こんにちは。ワーホリアドバイザーのAkiです。
みなさん、ワーホリの準備は進んでいますか?

サウスピーク・ワーホリアドバイザーの徳光

「ワーホリに行くけど、なんだか不安だなあ・・・」
「自分の英語力で大丈夫かなあ・・・」
「他の人はどんな計画を立てているんだろう・・・」

たしかに、他の人がどんな準備をしているのか、どんな情報を得ているのか、話を聞いてみたいですよね?

ということで、「第1回ワーホリ情報交換会&英文履歴書添削会」をセブ市内の中華料理レストラン「The Ching Palace」で行いました!

dsc04117

【実施した内容】
・自己紹介
・ワーホリ情報の共有
・フィリピン人講師による英文履歴書の添削

まずは自己紹介から

サウスピークは3校舎あるため、普段顔を合わせたことがない方がたくさんおられます。ということで、まずは自己紹介をしました。渡航予定国・都市、どんな計画を立てているのか、どんな話を聞きたいのかなどについて一人ずつ話していただきました。

dsc04038

今回の参加者の皆さんの中には、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドでのワーホリを予定されている方がおられました。特に、カナダに渡航予定の方、既にワーホリビザを取得されている方が多かったです。

カフェでバリスタの仕事に就きたい方、ニュージーランドでお酒造りに携わりたい方、オーストラリアのセカンドワーキングホリデービザを取得したい方・・・

dsc04062

渡航先や就きたい職種は様々ですが、ワーホリ前に英語力を上げたいという同じ目標を持った仲間に出会える機会です。
SNSで繋がっておけば、現地に行ってからも交流ができますね!

ワーホリ情報の共有

dsc04113

自己紹介の後は、食事をしながらワーホリについて気になっていることやどこまで準備を進めているのかなどについて話し合いました。

なぜその国、その都市を選んだのか、到着前に滞在先を手配しておくべきかどうか、ビザのこと、現地の語学学校にいくら位かかるのか、などなど。質問や相談があれば、サウスピークのFacebookグループでも共有が可能です。

dsc04059-1

また、やはり話題となるのは「英語力について」です。もちろん、海外で1年間も生活するのですからどのくらいの英語力が必要か気になりますよね。

「英語初心者の方は最低限TOEIC600点の英語力をまずは目指しましょう。」というお話をさせていただきました。また、TOEIC600点を取得したからといって安心してはいけません。現地へ行ってからも英語学習を継続しないと現地で英語を使えずに苦労します。サウスピークで英語力を向上させ、英語の学習習慣を身につけたら、現地でも英語学習を継続していきましょう!

詳しくは、「海外に行けば英語が話せるようになるなんて嘘。ワーキングホリデーに最低限の英語力とその勉強方法」をご確認ください。

フィリピン人講師による英文履歴書添削タイム!!

dsc04055

今回は、オリジナル校のEdd講師が英文履歴書の添削をその場で行いました。

dsc04069

添削後は、Edd講師から一人一人に直接コメントをしてもらいました。英文履歴書を初めて作るという方がほとんどですが、フィリピン人講師からアドバイスをもらえば、外国人にきちんと伝わる、より効果的な履歴書が作れますね。

英文履歴書添削を受けた方の感想

実際に見てもらわないとわからない、有益な情報を得ることができたので良かったです。私の場合、自分の強みを書く欄に性格の良いところだけを書いていましたが、過去の仕事で得られた具体的なスキルを書くとより効果的だとアドバイスをもらいました。

ワーキングホリデーに行って現地で働きたい人は、英文履歴書を作成する必要があります。ワーホリ準備プランでサウスピーク留学中に英文履歴書を作成し、フィリピン人講師に添削してもらいましょう。

サウスピークのワーホリ準備プランでは、このような情報交換のための交流会や英文履歴書作成のためのワークショップを行います。ワーホリ前に英語力を上げると同時にしっかりと準備を行い、充実したワーホリにしましょう!

↓ ワーホリを失敗させない「ワーホリ準備プラン」はこちらです。
ワーホリ準備プラン