みなさん、こんにちは。ワーホリアドバイザーのAkiです。

日本はお盆ですね。帰省をしている方、海外旅行に行く方、この夏からワーホリに向けて留学をするという方もおられることでしょう。サウスピークを卒業した皆さんも続々とワーホリ生活をスタートさせています。

さて、そんな8月ですが、サウスピークではワーホリ準備交流会・ワークショップを行いました。前回の交流会から早くも2ヶ月が経つのですね。前回の交流会に参加された方から、すでにワーホリ先で仕事をはじめて充実した生活を送っているという声もいただいています!

前回の交流会の模様と卒業生のワーホリ体験談は下記の記事をご覧ください。

【ワーホリ準備】ワークショップ・英文履歴書添削・交流会を行いました!
ワーキングホリデー体験談

ローカルジョブを狙う人気を付けてほしいこと

今回もスライドを使って熱弁するHanaeさん

今回もオーストラリアワーホリを経験されたサウスピーク卒業生のHanaeさんに登壇いただき、リアルな体験談とワーホリ前の準備のポイントをお話いただきました。Hanaeさんの体験談は記事にもなっていますので下記もぜひご覧ください。

一生に一度の貴重な経験!Hanaeさんのオーストラリアワーホリ体験談

お話の中で、「ローカルジョブを狙う人は?資金面を充実させてから渡航すること?TOEIC650点以上(できれば700点以降)の英語力を身に着けてからワーホリに行くことが重要である」と仰っていました。

?資金面を充実させる

現地に行ってすぐに仕事探しをはじめたとしても自分のやりたい仕事がすぐに見つかるとは限りませんよね。また、見つかったとしても特にローカルジョブである場合は面接などで苦戦して仕事がスタートできないかもしれません。給料がもらえるようになるまでは、生活費は貯めたお金を切り崩していくしかありませんので、はじめからローカルジョブを狙いたい、妥協したくないという方は資金を十分に確保して仕事探しに臨むことが必要です。

ワーキングホリデー前に必要な初期費用とは?100万円はワーキングホリデーの準備金として十分?

?TOEIC650点以上の英語力を身につける

英語力とワーホリでの仕事の関係性を書いた下記の記事で、ワーホリ前にどのくらいの英語力が必要なのかを紹介しました。例外はもちろんあるとは思いますが、英語環境のレストランやカフェなどで働いた経験のある人のスコアは650点以上である例が多いです。

ワーホリで求められる英語力・TOEICスコア一覧まとめ

TOEICのスコアを指標にして聞き取りと読み取りが出来るようになったら、サウスピークでのSH(瞬間英会話)レッスンSpeaking&Writingレッスンで話すための瞬発力を身に着けましょう。

仕事探しに備えた英文レジュメ添削とスピーキングアクティビティ

右のEdd講師から英文レジュメの添削を受けました。

ワーホリ準備ワークショップでは、フィリピン人講師からマンツーマンで英文レジュメの添削とフィードバックを受けることができます。事前にサウスピークで英文レジュメを作成して、スムーズなワーホリのスタートが切れたというZiziさんの体験談は下記の記事をご覧ください。

ワーホリでおすすめの仕事の探し方とは!?サウスピークでの本気留学後にオーストラリアでワーキングホリデー中のZiziさんの体験談

ワークショップでは、レジュメ配布時のためのエレベータースピーチの作成を行いました。エレベータースピーチについては、下記の記事で紹介しています。

【ワーホリ準備】交流会・英文履歴書添削およびワークショップを行いました!

また、参加者の皆さんで実際に仕事探しをすることを仮定してスピーキングの練習を行いました。作ったばかりの英文を言うのはやはり難しいです。スラスラ自分の言いたいことを言えるようになるには、毎日の音読学習は欠かせませんね。

ワークショップ終了後は、みんなでお鍋を囲んで交流しました。Hanaeさんと同じように看護師でこれからワーホリに行くという方もおられて会話がはずんでいました。このように同じ目標や目的があって留学やワーホリをされる方に出会えるのがワーホリ準備プランです。ワーホリを検討されている方はぜひご参加ください。

ワーホリ準備プランに参加の皆さんにはお料理が無料です!

今回の交流会に参加された皆さんにも、ワーホリ先で充実した生活をスタートさせていただきたいです!

↓ 現在、下記のキャンペーンを実施中です!
【入学金割引キャンペーン】ワーキングホリデー前にフィリピン留学で英語力を高めよう!ワーホリ希望者はサウスピークの入学金15,000円割引!

↓ ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」はこちら
01-1