他国と陸続きであるカナダをワーホリ先に選びました。今回の旅行は「飛行機で行く海外旅行」と違って特別なものになりました。しかし肝心なものを忘れてしまい、危うくトロントに帰れなくなるところでした。

この記事では、バス旅行を楽しめるよう、そして忘れ物をしないように「トロントからNYまでの道のり」と「夜行バスに乗る際の注意点」をまとめました! 

トロントにワーホリに来ている人は、日本からNYへ行くよりもワーホリ中に行く方が安く済みます。ぜひこの記事を読んで、ワーホリ中にNYへ足を運んでみましょう。

トロントからNYへの、3つの交通手段

トロントからNYまでの交通手段は3つあります。値段の高いものから飛行機・電車・バス(昼行・夜行)です。

【飛行機】

片道2時間弱で行けますが、料金が高め。

飛行機での移動時間に加え、街中から離れた空港へ移動する時間とお金も必要となります。

【電車】

所要時間は10~12時間です。バスとは違い座席が広く、快適に移動できます。

【バス】

所要時間は電車と同じく10~12時間です。他の交通機関と比べて1番安く移動できます(片道1ドルセールが行われることもあります)。発着場所が街の中心にあり、家からバス出発地、NY到着地から観光地への移動時間はあまりかかりません。

しかし、座席が少し狭く感じたり、遅れが生じたりすることもあります。

夜行バス予約サイトの紹介

バスには昼便と夜便があります。私は、到着してすぐに観光できるよう「夜行バス」で移動しました。NY旅行をするために実際に使ったサイトやバスなどを紹介します。

夜行バスの会社は「Greyhound canada(グレイハウンド)」と「Megabus(メガバス)」が有名です。

時間がある方は両方のサイトを使って調べるのもいいですが、私が紹介したいのはCheckMyBusという比較サイトです。

このサイトでは、簡単に時間と金額を比較した後に予約できます。もちろん金額の変動はありますが、平日で片道約30~60ドル、土日で片道約50ドル~80ドル程度です。

グレイハウンドもメガバスも、乗り心地(両方とも車内にトイレ・Wi-Fi・充電有)はあまり差がありません。しかしながら、メガバスは2階バスで、有料で席を指定できることがグレイハウンドと異なる点です。

トロントからNYまで夜行バスで移動して感じたこと

私は日本にいたときは京都⇔東京や京都⇔福岡間で月に一往復くらいしていました。今回初めて海外の夜行バスに乗りましたが、1番驚いたことは席が自由であることです。バスに乗車する前に受付をし、バスへ乗り込んだら、好きな席に座って出発を待ちます。ですから、隣が異性になることもあります。

座席は日本の夜行バスより快適でした。席は足を伸ばせるほど広く、コンセントやWi-Fiも完備されています。また、車内にはトイレもついているので途中休憩で行きそびれたときも、突然トイレに行きたくなっても安心です。

トロントからNYへ夜行バスで移動するときの流れ

トロントでの集合場所はToronto Coach Terminalです。Bay st. と Dundas st.の交差点近くにあります。

自分の好きな席を確保するためにも乗車時間の1時間前、遅くとも30分前には着いて並んでおくことをおすすめします。

バスに乗り込んでから2時間程で1回目の休憩があります。その休憩場所から10分ほどで入国審査をする場所に着きます。

入国審査では「滞在目的や期間・宿泊場所・帰りのチケットはあるか」などの質問後、全荷物を機械でチェックし、入国料6USドルを払います(現金・クレジットカード使用可)。入国審査場所ではカナダで使っている携帯の電波は届かず、Wi-Fiも使えません。宿泊先のアドレスはしっかりメモをしておきましょう。

また、日本からアメリカに入国する際に取得義務のあるESTAですが、これは空路で入国するときのビザです。バスや電車で入国する時には、事前に申請する必要はありません。

入国審査が終わり、バスに乗って2時間ほどで2度目の休憩があります。ここの休憩場所にはティムホートン(カナダ発祥のドーナツチェーン店)がありましたが、深夜のため閉まっていました。小腹が空いたとき用の軽食は乗車前に買っておきましょう。

その後2回ほど休憩があり、NYに到着しました。到着場所はPort Authority Bus Terminal。有名なタイムズスクエアまでは歩いて10分で行けます! 

夜行バスに乗車するときの持ち物

夜行バスへ乗車するときに必要な持ち物はこちらです。

  • パスポート
  • カナダのワークビザ
  • バスの乗車券(バス会社によっては印刷必須)
  • ひざ掛けなどの寒さ対策品

必ず準備すべきものは、パスポートとカナダのワークビザです! 

アメリカに入国するときでなく、カナダに戻ってくるときに必要になります。私は必要だと知らず持参していませんでした。カナダの入国審査の時に質問責めをされ(「なぜ今ワークビザを持ってないのですか?」と5回は聞かれました)、怪訝な顔をされたまま手続きが進み、なんとか入国することができました。

このようなことは起こらないように注意してください! 

私は今回グレイハウンドを使用しました。グレイハウンドを利用するならチケットのを印刷が必須です。チケットを渡して乗車します。チケットの印刷は、個人で行うかグレイハウンドまで受け取りに行くかを購入画面で選択することができます。
※メガバスの場合、予約番号を提示するだけで乗車できます。

また、私は8月下旬に行ったせいか、バス車内はかなりエアコンが効いていました。かなり寒かったので、ひざ掛けを持参するか足元が冷えないように長ズボンで乗車したほうがよいです。

海外の夜行バスですべき、安全対策

海外の夜行バスは初めてでしたので安全性を1番心配していましたが、結果心配は杞憂に終わりました。私が行った対策方法を紹介します。

①荷物棚に荷物(貴重品)は置かない

荷物を荷物棚に入れると自分の視界に入らず、トラブルにあっても気づくことができません。そのため私は、荷物を自分の足元や席と窓の間に置いていました。

②窓側の席に座る

通路側と比べると窓側のほうが人通りがなく、荷物を置いても安全です。

③携帯電話や財布はズボンのポケットに入れ、上からひざ掛け+シートベルト

寝ている間に貴重品を抜き取られようとしても、自分で気づく場所に入れておけ安心です。私はズボンのポケットに入れ、その上からひざ掛けをしたあとにシートベルトを着用し、実質抜き取ることは不可能な状態にしました。

安くて安全な夜行バスを使ってNY旅行を楽しもう! 

パスポートとカナダのワークビザ、財布(クレジットカード)、スマホ、そして自分の身の回り品さえあれば、気軽にトロントからNYまで行けます。

海外の夜行バスは危険そうだからと敬遠せず自身で安全対策を行い、旅行を楽しみましょう。

【執筆者】

京都生まれ・京都育ちのちゃこです!完全ゆとり世代×高卒のノースキルですが4年半務めた会社を去り、セブ留学→カナダワーホリ中。為せば成るをモットーに色々なことにチャレンジ!ブログ:為せば成る。をモットーに!Twitter:@chakon_0903

「ワーホリで失敗する人と成功する人の違いは?」サウスピークの動画ができました!

ワーキングホリデーの失敗例と成功例を、オーストラリアでワーホリ経験のあるサウスピーク代表「丸山要平」と、ワーキングホリデーに関する記事の執筆を担当しているライター「平田華絵」の2人が紹介!

「ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるには?」「ローカルレストランで仕事をするためには?」「語学学校で多国籍の友達をつくるためには?」「日本帰国後の就職活動のために必要な英語力は?」などの観点から、TOEICスコアをベースに、どれくらいの英語力が必要になるのかを検証しています。

これからワーホリに行く人も、今ワーホリ中の人も、ワーホリがもうすぐ終わるという人にも……、ちょっと辛口なSousPeakトークを観て、ぜひ今後の対策を立てるのに活かしてください!

ワーホリビザ無料申請代行(オーストラリア)のご案内

↓ サウスピークでは、オーストラリアワーホリビザの申請代行を無料で行なっております。詳しくはこちらをクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hanae Hirata

Hanae Hirata

元看護師。フィジー留学を終えて、2016年、オーストラリアでワーキングホリデーを満喫する。ワーホリ後、英語力をさらに高めたいと思いサウスピークへ留学。その後も留学中に縁があった日本人経営のゲストハウスなどで働きながら、4回合計1年セブへ滞在。現在はフリーランスとして日本で活動中。

-カナダ

Copyright© 失敗しないワーキングホリデー情報サイト | ワーホリ準備ならフィリピン英語留学のサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.